アマチュア無線

今日はCWの練習デー

投稿日:2016年2月14日

今日はCWの練習デー160213_ham1

JT65ってどんな通信なのか

今日はCWのキーイングの練習をしながら、JT65モードの運用をした。

JT65というのはCQの局と交信するときに、その局をパソコンの画面でクリックしコールすることからはじまる。たったの1クリックだけだ。あとは自動的にソフトが送信してくれるのだ。

交信はぴったり1分ごとにおこなわれる。48秒たつとデコードされ、画面上にデータが表示される仕組みになっている。なので、残りの12秒で次の行動を判断しないといけない。

しかも時間はパソコンの時間が正確でないとお互いのズレが生じるために、時間補正させるソフトも組み込んでいる。ここまでするのがデジタル通信らしいところだね。

グリーンを狙え!

さて、じっさいのやりとりだが、下の写真ではグリーンの4Z5MLというイスラエルの局がCQを出している。JT-ALERTというソフトも組み込んでいるので、どこの国か表示される。さらに詳しい情報はワッチしている間にQRZ.COMで調べることもできる。

160211_ham2

この局と交信したいので、ぼくはすかさず12秒以内にこのグリーンをクリックする。するとつぎの1分後にホワイトで表示されているのが、ぼくがコールしているということだ。一番左に時間の表示がされているが、すべて1分きざみだ。2回コールしているよね。

これにたいして相手局がコールするのがやはり1分。どの局をコールしているのかは最後の48秒になるまでわからない。ちょっとドキドキする。そしてぼくのコールサインJA2WIGを呼んでくれたらピンク色に表示される。

おー! やったー! と感激にひたっている間もなく、残りの12秒の間に1クリックし、シグナルレポートを送る。そして1分待つのだ。

そして先方からRR73(了解了解、さようなら)のようなメッセージが入り、ぼくもさようならと送りかえす。それぞれ1分だから、通常なら合計6分の交信時間だ。最後にログファイルに書き込んで終了だ。これはJT_Linkerというソフトを経由してハムログというログソフトに書き込むが、とても便利な道具たちだ。

さらにはPSKREPORTERというサイトにもそれぞれの局がデータを送っているので、自分の電波がどこまで届いていることもわかる。すごいよね。この世界。

こういうやりとりをしているのだが、待っている間は他のことができるわけだ。1分というのは意外に長いんだよ。キッチンにいってコップにお茶をいれてもどってくることもできるくらいだから。その時間をつかって今日はモールスを打つ練習をすることにした。

160214_ham05

CWってどんなやりとりなのか

CWの交信はショートQSOだと、ほんとに短い。30秒もかからない。コンテストになると、わずか数秒だ。

ショートQSOはこんなかんじ。
CQ CQ DE JA1ZZZ K(CQだれか交信してください)
DE JA2WIG K(こちらはJA2WIGです。どうぞ)
JA2WIG GE UR 5NN BK(JA2WIG こんにちは。あなたの信号レポートは599です)
GE UR 5NN 73 BK(こんにちは、あなたのレポートは599です。ありがとう)
TU 73 EE(ありがとうございます。さようなら)
EE(・・ 単点二つはおわりの挨拶のようなもの)

たったのこれだけですむ。
でも中にはQTH(場所の情報)やOP(名前)、そのほかアンテナや無線機の情報、さらには天気や気温の情報交換なども行うことがある。相手局がそういう内容を送ってきたら、礼儀としてこちらもこれらの情報をかえすわけだ。特に海外の局はこういうものを送ってくる局もいるので、ちょっとあわてる。日頃の練習がたいせつだなあと思う。

今日はJT65の合間にその練習をした。こういう練習も楽しいものだ。最初はぎこちなくても、だんだんスムーズに打てるようになってくるんだよね。

160214_ham1

どの国と交信したのかわからない

さて、海外局とDX通信を楽しむようになって、どこの国の局と交信できたのか、いったい何カ国の国と交信したのか、だんだんわからなくなってきた。それでじつにアナログ的だが、国別のリストと地図を用意した。

初めての国と交信した日を記入し、地図に赤い丸をつける。これでわかりやすくなったよ。これをパソコンでやる方法もあるかと思うが、なんだかこういう方法のほうが楽しいかなと思ったからだ。

昨日と今日はラトビア、エストニア、フィンランド、キルギスの4カ国が加わった。これで合計36カ国の国と交信したことになる。まさか、カムバックした当初はこれほどできるとは思わなかった。(いや、わたくし、まだまだかけだしでございます)

-アマチュア無線




関連記事

アマチュア無線 日記・コラム・つぶやき

さあ、外にでかけよう!

今日はCWの練習デーさあ、いよいよ間もなく3月を迎える。辛くて長かった冬がやっと終わり、外にでかけるのが楽しみな季節がやってくる! アマチュア無線をやっている親友宛てに送った年賀状に「今年は会社から電 ...

アマチュア無線

KX2が届いた

今日はCWの練習デー待ちに待ったKX2。エレクトロデザイン社に発注してからほぼ2週間で届いた。これから始まる楽しみで、なんだかわくわくする。 梱包をといて、まず感じたのは、やっぱり小っちゃい。軽い。カ ...

アマチュア無線 VN-4002製作記

奇跡のコーヒー

今日はCWの練習デー 基板の組立が完了 7MHz QRPトランシーバ「VN-4002」の製作は、2枚の基板の組立作業が終了した。さあ、いよいよこの2枚を合体させ、電源を入れ、動作チェックを行うのだ。 ...

no image

アマチュア無線

初バングラデシュ

今日はCWの練習デー 夜9時半過ぎにワッチ。今日はノイズが多いなあ。 DXSCAPEで10118.9でS21ZEEの情報を見つける。バングラデシュでのDXペディションだ。1UPのスプリットというリクエ ...

アマチュア無線

ついに世界6大陸とQSO!

今日はCWの練習デーう〜ん。こればっかりは何ともしようがない。 この1、2ヶ月は太陽の黒点数が極端に少ないことで伝搬状態がひどく、電波が飛ばないし聞こえない。こういう時もあるさとなぐさめるしかない。 ...

アマチュア無線 VN-4002製作記

バッテリーがついたVN-4002 赤鬼くん

今日はCWの練習デー VN-4002で移動運用するための電源を考えていた。ふとKX2に内蔵されているリチウムイオンバッテリーが、そのまま使えることを思いついたので、さっそく同じ物を自分で作ることにした ...

アマチュア無線 VN-4002製作記

VN-4002用のバッテリーを作ろう

今日はCWの練習デー 7MHz QRP CWトランシーバ「VN-4002」が完成したので、JARD経由で申請も完了した。最近はだいぶ春らしくなってきたことだし、無事に免許がおりたら、外にでかけて移動運 ...

アマチュア無線

久しぶりのEスポ体験ができた

今日はCWの練習デー 今日はCQ誌を買ってきた。その特集が「Eスポ伝搬を楽しもう」ということで、Eスポの特集が32ページ組まれていた。スポラディックE層の科学的な構造、そもそもEスポとは何か、Eスポの ...

アマチュア無線

久しぶりに電波を出してみた。

今日はCWの練習デー 台風10号の到来でベランダのアンテナ(リトルターヒル)を一時的に撤去していた。ニュースを見るかぎり、大規模な被害がなくすんで良かったね。 今日も猛暑の中だったけど、4日ぶりにアン ...

アマチュア無線

リモートでCW運用を楽しもう

今日はCWの練習デーこのところ、電波の状態が最悪で夜はまったく聞こえてこない。昼間の7MHz帯なら少しは聞こえてくる日がある。なので、久しぶりに会社からリモート(遠隔操作)でCWの運用をしようと思って ...

Copyright© がんばらないけど どうでしょう? , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.