今日も桜を見てきた

今日も桜を見てきた

今日もお昼休みに「葵桜」を見に来た。
少し風は強いけど天気が良いので気持ちがいい。今日は一眼レフカメラ(D7500)を持ってきていっぱい撮った。その中から何枚かをアップするね。(写真をクリックすると拡大する)

画像はRAWデータで撮ってSILKYPIXで現像してJpegに変換して、さらにサイズダウンしているので、画質は落ちているけど、ぼくが感じた「春が来たぞ!」というワクワク感が少しでも伝ればいいなと…。

まだ3月が始まったばかりなのに、80本ほどある葵桜の西側半分くらいは、すでに満開を迎えていた。来週いっぱいこの満開が持ってくれるといいなあ…。こんなに咲いてるのを知らない人もいっぱいいるよ、きっと。

それにしても、みんな「わたし元気いっぱいに咲いてます!」って感じ。満開の桜からはすごいパワー(気)が伝わってくる。だからここにいるだけで、ぼくも自然と気持ちが明るくなってくる。開放感でいっぱいになる。やっぱりいいな桜は!

これは剪定しているからなのかなあ。それぞれの木の枝がみんな川の方に伸びていて、そこから花びらが広がっていくので、より魅力的な美しさになっている。

そして、一番のお気に入り写真がこの一枚。
わ〜! 気持ちがいいなあ〜。河原のほうから眺める桜がとても綺麗で見とれてしまう。しばらくの間、ぼーっと眺めて、なんともいえない気分に浸っていた。あ〜、そうだ! ビール持ってくれば良かったなあ。(笑)

そして、45秒の短い動画ですが、どーぞ!

半年前にD7500を手に入れてから、まだ、あんまり写真を撮っていない。今年はもう一度、一からカメラのことを勉強しなおそうと思っている。

写真は奥が深い。でも、一番大切なのはテクニックではない。ぼくがその被写体から何を感じ、何を伝えようとしているかだと思う。そのために、どう表現するのか、どういうテクニックが必要なのか、ということじゃないかなあ。

ま、言うのは簡単だけど、難しいよね。だから楽しいんだけど。