ギター

おじさん 迷路から出られるのか

投稿日:2019年5月4日

おじさん 迷路から出られるのか

マイクのセッティングのこと
この連休中は、じっくりギターのレコーディングのことを勉強しようと思っている。とにかく知りたいことが山ほどあるんだよね。例えばマイクの使い方のこと。マイクでアコースティックギターをレコーディングするとき、どうしたら良い音で録れるのだろうか?ってこと。

それを的確に教えてくれたのが、このノイマンのマイクチュートリアルだった。あーそういうことか、ということがいっぱいわかった。マイクのセッティングでこんなにも音が違うんだね。

さっそく、ぼくはメイトンの「厚みのある美しい低音」を探るために、この動画を参考にいろいろ試してみた。12フレットの位置でサウンドホールに向けてセットする方法、これが一番好きな音になることがわかった。よし、これで行こう。ちょっとしたことで、こんなに音が違うんだね。こりゃ面白いな。

ぼくのレコーディング方法は
このところ、ずっとレコーディングのことを、いろいろ試しているんだけど、正直言って今も彷徨っている感じだ。とりあえずはこの方法にしている。

まず一つ目の音、メイトンの生音をUSBマイク Apogee Mic+で録り、MacにUSBで入力ている。これだけでも良い音は録れる。でも、せっかくのメイトンなので、さらにもう一つの系統で音を加えている。

もう一つの音はメイトン内蔵のAP5 Proシステムからの音を、Zoom AC-3というプリアンプ兼エフェクターで音を調整し、USBインターフェイスを通して、こちらもMacに入力する。(Macは前に持っていたのをレコーディング専用マシーンにしている)

この2系統の音をMacのユーティリティAudio MIDI 設定を使い、新たに「機器セット」を設けて、この2つの音を同時に入力できるようにする。そしてガレージバンドというソフトを使ってレコーディングするというやり方だ。(「機器セット」のことは以前の記事に書いたので見てね)

動画の方はiPhoneを使う。自分の弾き方の癖や弱点は、やっぱり自分がギターを弾いているところを動画で録って見ないとわからない。これはApogee Mic+を直接iPhoneにつなぐことで、簡単に良質な音で動画が撮れる。これはとても画期的なことだと思う。

「迷路」に入りこんでしまった
さて、話をレコーディングに戻そう。
メイトンはAP5 Proという独自のシステムが搭載されていて、ボディ内のマイクと、ピアゾピックアップのそれぞれを個別で細かく調整することができる。

ボディー内のコンデンサマイクはここにある。

ピックアップはここにある。「このネジは動かすな」と書いてある。

ボディの横にはAP5 Proの操作部分があって、ここで音を調整できる。

ということで、まずはこのAP5 Proで1つ目の音作りをするんだよね。ぼくはまだここの調整があんまりわかっていない。というか、ここが迷路の始まりでもあるんだなあ。そうここは「迷路」なんだよ。

そして、さらに迷路は続くのだ。AP5 Proシステムから出てきた音は、Zoom AC-3で細かく調整することができる。少し低音を効かせたり、リバーブをかけたり、コンプレッサーを加えたりといろいろなことができるんだけど、それがまたぼくを悩ませることになる。あまりにもアルゴリズムが多すぎるのだ。

そして、マイクからとUSBインターフェイスからの2系統の音がMacに入ってくる。しかも、このインターフェイスにも、いろんな調整機能が付いているんなんだなあ。だから、もうここはスルーしている。

とりあえず、ソフトはガレージバンドがMacに付属していて、とても簡単なのでこれを使っている。

もちろんガレージバンドの中でも、イコライザーその他を使って音を調整することができる。こんな感じで中低音を分厚くすると、より好みの音を引き出すことができる。とはいえ、ここでもぼくを悩ませることになるのだよね……。もう、おじさんには迷路の中がどうなってるのか、わからないのだよ。

さらには、ガレージバンドを使うとドラムとか、キックとかちょっとした遊びも加えることができるのが面白い。単純にギターの音だけじゃなく、バンドっぽくなってくるので、なんだかやめられなくなってくる。いわゆるDAWの世界だ。

DAWは巨大な迷路だ
「DAW」なんか魅力的な3文字だなあ。DAWというのはWikiでみると

「デジタル・オーディオ・ワークステーション(Digital Audio Workstation、略称DAW)は、デジタルで音声の録音、編集、ミキシング、編曲など一連の作業が出来るように構成された一体型のシステムを指す」

とあるけど、要するにパソコンを使って音楽を作り出すわけで、ずっと前から興味があった。というか、高校生の頃から、ぼくがやりたかったことなんだよね。

ギターは中学生の時に始めて、中高とブラスバンド〜ジャズバンドをやってたので、トロンボーン、トランペット、ドラムス、ベースを経験した。どれも面白かったなあ。時々ギターを使って曲を作って、すでに多重録音のような遊びもしていた。

だからいつかは自分で作曲して、自分でギターやベースやドラムやキーボードを弾いて、これらを多重録音したいとずっと思っていた。でも結局は実現しなかった。そんなに簡単なことじゃないんだってことがわかってきたからだ。

時代が進んで、今では自分で演奏しなくても、デジタルでいろんな音が用意されていて、これらを組み合わせれば、自分で作曲して、バンド演奏が作れる時代になった。凄いことだと思う。

ちょっとやってみよかなと、いろいろある中のDAWソフトの中から、とりあえずAbleton(エイブルトン)Liveの体験版を試してみた。ソフトをインストールしてから、とりあえず録音を試してみる。なんかいい音がするな。さらにその奥へ進んでいくと、こりゃとんでもない、いろんなものが用意されているではないか! やっぱりここは巨大な迷路だ。

ぼくは怖くなって、それ以上先に進むのをやめた。なぜ怖くなったのかというと、ぼくの性格だと、この世界にどっぷりはまってしまって、抜け出せなるに決まっているからだ。そりゃ面白いと思うよ。ぜった面白いさ。やみつきになるくらい楽しい世界が待っているさ。だからこそ、やめておかないと、えらいことになる。

ぼくは、そんなことをするために、今レコーディングのことを学んでいるのではないのだよ。とにかくぼくはギターを楽しみたいんだ。時間があればギターが上手になりたいし、弾いてみたいと思う曲がいっぱいあるんだよ。だから、この後、すぐにこのソフトはアンインストールすることにしよう。

そしてレコーディングのことは、これ以上がんばらないで、こんなもんにしておこう。もう充分だ。

遅すぎることはない
ここまで長々といろいろ書いたんだけど、ぼくがやりたいのはトミー・エマニュエルが弾いている曲を、できるだけ多く弾けるようになること。そしてこの動画くらいのレベルでレコーディングできるようにすること。って、むちゃくちゃ難しいことだけど、それを目指すから人生を楽しめるんだって思う。

で、次に練習を始めるのが、この「It's Never Too Late」という曲。ホントにいい曲だよね。心に染みるよねえ。この「It's Never Too Late」って言葉は「遅すぎることはない」ってことなんだけど、何かを始めるのに遅すぎることはないとか、いろんな深い意味があるよね。

P.S.
でも、かと言って、とにかくぼくに残された時間は限りなく少ないんだとも思う。そのことを思うと、もういてもたってもいられないのだよ。( あ、だからと言って、別に病気になったわけじゃないからね。つまり「メメント・モリ」なんだね )

そうそう、今から15年くらい前に始めてガレージバンドで作ったピアノ曲があったので、ここにアップするね。なかなか、いいぢゃないかい(笑)。

 

-ギター
-, ,




関連記事

ギター

アポジーマイクは ぼくを変える

おじさん 迷路から出られるのか 2つのApogee MICの比較 この前の「ようこそ、高音質の世界へ!」というエントリーでApogee Micが欲しいなと書いたんだけど、衝動買いするのではなく、その前 ...

ギター

さあ、Angelinaの練習をしよう!

おじさん 迷路から出られるのか毎日、続けたことで大きな財産を得た ぼくは不器用なので、いろんなことをパラレルでこなすことができない(もちろん時間もないしね)。例えばギターの練習も毎日必ずやってるけど、 ...

ギター

強制ギブス法だと?

おじさん 迷路から出られるのか 今、練習している曲の中にSUKIYAKI(上を向いて歩こう)という曲がある。1分半ほどの短い曲なのでぜひ聴いてくだされ。もちろん、だれもが知っているおなじみの曲でぼ ...

ギター 帆船模型

今日の帆船模型作り日記

おじさん 迷路から出られるのかアマチュア無線は休眠状態 休日は、朝一番に無線機の電源を入れて、電波の状況をワッチすることから始まる。全てのバントをチェックしてみるものの、やっぱりどこもほとんど聞こえて ...

ギター

サイレントG きみは陰の主役だ

おじさん 迷路から出られるのか 今日は大好きなギター、メイトンの弦を交換した。年に3回ほど交換している。 言うまでもなく、ギターは弦楽器だから、どういう弦を張るかで音が大きく変わる。アコースティックギ ...

ギター

「空港ピアノ」みたいに弾きたい

おじさん 迷路から出られるのか ぼくの好きな番組の一つに「空港ピアノ」というのがある。みたことがある人は多いよね。空港にピアノが置かれていて、偶然そこに立ち寄った人がピアノを弾き出すというもの。 みん ...

ギター

トミー・エマニュエルに教えてもらったこと

おじさん 迷路から出られるのか 手首を痛めてから約2週間、ギターの練習とローイング・トレーニングを中止していた。もうそろそろいいかな、と思って少しだけ弾いてみたら、もうすっかり痛みが消えていた。 久し ...

ギター カフェ 日記・コラム・つぶやき

のんびりすごそう

おじさん 迷路から出られるのか 今までの人生で一番のんびりすごそう 冬休みに入った。この休みは予定を入れないで、家でのんびり過ごすことに決めた。今までの人生で一番のんびりすごそうと……。 さあ、まずは ...

ギター

新しい練習方法を見つけた!

おじさん 迷路から出られるのか クローゼットを片づけていたら面白いものが見つかった。KORGのAX3Gというマルチエフェクター、EDIROLのUA-4FXというオーディオ・インターフェイス、そしてSO ...

ギター

ぼくの日課

おじさん 迷路から出られるのかぼくの日課は ① 枝豆とトマト、その他の植物栽培 ② ローイングとスクワットでの筋力トレーニング ③ アマチュア無線のワッチ ④ Morse RunnerとCW Frea ...

Copyright© がんばらないけど どうでしょう? , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.