ギター

インターネットの恩恵に感謝

2019年10月30日

インターネットの恩恵に感謝

フェンダーがやってきて、約2週間。毎日この練習を楽しんでいる。最初はぎこちなかったけど、だんだん慣れてきた。でもエレキって同じギターなのに、なんでこんなに重いんかね?

最近のギター練習は、トミー・エマニュエルに加えて、エレキでシャドウズの練習も加わって、楽しくて仕方がない。と言っても、ぼくはもともとギターの練習に、たっぷり時間をかけるタイプではない。平日ならメイトンでせいぜい15〜20分、これに加えフェンダーでも同じ程度しかやらない。

むしろ、長く練習するより、短い時間に「濃い練習」をするほうがいいと思っている。それより肝心なのは「毎日続けること」だと思う。続けることで、必ず上達していくものだ。休日になっても、やっぱりぜいぜいこの2倍くらいだ。

他にもアマチュア無線もやりたいし、本も読みたい。それに映画やYouTubeだってみたいし、ギターの音作りもしたいし、カメラもいじりたいし、絵も描きたい。おじさんはとにかく、遊ぶことに忙しいのだよ。あ、それと一日を終えたあとの晩酌は、何より大事なのだよ。(笑)

さて、最近エレキを弾くようになってから、改めて感じることがある。それは曲をコピーするのには、すこぶる良い環境がネットの世界に揃っているということだ。

昔だったら、CDを何度も聴いて、耳コピするしかなかったけど、今は無料でYouTubeが見えるので、目コピもできる。時には解説してくれている人も現れるしね。しかも、無料のTab譜はあちこちでダウンロードできる。以前にも話したけど、バックバンドとしてのバッキング・トラック・サイトもあって、至れり尽くせりだ。

例えば今コピーしている「Theme for young Lovers」だったり

大好きな「Going Home」だったり、YouTubeにある「The Shadows Final Tour 2004.」では、数々のThe Shadowsの名曲が聴ける。本当にいい時代だよねえ。

でも、もっといい時代だなあと感じるのはこれ!

「Amazon Prime Music」では、このファイナルツアーのアルバム全44曲が無料で聴けてしまうのだよ。視聴じゃなく購入したことになる。すんごいよねえ。

もちろん、無料で聴けるアーティストは他にもいっぱいあるし、この「Amazon Music アプリ」からラジオも聴けるので、いろんなジャンルの音楽も聴き放題。ま、すごいのなんのって、恐るべしアマゾンさんだよね。(すごいを言い過ぎだけど、本当にすごいのだよ)

もともと、アマゾンプライムというのは、送料が無料になったり、お急ぎ便が使えたりはもちろん、Prime Videoで映画がいっぱい観えたり、Amazon Readingで無料で、本がいっぱい読めたりする。( 解説サイト:Amazonプライムは本当にお得?特典14コと年会費をやさしく解説

とにかく、ぼくはこういう楽しい助っ人たちによって、毎日を楽しく過ごさせてもらっている。ぼくがインターネットを始めた1997年、今から22年前には、まさかこんな時代が来るとは、夢にも思わなかった。本当にいい時代だ。この恩恵たちに心から感謝したい。

-ギター
-, ,