もうCWの練習は必要ないのかい?

「練習する」ことの意味

アウトドアライフと避難生活

初めての鉄道ジオラマ作り(その8)

がんばった人には九平次を

Today is the great Jazz day...

今年もくらがり渓谷へ行ってきた。けど。

お帰りなさい! メイトン姫さま ♡

DXCC 100 へ リーチ宣言!

ぼくのMacBook ProにWin10が載った

爪が割れてしまった(T_T)

KX2でCWSkimmerを試してみた

no image

偶然の出会い

こんな日は家でゆっくり過ごそう

今度こそギターの復活かな

CWのパドルが11個になった

一生の趣味

キリバス?

CWの壁を越えろ!

フォレストガンプのLesson2に入った♪

さあ、いよいよ次の曲へ!

アマチュア無線免許「有効期限切れ」について

CoopHLよ ありがとう!

ぼくはあまりにも疲れるとピアノが弾きたくなる

KX2のスタンドを3Dプリンターで作ってみた

3台の小型トランシーバの比較をしてみた

アマチュア無線の運用で最も重要ものは何だろう

愛する家族、孫たちと過ごしたいものだ

LogBookとJTDXへ引っ越した

Windows 7 のサポートが終わる。だと?

KX2 + MFJ-1708B SDR  + SDRP...

no image

河津桜がほぼ満開だ

「謎の不調」が解決した

さあマンガを描こう!

鉄道模型は実験を楽しみながら

Zショーティー・ジオラマ作り(5日目)

ほぼ 復活宣言!

VN-4002用のバッテリーを作ろう

no image

SIGMAのPhotoProを使ってみた

ギタリストは爪が命というけれど

初めての鉄道ジオラマ作り(その7)

春に飲みたいお酒はやっぱりジントニックだ

AnyRailというレイアウトソフトを使ってみた

良い「気」がいっぱい 流れてきた

ギターの練習を補助してくれる便利なツール

KX2 と Win4K3 Suite(その3)

新曲の練習をはじめたよ♪

リモートでCW運用を楽しもう

複数の無線機・アンテナ・パドルを使うのは何故だ

FTDX10:申請の四苦八苦中に故障者リスト入りとなっ...

カメラを持ってデンパークへ!

「空港ピアノ」みたいに弾きたい

待ちに待ったメイトン嬢がやってきた!

デンパークにカメラを持って出かけてきた

18MHz帯のFT8が面白い!

帆船模型サプライが届いたぞ

FTDX3000 + SDRPlay + HDSDR ...

ブラインドタッチ奏法について

no image

CW練習、1ヶ月がたったよ

no image

初バングラデシュ

AX1用のキャパシティキャップを作ってみた

久しぶりに家族旅行を楽しんできた ♪

3Dプリンターの購入候補を変えた

おお〜フェンダー姫よ

レコーディングとミキシングを楽しみたい

台風対策

未だ、ぼくの春は到来せず

初めての鉄道ジオラマ作り(その6)

久しぶりのDX通信

鉄道模型、2つの問題が解決できた。

さあ、今日から新学期なのだ

昇圧コンバータで送信出力を上げる

クゥエートと初めての交信

no image

実験終了〜♪

サイレントG きみは陰の主役だ

ぼくが求めているギターの音色の追求

久しぶりのEスポ体験ができた

2020年に買った楽しい物たち

この5年で趣味部屋がどう変わったか。

CQ誌とHAMworldで来年の楽しみは見つかるのか

「日々の練習を積み重ねる」ということの意味

今日から「Beautiful Love」の練習を始めた...

ベガリ社に発注完了!

地図を見るのが好き

アマチュア無線再免許、ギリギリ間に合った!

5ヶ月ぶりにFT8を楽しんだ

自分は奇跡的な出会いでできている

「インク付きムック本」が発売されたのでござる

毎日の積み重ねが大事

アウトドアグッズはインドアでも使おう

最近のお気に入り動画(ロボット音楽編)

「フリードプラス無線室」の改良版

先の楽しみがあること。それは幸せだ。希望だ。

テイラーギターを買った理由とそれまでの経緯

クロスウォーマーが面白い

今日から3つのクラブができました

強制ギブス法だと?

あたふた CQ 初体験記

70歳、まさかの人生初サプライズ体験

ぼくがブログを書く理由

アマチュア無線 VN-4002製作記

1枚目の基板がほぼ完成

7MHz QRPトランシーバ「VN-4002」の製作に入った。まずは慣れないハンダ付けで四苦八苦。というか、これほどぼくは不器用だったのかと思い知らされた。最初からハンダ付けで部品を壊してしまうし、ハンダがぜんぜんうまく乗らない。

「こんなんで、この先どうすんねん!?」って感じやな。なにゆうてんねん。この前まで「何かを作らんとおられへん人間」とかゆーてたやないか、それが、初っぱなからこんなんじゃ話にならへんで〜。(なんで関西弁?)

そう思って、気を取り直しYouTubeで「チップ部品の半田付け」で検索して、多くの動画をじっくり観て、しっかりイメージトレーニングをした。落ち着いてやってみた。「よし!うまく行った!」

一回でもできるようになると自信がついた。だんだんコツがわかるようになると、意外にスムーズに進められるようになってきた。だれだってみんな始めはこうなんだと思う。ハンダ付けがちょっと楽しくなってきた。

そして、2日かけてとりあえず、1枚目のコントロール部の基板がほぼ完成!
おおー、できるぢゃないか、かっこいいぢゃないか!(笑)

表と裏がこんな感じになった。ただし、失敗した部品やなくした部品が3個あるので、それを送ってもらってから、次の作業にはいるので、しばしのお休みだ。

部品が届いてからの話だが、完成したらまずは動作チェックをする。実際に電源を入れて、LCD表示がされるか、各ボタンでそれぞれの動作がうまくいくか、発信部がちゃんと動作するかなどチェックする。ま、すんなりいくとは思えないが、それが完了したら2枚目の基板に入るのだ。

2枚目の基板の方は、部品がさらに多くなり密集している。そして小さなコイルを巻く作業もあったりして、さらに難関なコースになる。でもワクワクするなあ。

ぼくがアマチュア無線に興味を持ったのが中学生の頃で、その頃はまだ自作する人が多かった。当時のぼくの小遣いで無線機なんかとても買えるわけがない。なんとかアマチュア無線の受信がしたいと思って、CQ誌の記事を参考に真空管で自作した。

パーツをわざわざ名古屋まで買いに行ったり、アルミケースを加工したり、ハンダ付けをしたり、アンテナを張ったりして完成させた。そのどれもが今と違ってとても大変なことだったと記憶している。そしてかかさず毎日ワッチしていた。それが無性に楽しくてしかたがなかった。そんな良き時代だったのだ。

でも今の時代は残念ながら、ほとんど自作するという楽しみがなくなってしまった。だから、こうやって自作を楽しめることは、アマチュア無線の原点なんだと思う。そして開発し配布してくれたJL1VNQ / 小野さんに心から感謝したい。

せっかくなので、この製作を通して、このトランシーバの各部がどのようになっているのか、技術的な勉強もしてみたいなと、新しい興味が湧いてきた。けっきょく、ちんぷんかんぷんかもしれないけど、それでもいいなと思う。

-アマチュア無線, VN-4002製作記
-, , ,