久しぶりのジュピター号作り

初めてのアクアリウム日記(その7)ついに魚たちが水槽に...

さあ、アクアリウムライフを楽しもう!

お気に入りのピアノ音源を探す旅

帆船模型サプライが届いたぞ

アポジーマイクは ぼくを変える

さあ、今日から新学期なのだ

KX2の送信出力の変更を申請した

久しぶりのFT8でメデタイことがあった

いよいよ3Dプリンターの組み立て開始!

ジュピター号の次はサイモンズ コーヒーだぞ

今日はのんびりいこう!

ジュピター号の製作開始

お花畑のジオラマをつくろう

CW通信を楽しもう!

ぼくのMacBook ProにWin10が載った

ジュピターの製作記 「完」。

仕事場のリニューアル完了!

FTDX3000 + SDRPlay + HDSDR ...

おもちゃ屋さんでスイッチが入った

カーマインレッドにしよう

やっぱりCWは楽しい♪

思い出のキャンプ場、そしてこの先の自分のこと

愛するFTDX3000よ、長い間ありがとう!

ディスプレイを大きくした

爪が割れてしまった(T_T)

初めての鉄道ジオラマ作り(その17)

今日もKX2と過ごした一日

AX1のSWRを調整する(その2)

新曲の練習を再開した

アウトドアライフと避難生活

ぼくがアクアリウムのために揃えたもの

初雪

FT8の交信成立について

なんとか ここまで来られたよ♪

アンテナを交換した

ついにリーチがかかったぞ!

ついに世界6大陸とQSO!

マーベル水族館のバックヤード

KX2でもっと楽しもう!

リトルスターという名のテント

アウトドアライフと避難生活 Vol.2 準備完了!

Macのデュアル・ディスプレイ化がやっとできた

初RTTY交信!

AnyRailというレイアウトソフトを使ってみた

5ヶ月ぶりにFT8を楽しんだ

初めての鉄道ジオラマ作り(その12)

その後「春よ、来い」はどうなったのか?

初めての鉄道ジオラマ作り(その11)

アクアリウムに「我慢」の大切さを教えてもらった

ウクレレを楽しもう♪

初めてのアクアリウム日記(その2)

初めての鉄道ジオラマ作り(その5)

かみさんの実家に行ってきた 涙の一日

ジュピター号の動輪を塗装した

no image

拝啓、エマニュエルさま

京都へお礼参りに行ってきた

孫娘たちと楽しく過ごした2日間

フォレストガンプのLesson2に入った♪

「謎の不調」が解決した

東京オリンピック記念局と交信した

ピアノ音源「グルグル迷路 奮闘記」(Synchron ...

中秋の名月を愛でる

シャック用のテーブルが完成

no image

Facebookで初めて良かったなと思った

タイムコードを使わないで、X8の音声と複数の動画を同期...

KX2 と Win4K3 Suite(その3)

CQ誌とHAMworldで来年の楽しみは見つかるのか

やっぱり模型作りは楽しい♪

FT817でFLdigiを試してみた

コンパクトチェアとKX2、トホホな移動運用 (-_-;...

大切なのは失敗を楽しめるかどうかだ

毎日が心地よく過ごせる部屋に改造した

そろそろ移動運用を始めよう

愉快に楽しく、そして丁寧に暮らそう

お帰り〜!マスターくん

「人生でかかせないもの」

充実した日々を送るための実験的な一日

テイラーギターの電池ボックス問題

ヨドバシ・ドット・コムが凄い

いつも心に “メメント・モリ”

奥殿陣屋に行ってきた

ぼくの相棒がやってきた

「空港ピアノ」みたいに弾きたい

気を引き締めろ、自分

テイラーギターを買った理由とそれまでの経緯

iPad Proがやってきた

くらがり渓谷へ行ってきた

人生は楽しむためにある

定年退職し、半年たって気がついたこと

CWの送信練習を始めた

Pocket3の拡張アダプターを3Dプリンターで作って...

秋の天体ショー、さあ リベンジだ。

君たちはどう生きるか

トンガ王国と初めての交信

KX2が面白くなってきた

東公園の紅葉を見に行ってきた

初めての鉄道ジオラマ作り(その13)

また部屋の改造をしたくなってきた

キプロスと交信できた

アマチュア無線 VN-4002製作記

C23を探せ!

(画像のクリックで拡大)

7MHz QRPトランシーバ「VN-4002」の製作は、不足部品が届いたらコントロール部のチェックにはいる。それまで少しお休みと思っていたんだけど、やっぱり次の基板の作業がしたくなってしまった。

こちらの基板はパーツが密集しているので、パーツ番号を見つけるのが大変だ。さあ、次のパーツはC23、どこだ、どこだ? 一つひとつのパーツ番号を探すのが、なんだかゲームみたいに思える。まあ、これもボケ防止には役立つかもね。(笑)

さて、コントロール部のチェックだが、発振部分はオシロスコープ、もしくはゼネガバ受信機を使って、それぞれが正しく出力されているかを確認する。

ということで、ぼくが持っているSONYのゼネガバ受信機の登場であるが、待てよ、せっかくなのでオシロスコープも欲しいな! と思い始めてしまった。しかも最近のオシロスコープは3~4万程度で購入できるというではないか。

とはいえ、今回のキットの組立てだけで、これを手に入れるにはちょっと考えるけど、これからアマチュア無線をやっていくために必要になるのなら、どうだい?と思った。

そもそもオシロスコープって、どんなことができるの? どう使うと便利なの? 実は正直あんまり知らないのだ。でも知らないことは知りたくなる。……どうやら、どんどん違う方向に向かっていきそうだ。

-アマチュア無線, VN-4002製作記
-, , ,