ぼくのギター講師 トミー先生

一難去ってまた一難

動画で楽しい仲間ができる

パラオと交信できた

アナライザーを改造してみた

FTDX10:申請の四苦八苦中に故障者リスト入りとなっ...

トロンボーン?

パラムシル島って知ってるかい?

初めての鉄道ジオラマ作り(その3)

ぼくの仕事場のリニューアル

相性

TOKYO 2020 JARL 記念アワードの申請

一旦、立ち止まることにした

やっぱりCWは楽しい♪

HARDROCK-50の申請完了!

デンパークにカメラを持って出かけてきた

その後「春よ、来い」はどうなったのか?

地図を見るのが好き

待ちに待ったメイトン嬢がやってきた!

ギターヘッドにスマホ(続編)

KX2とハムログの連携に成功!

愛するFTDX3000よ、長い間ありがとう!

国境

楽器は老化防止になるんだって

5ヶ月ぶりにFT8を楽しんだ

お花畑のジオラマをつくろう

ぼくのシャック(無線室)

全国大陶器市に行ってきた(豊田スタジアム)

「キルホーマン」と「じゃがバタチーズベーコン」

秋の天体ショー、さあ リベンジだ。

帆船模型作りも、いよいよ第4コーナーに!

自分の映像作品を作る Ver.2.0(その3)

KX2用のコンパクトアンテナ「AX1」

FT-817 復活作戦・結局アンテナは三脚を使うことに...

乾杯しよう!

「謎の不調」が解決した

焚き火&ウィスキーを楽しみたい!

星の写真を撮るのが楽しくなった

美矢井橋河川緑地をホームパークに

新しいコンデジが届いたぞ♪

強制ギブス法だと?

今年もくらがり渓谷へ行ってきた。けど。

ジュピター号の動輪を塗装した

移動運用でFT8もやってみるかい?

初めての鉄道ジオラマ作り(その7)

我が愛しのメイトン

人に喜ばれることをしたい

初めての鉄道ジオラマ作り(その15)

なんとか ここまで来られたよ♪

ジュピターの製作を再開した

KX2でFT8を試してみた

この5年で趣味部屋がどう変わったか。

ぼくの知らないうちに・・・

「おやじキャンプ飯」が面白い

ウクレレを楽しもう♪

初めての鉄道ジオラマ作り(その2)

プチ移動運用

スライドショー「ジュピター号の製作(その1)」

初めての鉄道ジオラマ作り(その11)

レウアウト画で迷路

3万円のギターがやってきた

アンテナのメンテナンスをした

Win4K3 Suiteをノートパソコンにセットアップ...

タイムコードを使わないで、X8の音声と複数の動画を同期...

お空のコンディションが上がってきた♪

RS-BA1を使ったリモート化(まず有線から)

FT8をYouTubeにアップしてみた

LogBookとJTDXへ引っ越した

アクアリウムは理論より実践じゃないかな

いつか駅ピアノで……

IC-705のために揃えた小物たち

人生は小さなきっかけで、新しいことが始まる

今日は世界中の移動している無線局と交信した

「部屋の改造」第二弾が完了した

「セウタ」ってどこ?

やっぱり模型作りは楽しい♪

ウィンドウズなんか嫌いだ

エレガットを衝動買いしてしまった

部屋の窓からお花見

アクアリウムのために部屋のリニューアルをした

今日から「Beautiful Love」の練習を始めた...

IC-705をフリード+の車内に常設化してみた

パラレルモードの一日

妄想スケッチ

ジュピター号の次はサイモンズ コーヒーだぞ

AnyRailというレイアウトソフトを使ってみた

「今日のできごと」

お帰りなさい! メイトン姫さま ♡

定年退職し、半年たって気がついたこと

身近なグリーンライフは楽しいよ♪

ULTIMATE GUITAR というサイト

JTAlertXのメッセージ機能を見つけた

メイトンをリペアに出した。しばしの別れ。

今日はサモアと交信できた!

コンデジを選ぶのは楽しい♪

愛するギターの旅立ち

C23を探せ!

アポジーマイクは ぼくを変える

棚が完成したぞっと!

no image

実験終了〜♪

アマチュア無線

今年の目標はWASアワードなのだ

最近の毎朝の日課はアマチュア無線で全バンドのワッチをして、今日のコンディションをチェックすることだ。今日は15m(21MHz)のFT8で北米方面がものすごく開けていた。(写真を撮り忘れたけど)

今年の目標の一つは「WAS(翻訳)」なのでこれはチャンスかもしれないと思った。WASというのははWorked All Statesの略で、アメリカ合衆国の全50州のアマチュア局と交信してQSLカードを得るアワードのこと。このために今月のCQ誌を買ったんだね。

広い土地や高台にあって、八木アンテナやダイポールなどいいアンテナが張れる局なら難しくないだろう。でも我が家のようなアパマンハムのしょぼいアンテナではそれはとても大変なことだ。

だから今日は北米狙いで「CQ NA」とコールし続けることにした。しばらくCQを続けると、CA(カリフォルニア州)、FL(フロリダ州)、IA(アイオワ州)、VA(ヴァージニア州)の4つの州と交信することができた。

その後、ほとんどコールされなくなってしまった。おかしいなと思ってFTDX10の送信出力をみると、15Wくらいしか出ていないことがわかった。あれ? なんでだろう。

ひょっとしてと思って、FT8のソフトJTDXのPwrをみるとミニマムになっている。どうしてなのかその理由がわからない。

そこで過去のFT8の写真をさかのぼってみることにした。これは以前の無線機FTDX3000で交信していたときの写真だけど、赤いくらいになっている。

ところが、去年の9月に無線機をFTDX10に変えてからの写真をみると、Pwrがミニマムになっていた。そうか新しく無線機を変えたときに、その際の設定でこうになってしまった可能性が高い。それなのに、なんと「VP8LP」フォークランド諸島と交信できたのだ。

たぶんせいぜい15Wくらいしか出ていなかったのだろうに、直線距離で17,800kmも飛んでいる。地球儀でみると完全に日本の真裏の場所だ。よほどコンディションがよかったんだろうね。

この例は特別なんだけど、今から思えばこの頃から、なんとなくFT8の飛びが悪くなっていたような気がする。たぶん送信出力が落ちていたのが原因なんだろう。

というわけで送信出力を上げるために、PwrをMAXに上げると、送信出力は一気に100Wまで上がった。ただし念のためにALCの調整だけしておこう。

ALCというのはAutomatic Level Controlの略で、SSBの場合はゲインを上げすぎると、歪が増えるのでこれを制御しないといけない。でもFT8信号はシングルトーンなので、ALCを振らせても問題はないと言われている。

それでも念のためALCが振れないレベルまで落としたほうが無難だろうと思った。(参考情報:月間FBニュース FT8とALC、そしてスプラッタより

ALCをみながらPwrを調整する。

ALCはほとんど振れなくなった。

このときの送信出力はというとだいたい80Wくらいだろうか。よしこれで飛びがよくなればいいなと思う。さあ再び運用開始しよう!……と思ったらコンディションがすっかり落ちてしまっていて、北米がみえなくなってしまった。残念。(-_-)

しかたがない今日のところはCWの練習に切り替えようかねえ。

ちなみに、今の所アメリカの州のどれだけの数を交信したのか調べるために、先程ARRLのLogbookにデータをアップしてカウントしてみた。するとまだ25でようやく半分なんだよ。まだまだ先が長いなあ。言いかえれば、それだけ楽しみがあるってことかな。

地図のフリー素材をここからダウンロードして、色をつけてみるとこんな感じになった。それにしてもアメリカってでかいなあ。さあこれから一つひとつ増やしていって、全部塗りつぶしてみせるぞ〜!

 

-アマチュア無線
-, ,