KX2の審査終了

幸せな生活のための貴重なレッスン

漫画ペン先セットを買った

レイアウト台が完成した

初めてのアクアリウム日記(その2)

蓼科高原に行ってきたよ

もっと良質なサウンドを作りたい!

ジュピター号の製作開始

自分の映像作品を作る Ver.2.0

ケニアの無線局と交信できた

自分の「映像作品」を作るということ

Z fc か Z f か、どちらを買うべきか!?

おもちゃ屋さんでスイッチが入った

IC-705をフリード+の車内に常設化してみた

実物大のボードでレイアウトを考えてみる

自分の映像作品を作る Ver.2.0(その2)

no image

春の香り

FT-817 復活作戦・腰は痛いが実験もしたい

さあ、いよいよ次の曲へ!

充実した日々を送るための実験的な一日

南極昭和基地から届いた電波

夜でもギターの練習ができるのだ

今年の目標はWASアワードなのだ

シャックのリニューアルで快適だ♪

知ってた? 正しい体温計の使い方

キプロスと交信できた

no image

無事審査合格!

no image

拝啓、エマニュエルさま

一難去ってまた一難

あなたへチューリップの花束を贈ろう!

TOKYO 2020 JARL 記念アワードの申請

新曲の練習を再開した

マスターの音が復活した!

久しぶりにアンテナの調整をした

「他人を疑う前に自分を疑え」という教訓

部屋のリニューアルが完了した!

パラレルモードの一日

一旦、立ち止まることにした

移動運用のための小型パソコン

メイトンをリペアに出した。しばしの別れ。

帆船模型作りは楽しい!

「8N6OLP」局と交信できず

no image

新しいMacがやってきた

「キルホーマン」と「じゃがバタチーズベーコン」

模型作りは楽しいのかい?

お気に入りのピアノ音源を探す旅

IC-705のチューナーを探した

CTESTWINでコンテストに参加するぞ

初めてのアクアリウム日記(その3)立ち上げ作業

トンガ王国と初めての交信

iPad Proがやってきた

写真は面白い

焚き火 そして CW移動運用

アクアリウムは理論より実践じゃないかな

アクアリウムのために部屋のリニューアルをした

ピアノを弾くと頭が良くなる?!

いざ次のステップへ

FT8のオートスタート

QRPトランシーバのバージョンアップ完了!

復活したぞ!

やっとつながった(^^)

サンタさんからのプレゼント♪

アウトドアライフと避難生活

VN-4002に内蔵スピーカーを入れてみた

ニュース番組は観ない

no image

金沢は桜が満開でした

レウアウト画で迷路

久しぶりの移動運用?

久しぶりにのんびり過ごした休日の午後

キリバス?

70歳、まさかの人生初サプライズ体験

この壁を超えろ!

CQ誌とHAMworldで来年の楽しみは見つかるのか

移動運用の準備完了

AnyRailというレイアウトソフトを使ってみた

新学期が始まるようなワクワク気分♪

アンテナを交換した

3Dプリンターでケースを作った

SAYONARA 8N6OLP!

楽しい工作

KX2 + MFJ-1708B SDR  + SDRP...

KX2にヒートシンクパネルが付いた

AX1というアンテナの実験には終わりがない

春よ来い!

今日も桜を見てきた

KX2 ~ Win4K3 ついにできた!

帆船模型「サプライ号」が完成した!

定年退職後はホントに好きに過ごしていいのか?

カメラを持ってデンパークへ!

アパマンハムのFT8運用動画をアップした

仕事場のリニューアル完了!

アナライザーを改造してみた

ULTIMATE GUITAR というサイト

no image

今日はCWの練習デー

やっぱり模型作りは楽しい♪

コロナを飲み干してやる!

梅の花見に行ってきたよ♪

毎日の積み重ねが大事

初めての鉄道ジオラマ作り(その20)

その後「春よ、来い」はどうなったのか?

アマチュア無線

いざという時のため「備えよ常に」

台風17号が接近している。ただ、日本海を通るコースなので、それほどでもないかとは思うが、万が一のことを考えて、アンテナを撤去した。(夜になって風がとても強くなってきたので、やっておいてよかったな)

何事も「備えよ常に」だと思っている。災害続きの日本だけど、この台風での被害がないことを祈ろう。

そのあとに本屋に行ってCQ誌10月号を買った。するとその付録が「災害に強い ハム局作り」ということで、台風だけじゃなく、いろんな災害への備えや、万が一の時にアマチュア無線家がどう対応できるか等が書かれていた。

たしかに、実際に災害が起きて、電気が切れて、テレビ、インターネット、電話、スマホが使えない状況になったら、アマチュア無線が役に立つとは思う。実際に過去の震災では、アマチュア無線による情報伝達が、各地で人命救助につながった。

この冊子には、過去の大災害でアマチュア無線がどう活躍したかとか、あるハムクラブが活動した事例とか、そういう過去のことが書かれている。

そして、D-STARやWIRES-Xという通信方法のことが書かれていた。残念ながら、ぼくがこれから機器をそろえたり、運用するということはない。じゃ、それ以外の方法は? といえば、何もない。

この特集の目的っていったいなんだろうと思ってしまう。実際に災害が起きたとき、それぞれの無線家が何をどうすべきか、具体的なことが何もない。ま、それでもまずは注意を喚起できたのはいいかもしれないが……。

でもぼくはこれ以上に大切だと思うことがある。それは国やJARLが率先して、アマチュア無線各局への災害時の対応について、もっとわかりやすくまとめたり、具体的な行動レベルまで示すべきだと思うな。

だってさ、「アマチュア局の非常通信マニュアル」ってのがあるけど、これで実際にいざという時に行動できるかというと、まず無理だと思う。少なくともぼくは何もできない。

準備とか心構えとか、そういう教科書的なことは詳しく書いてあるけど、そんなのはアマチュア無線家じゃなくても、だれにも当てはまることじゃないか。

肝心なのはそれぞれのアマチュア無線局が、どう行動できるかじゃないかと思う。実際に身近で災害が起きたときに、例えば「ベース局」というのがまとめ役なんだとあるけど、そのベース局ってどこにあるの? だれがやるの?

それに非常通信の周波数は(例えば7.030MHz)知ってるけど、それをどう使うかは示されていない。だって、それ1つだけじゃ、混乱するよね。その他の具体的なことが全く書かれていない。

せめて、いざという時に、インターネットでここにアクセスすれば、あるいは指定の周波数を傍受すれば、具体的な情報を知ることができるくらいのものは、はっきり明記すべきじゃないの? て思う。

最低でも地域ごとのベース局の場所、周波数、どういう情報が必要なのかがすぐにわかれば、すぐに行動できるはずだよね。

いろいろ言いたいことはあるけど、それはそれ。
ぼくはオールバンドのハンディ機を持っているので、いざとなったらこれがきっと役に立つと思う。実際に事が起きたときに対応できるように、これからいろいろ情報を集めて、準備だけは始めておこうと思った。

-アマチュア無線
-,