蒸気機関車作り 音楽

ジャズとウィスキーと模型作り

もうすぐ2才になる孫(男の子)は、ぼくの部屋が大好きだ。お正月にもここへ来て、いつものように、ギターとウクレレを弾いた(というか弦をジャランと鳴らすだけ)。しかもこの子は、大のトーマス好きなので、この機関車の写真を見て、とても興奮していた。予想通り。笑

蒸気機関車作りは、台車の部分から作っている。材料は金属パーツやプラスチックや木材で作るのだけど、プラモデルに近いものがある。

帆船模型作りは、ほぼ木材と糸が中心になるので、一つひとつのパーツを作ることから始まる。これぞ模型作りの王様。でもほんとうに大変だった。それに比べると機関車はとても楽だ。今のところ……。

それに、帆船模型の説明書と比べると、とても親切なので作りやすい。だからのんびり作るには、こういう模型作りが一番いいのかもしれない。

だから、あえてほんのちょっとずつだけ。せいぜい一日に、30分から1時間くらいのペースで進めることにした。の〜んびり、ゆ〜っくり、楽しみながら作る。そういうのがいいと思ったからだ。いつ終わるのやらと思うけどね。

今日はYouTubeで、この「ゆったり癒しの夜ジャズピアノ」を聴きながら模型を作っている。あ、そうだ。今夜はウィスキーをチビチビやりながら、楽しもうかねえ。「ジャズとウィスキーと模型作り」なんかいい組合せじゃないかい?

 

閲覧の多い記事( 過去1ヶ月間のTOP5 )

-蒸気機関車作り, 音楽
-, ,