144と430にぼくの居場所はあるのか

ピアノが教えてくれた「大切なこと」

no image

河津桜を見に行った

スローなCWにしてみよう

一難去ってまた一難

三河高原キャンプ村で 移動運用 & デイキャンプ

待ちに待ったメイトン嬢がやってきた!

ベランダにリトルターヒルⅡを設置した

久しぶりのDX通信

さあマンガを描こう!

アンテナの移動工事をした

no image

今日はCWの練習デー

FTDX10の故障原因と対策について

FT-817 復活作戦・結局アンテナは三脚を使うことに...

ぼくのiPhone

KX2 と Win4K3 Suite(その3)

全国大陶器市に行ってきた(豊田スタジアム)

KX2 と Win4K3 Suite、そしてノートパソ...

「インク付きムック本」が発売されたのでござる

お空のコンディションが上がってきた♪

KX2でもっと楽しもう!

IC-705とハムログの問題が解決した。

ぼくが持っている9個のCWパドルの話

実物大のボードでレイアウトを考えてみる

春よ来い!

IC-705のために揃えた小物たち

イラストの練習を始めた

久しぶりの旅を楽しんだ♪

知ってた? 正しい体温計の使い方

初めての鉄道ジオラマ作り(その15)

CWのパドルが11個になった

ギターの練習を補助してくれる便利なツール

ULTIMATE GUITAR というサイト

「フリード・プラス 改造計画」完成!

こんな日は家でゆっくり過ごそう

「人生でかかせないもの」

no image

南側のアンテナからJT65をトライしてみた

ようこそ、高音質の世界へ!

VN-4002用のバッテリーを作ろう

QRPトランシーバのバージョンアップ完了!

移動運用の準備(その2)

新しいMacBook Proがやってきた

今日は一日 FT8を楽しんだ

愛するギターの旅立ち

クリップでCWパドルを作ってみた

テイラーギターの電池ボックス問題

70歳、まさかの人生初サプライズ体験

VN-4002が無事 帰ってきた

初めての鉄道ジオラマ作り(その5)

ぼくがブログを書く理由

no image

無事審査合格!

南極昭和基地から届いた電波

KX2でこんなに簡単にFT8ができるとは

ヤード作りが終わった

no image

偶然の出会い

CWを再開したぞ〜!

弦高の調整を自分でやってみた

「帆船模型作り」のち「移動運用」

TASCAM X8 買う?それとも買わない?

「ギター練習の再開!」そのきっかけ

また振り出しに〜♪ いやステップアップなのだ。

「Prusa i3 MK3S」の組立て(気になる3日目...

KX2の審査終了

アマチュア無線の運用で最も重要ものは何だろう

「春よ来い」のイントロが突然弾けた

新曲の練習を再開した

アコギ 新曲の練習を開始〜♪

(@_@) こりゃ画期的な改正だ!

X8と一眼レフZfcのセットアップ完了!

ニュース番組は観ない

アパマンハムのFT8運用動画をアップした

人生は小さなきっかけで、新しいことが始まる

C23を探せ!

孫娘たちと楽しく過ごした2日間

色えんぴつが揃った

カーマインレッドにしよう

アクアリウムの中は地球と同じ世界だ

がんばるな 自分

リモートでCW運用を楽しもう

Angelinaの練習を再開した

ベンチャーズの練習を始めた

Marvel'sスタジオ:アコギ録音の奮闘記なのだ

「他人を疑う前に自分を疑え」という教訓

蒸気機関車に夢中

自分の映像作品を作る Ver.2.0

久しぶりにCWのQSOを楽しんだ♪

明日のぼくへ

ふるさとの豊田市に行ってきた

PCの自作に挑むのだ

べガリキーが欲しいのだ!

「発送しました」メール

インターネットの恩恵に感謝

CWSkimmerよ。なんでだい?

FTDX3000 + SDRPlay + HDSDR ...

グルーブ感こそ全てだ

8年ぶりにフェイスブックを再開した

Begali(ベガリ)に一目惚れ ♡

Ham Radio Deluxeを使い始めた

東公園の紅葉を見に行ってきた

今日ものんびりJT65を楽しんだ

カメラ 坐骨神経痛 日記・コラム・つぶやき

人生は楽しむためにある

8月になった
ということがこの岡崎市花火大会の日を迎えてやっと実感できた。この数年、季節感というか四季が感じられなくなってしまった。冬からいきなり夏が来たというこの異常気象。生きていくのが本当に大変になってしまったなあ。

この猛暑に加え坐骨神経痛の痛みを抱えながらも、やっぱり今晩は花火を楽しむことにしよう。そう思って、ベランダ桟敷を作ってハイボールを飲みながら空を眺めた(というか5キロも離れているので、ほぼ正面だけどね)。それでもド〜ンと腹に響くような大きな花火を見ると、気持ちがワクワクしてくる。

そうだと思ってカメラと三脚を引っ張り出してきた。その中の1枚がこれ。ここから5キロも離れた所なんだけど、望遠レンズを使うとちゃんと撮れる。やっぱりカメラって面白いな。またこれから写真の趣味を再開しようかなと思った。

人生は「楽しむ」ためにある。
それがぼくの信条なのだけど、このところの坐骨神経痛で楽しむという心の余裕が全くなくなってしまっている。それほど心をむしばんでしまうのが病というものだ。「病は気から」という言葉があるのと同じく、「気は病から」ということでもあるんだよね。

坐骨神経痛というのは、良くなったり悪くなったりを繰り返す。それを右下がりで良くなっていくグラフで描くとしたら、こんな感じになる。

これが一直線でいくなら気持ちも楽になるのだが、決してそうはならない。だからこの坐骨神経痛というのは辛いのだ。それも何をどうしたら良いか、その答えはそんなに簡単には見つからないからやっかいなのだ。

Sちゃんと、Kさん
ぼくの知り合いで、きっと「人生は楽しむためある」と思って、それを心の真ん中において生きてきたと思う二人の人たちがいる。

一人は重度のリウマチを患いながらも、笑顔で前向きにいろんな活動をしていたSちゃん。やがてこの病を見事に克服し、遠く新潟上越市から岡崎まで、車椅子なしでたった一人で会いに来てくれた。奇跡だと思った!

もう一人はレベル4の癌を患いながら、いつも笑顔で前向きに生きて、ついには奇跡的に癌を克服したKさん。やがて「5年経ちました」と笑顔で握手をしに来てくれた。経過を知っているぼくはやっぱり奇跡だと思った。でも、この二人は精神的に強い人間というよりは、まったく別のところに心を置いていたんだと思う。自分もそうありたい。

「人生はやっぱり楽しむためにある」
そのためにはどんな辛い痛みがあろうとも、堪えるというよりは、そのことも生きるということなんだと受け止めて、「どんな病にあっても、ぼくは人生を楽しく生きていくのだ!」という強い覚悟を持つことなんだろうな。その意味では、やっぱり「病は気から」なんだね。

-カメラ, 坐骨神経痛, 日記・コラム・つぶやき
-