エレガットを衝動買いしてしまった

スライドショー「ジュピター号の製作(その1)」

新しいMacBook Proがやってきた

Ham Radio Deluxeを使い始めた

no image

スピードラーニングのようにはいかない

ウィンドウズなんか嫌いだ

HARDROCK-50の申請完了!

猛暑に耐える、えだまめ君

DXCC 100達成! 申請完了!

久しぶりのFT8が楽しかった

CPUファンを交換してみた

焚き火 そして CW移動運用

おちこんだりもしたけれど、私はげんきです。

今日の1枚

イラストの練習を始めた

新しいおもちゃ

いとしのメイトン!

写真を楽しめ!そして今を生ききれ!

1日1ミリでもいいから前に進もう

VN-4002用のバッテリーを作ろう

QSLカードが届いた

アレを使ってみた

新学期が始まるようなワクワク気分♪

レイアウト台が完成した

さあHDR写真を始めよう!

サイレントG きみは陰の主役だ

がんばらないけど、どうでしょう?

CQ誌を買ってきた

今日はまったりと模型作りを楽しんだ

メイトン専用 カポ !?

おお、もう桜が咲いていた!

乾杯しよう!

no image

「楽しむ」ということ

KX2とWin4K3Suiteを試してみた

帆船模型と中日ドラゴンズ

久しぶりに電波を出してみた。

サイクル25のピークを迎える期待感

HARDROCK-50製作記録のまとめ

CWのパドルが11個になった

さあ、作るぞ〜!

ついにリーチがかかったぞ!

第二章へ

ギターを弾くのに爪はいるの!?

「インク付きムック本」が発売されたのでござる

考えるよりやってみろ

144と430にぼくの居場所はあるのか

FT8の環境改善、そしてウクライナ無線局との交信

部屋の改造をしてみた

no image

春の香り

コーヒーを飲みながら読書を楽しむ

「春よ来い」のイントロが突然弾けた

KX2用のコンパクトアンテナ「AX1」

最後の最後は 諦めが肝心?

8年ぶりにフェイスブックを再開した

RS-BA1を使ったリモート化(まず有線から)

中秋の名月を愛でる

CoopHLよ ありがとう!

FT8とCW その違いってなに?

no image

ぼくがアクアリウムのために揃えたもの

初めての鉄道ジオラマ作り(その19)

初めての鉄道ジオラマ作り(その14)

いざ次のステップへ

お花畑のジオラマをつくろう

カメラは知的な遊びだ

テレサ・テンを聴きながら考えたら答えが見えた

山下達郎のメッセージに拍手

先の楽しみがあること。それは幸せだ。希望だ。

自分の映像作品を作る Ver.2.0(その4)

少しの時間でもジュピター号作り

カッコいいぞ!DD51 1000 A寒地 JR北海道色

Z fc か Z f か、どちらを買うべきか!?

久しぶりにヨーロッパとCW交信

X8と一眼レフZfcのセットアップ完了!

Logbook から Hamlogへ カムバックなのだ

久しぶりに家族旅行を楽しんできた ♪

1枚目の基板がほぼ完成

毎日をもっと大切にしたくなる物語

QRPステーションが楽しい

KX2が届いた

「Prusa i3 MK3S」の組立て(気になる3日目...

KX2用のミニパドルキットを作ってみた

ギターの練習を再開した!

自分の映像作品を作る Ver.2.0

久しぶりにのんびり過ごした休日の午後

乗り遅れるな、と!?

御在所ロープウェイ~湯の山温泉の旅

初心に帰ろう

昭和基地からのQSLカードが届いた!

no image

我が家の可愛い花たち

三ヶ根山からの移動運用

FTDX10の操作がイマイチなのでHam Radio ...

「セウタ」ってどこ?

ジュピターの製作記 「完」。

奇跡のコーヒー

今度こそギターの復活かな

我が愛しのメイトン

ALL JA コンテストがとても楽しかった

移動運用の準備(その2)

ついに新MacBook Proが発売された。

カメラ 旅行 日記・コラム・つぶやき

かみさんの実家に行ってきた 涙の一日

コロナも落ち着いてきたようなので、2年ぶりにかみさんの実家(三重県松阪市飯高町という山奥)に行ってきた。電車とレンタカーを乗り継いで片道4時間の旅。

いつ来ても変わらない景色。……と言いたいところだが、このあたりの田畑の持ち主たちはすでに亡くなっていたり、高齢化のために殆ど使われなくなってしまっている。

向こうの山の麓には櫛田川というかつての清流が流れるが、ダムができたため水が濁り、昔は鮎がたくさん釣れたのに今は殆ど釣れなくなってしまった。

道路の手前の田畑も今は太陽パネルが設置されているが、このあたりには多く見られる。勧められて設置したのだろうが、本当に採算は取れているのだろうか。

その手前がご両親がかつて稲作や野菜作りをしていた場所だが、義父は91才で義母は86才、もちろん農作業はできない。そしてこのあたりの環境では毎日生きていくのが精一杯なのだ。

毎日の買い物はとても不自由でせいぜい移動販売車に頼ることくらいだろう。衣類もこのあたりの衣料品店は種類も少なくとても高価だ。だから時々衣類や食料品を宅配便で送ったり、今日も冬用の衣類や食品を携えてきた。

こういう現実を目の当たりにすると本当にやるせなさを感じてしまう。つまり過疎地の弱者たちへの支援がまったくないからだ。一方でこんな過疎地なのに道路はどんどん整備され続けている。おかしくない?

そんな重苦しい気持ちと再開の喜びを感じながらも、ごく短い滞在を終えた。見送りで満面の笑顔をくれ、お金がないのに娘に小遣いを渡す父。これを見て心から来て良かったなと思う。と同時にぼくが思う以上に強い人達なんだな。でなければここでは生きていけない。なんだか救われた気がした。また来ますよ! 涙 涙

帰宅後、夕方5時すぎにかみさんが「お父さん、月食が見えるよ!」というので、外を見るとどんどん月が欠けているではないか。一眼レフを持ってくる時間もないのでiPhoneで一瞬を撮った。と言ってもぜんぜんわからんよね。

そのうちみるみる欠けてきて、一気に消えた。月食ってこんなに早いのか。(@_@)

そして1時間後、また月を見るとまた姿を現し始めていた。これもiPhoneで撮ってみた。今度はわかるかな。

調べていると、「ほぼ皆既」の部分月食としてはなんと89年ぶりらしく、次回の食の最大が観測できるのは65年後だって、そんなの知らなかったな。偶然だけど見れてよかったな。生きてて良かったな。涙 涙 涙の一日だったな。

 

-カメラ, 旅行, 日記・コラム・つぶやき
-,