ギター

このお正月休みはギターレッスンで過ごそう

さあ、今日から1週間のお休みが始まった。午前中は買い物やお正月の準備などの時間に慌ただしく追われた。そしてお昼の後からは「自由時間」だ。しかもこれから1週間は好きなことをやって過ごしていいのだ。

残念ながらというか、そうでもないというか、このお正月はコロナのことがあるので、家族が集まって過ごすことができなくなった。それに初詣を行くのもやめた。

というわけでその代わりに時間がたっぷり使えるってことだ。まあ、これはこれで悪くはない。その分有意義に過ごせばいいのだ。

さてとこの自由な時間。ビートルズのBGMを聴きながら。自分で焙煎したブラジルとガテマラのブレンドコーヒーを淹れることにしよう。

ぼくの焙煎はいつも濃厚な深煎りで、これを飲んだらもう他のコーヒーは飲めない。あ〜旨いなあ〜。これぞ至福の時間だな〜。

まったりとした時間を過ごしながら、この休みは何をしてすごそうかと考えた。それならこの貴重な1週間は、いつもはできないことをしようと思った。やっぱり「ギター」と「読書」と「映画」かなあ。

あえてアマチュア無線はやらないでおこう。ギターの練習をゆっくり楽しみながら、時間をかけて読書をしたり、Amazonビデオでいろんな映画をゆっくり観る。そんなゆったりした過ごし方をしようと思った。

そこで今日は何より先にギターの弦交換をしようと思った。使うのはマーチン・フレキシブルコアのライトゲージでフォスファー・ブロンズというもの。トミーエマニュエルが愛用しているタイプだ。

このフォスファー・ブロンズ弦は、とてもきらびやかな音がするので好きだ。もちろん好みなんだけど、ぼくはこの弦を使い始めてからはこれ以外を使う気がしなくなった。

弦の張り方はものすごくいろんなやり方がある。YouTubeで「アコースティックギター 弦の張り替え」と検索するといっぱい出てくるけど、今日は「ジェイ☆チャンネル」の方法を試してみた。なるほど。

そして弦を張るまえには、必ずフレットボードやボディの細かいところまで綺麗にクリーニングする。一見きれいに見えるんだけど、意外に汚れているのがわかる。

弦交換はただ単に弦を張り替えるという「作業」ではなく。ぼくにとってはギターに新しい力を吹き込むような神聖な儀式に感じる。だから一つひとつのことに集中するし、間違ってもギターを傷めないようにと慎重になる。

その後チューニングをしてから試奏してみる。この時の楽しいのなんのって……。とにかく弦の響きがまるで違うからだ。もう笑わないではいられない。嬉しくてしかたがないのだ。やっぱりギターっていいなって思う瞬間だ。

さて、この休みの間は少し前から始めた2つの名曲を練習をすることにしよう。まず1曲目は「Jerry's Breakdown」でこの動画の前半の1分ちょっとまでのアコースティックギターの部分をマスターする。

初めてこの曲を聴いたときに、たったの1分だけど「こんなのできるはずない!」と思った。でも「やってみないとわからないじゃないか」と、もう一人のぼくがいう。ダメなら諦めればいいじゃないかと。

というわけでイントロからではなく、途中のサビの12秒くらいの部分から練習し始めた。毎日少しずつ動画の後ろの方にある解説を観ながら練習した。

まずは12秒の内の前半の6秒の部分からだ。最初は全く弾けなかった。とにかくスピードをめちゃくちゃゆっくりにして、少しずつコピーをしていった。ホントに亀のノロさで弾いていった。

すると少しずつ弾けるようになってきた。ゆっくりでも弾けるようになると、今度はスピードを少しずつ上げていった。そして今日はなんとかこの90%くらいの早さまで弾けるようになった。できるもんだねえ。

とはいえ、まだ全体の12分の1しかできていない。でもだよ。これができたなら、他のもできるかもしれないなと思い始めた。

肝心なのはイントロから始めるんじゃなくて、ここならできるかもしれないという「小さなフレーズ」を探して、そこをクリアしていくということ。

それができたら、この先もできるかもしれないなという期待感が生まれる。そのうち「人間やろうと思えば、難しいことも何とかなっちゃうかもしれないなあ」と思えるようになるものだ。

そして、YouTubeではこんなバッキングトラックも公開してくれている。ありがたいねえ。いつかはこのバッキングに合わせて録音できたらいいなあ。

ちなみにこれが原曲のJerry ReedとChet Atkinsが弾いているやつだね。こんなふうに二人で演奏できたら楽しいだろうねえ♪

さて、この休みに練習しようと思っているもう1曲はこれ。同じくジェリー・リードの「Winter Walking」という名曲だ。「ヨシナガナオキ」さんがわかりやすく解説してくれている。

この曲もそうだけど、最初の「Jerry's Breakdown」の二人とも弾き方をわかりやすく解説してくれている。やっぱり実際に弾きながらレッスンしてくれているのがいいよね。

長いとはいえ、もうその1日が終わっちゃった。ボーッとしてると、あっという間に終わってしまう貴重な1週間。できるだけ有意義に過ごしたいものだね。

 

閲覧の多い記事( 過去2ヶ月間のTOP5 )

-ギター
-, ,