鉄道模型、2つの問題が解決できた。

KX2 と Win4K3 Suite、そしてノートパソ...

no image

今日もJT65を楽しんだ

愛する家族、孫たちと過ごしたいものだ

AX1のSWRを調整する(その2)

いとしのメイトン!

おお、もう桜が咲いていた!

KX2用のコンパクトアンテナ「AX1」

西浦にボーッとしにでかけた

初めての鉄道ジオラマ作り(その19)

バッテリーがついたVN-4002 赤鬼くん

アンテナの移動工事をした

帆船模型作りは山登りと同じかも

SWRの不思議(訂正あり)

部屋のリニューアルが完了した!

趣味って楽しいの?

さあHDR写真を始めよう!

定年退職し、半年たって気がついたこと

「セウタ」ってどこ?

AX1のSWRを調整する(その3)

「Prusa i3 MK3S」の組立て(1日目)

今度こそギターの復活かな

CWの練習をした

RS-BA1を使ったリモート化(Wifi 接続)

サーバー移行奮闘記 その後

南極昭和基地 8J1RL と交信できた!

移動運用の準備完了

KX2に使うアンテナを3本の中から選んだ

初めての鉄道ジオラマ作り(その16)

サンタさんからのプレゼント♪

1年後のぼくへ

我が家にフェンダーがやってきた

今日もKX2と過ごした一日

キリバス?

IC-705とHamlogをBluetoothで連動さ...

やっぱりCWは楽しい♪

初めての鉄道ジオラマ作り(その5)

The Man With The Green Thum...

「空港ピアノ」みたいに弾きたい

セットアップでエラーの連続だぜ (-_-;)

妄想がこうなった。そして……。

Zショーティー・ジオラマ作り(6日目)

奥殿陣屋に行ってきた

スライドショー「ジュピター号の製作(その1)」

KX2でFT8を試してみた

no image

実験終了〜♪

CWSkimmerよ。なんでだい?

リニアアンプ 「HARDROCK-50」製作のその後

蒸気機関車に夢中

「Macbook Pro 14インチ」はUSB-Cでも...

「8N6OLP」局と交信できず

ついに世界6大陸とQSO!

no image

おー、ニューカレドニア!

コーヒーを飲みながら読書を楽しむ

70歳、まさかの人生初サプライズ体験

no image

CW練習、1ヶ月がたったよ

QSLカードが届いた

無線機たちに もっと愛を!

もう何回目?..の部屋改造をしよう

去年のぼくが教えてくれたこと

KX2の審査終了

お空のコンディションが上がってきた♪

“ If you can dream it, you ...

no image

遊ばれてしまった(-_-;)

妄想が始まった…

JAZZRADIO.comのピアノで癒やされる

我が愛しのメイトン

移動運用のための小型パソコン

山下達郎のメッセージに拍手

FT817でFLdigiを試してみた

色エンピツ画は楽しいな ♪

CWの壁を越えろ!

no image

新しいMacがやってきた

送料無料化問題

41/50まできたWAS、そしてJTDX絶不調の件

また部屋の改造をしたくなってきた

no image

河津桜を見に行った

手動でKX2のSDRPlay化を試してみた

「練習する」ことの意味

初めてのCWDXコンテストにチャレンジしてみた

新学期が始まるようなワクワク気分♪

東公園の紅葉を見に行ってきた

KX2とWin4K3Suiteを試してみた

強制ギブス法だと?

自分のハムライフを見直してみた

テレサ・テンを聴きながら考えたら答えが見えた

YouTubeで流れるBGMの曲名を知る方法

その後「春よ、来い」はどうなったのか?

移動運用のパドルを見つけた

VN-4002が無事 帰ってきた

がんばらないけど、どうでしょう?

お家で焚き火を楽しもう

自分の映像作品を作る Ver.2.0(その3)

IC-705のために揃えた小物たち

ぼくのiPhone

ぼくの仕事場のリニューアル

DXCC 100 へ リーチ宣言!

今度はウィンドウズが壊れちまった

移動運用のベースキャンプをみつけた

我が家に素敵なランタンがやってきた

アマチュア無線

今日はCWの練習デー

160213_ham1

JT65ってどんな通信なのか

今日はCWのキーイングの練習をしながら、JT65モードの運用をした。

JT65というのはCQの局と交信するときに、その局をパソコンの画面でクリックしコールすることからはじまる。たったの1クリックだけだ。あとは自動的にソフトが送信してくれるのだ。

交信はぴったり1分ごとにおこなわれる。48秒たつとデコードされ、画面上にデータが表示される仕組みになっている。なので、残りの12秒で次の行動を判断しないといけない。

しかも時間はパソコンの時間が正確でないとお互いのズレが生じるために、時間補正させるソフトも組み込んでいる。ここまでするのがデジタル通信らしいところだね。

グリーンを狙え!

さて、じっさいのやりとりだが、下の写真ではグリーンの4Z5MLというイスラエルの局がCQを出している。JT-ALERTというソフトも組み込んでいるので、どこの国か表示される。さらに詳しい情報はワッチしている間にQRZ.COMで調べることもできる。

160211_ham2

この局と交信したいので、ぼくはすかさず12秒以内にこのグリーンをクリックする。するとつぎの1分後にホワイトで表示されているのが、ぼくがコールしているということだ。一番左に時間の表示がされているが、すべて1分きざみだ。2回コールしているよね。

これにたいして相手局がコールするのがやはり1分。どの局をコールしているのかは最後の48秒になるまでわからない。ちょっとドキドキする。そしてぼくのコールサインJA2WIGを呼んでくれたらピンク色に表示される。

おー! やったー! と感激にひたっている間もなく、残りの12秒の間に1クリックし、シグナルレポートを送る。そして1分待つのだ。

そして先方からRR73(了解了解、さようなら)のようなメッセージが入り、ぼくもさようならと送りかえす。それぞれ1分だから、通常なら合計6分の交信時間だ。最後にログファイルに書き込んで終了だ。これはJT_Linkerというソフトを経由してハムログというログソフトに書き込むが、とても便利な道具たちだ。

さらにはPSKREPORTERというサイトにもそれぞれの局がデータを送っているので、自分の電波がどこまで届いていることもわかる。すごいよね。この世界。

こういうやりとりをしているのだが、待っている間は他のことができるわけだ。1分というのは意外に長いんだよ。キッチンにいってコップにお茶をいれてもどってくることもできるくらいだから。その時間をつかって今日はモールスを打つ練習をすることにした。

160214_ham05

CWってどんなやりとりなのか

CWの交信はショートQSOだと、ほんとに短い。30秒もかからない。コンテストになると、わずか数秒だ。

ショートQSOはこんなかんじ。
CQ CQ DE JA1ZZZ K(CQだれか交信してください)
DE JA2WIG K(こちらはJA2WIGです。どうぞ)
JA2WIG GE UR 5NN BK(JA2WIG こんにちは。あなたの信号レポートは599です)
GE UR 5NN 73 BK(こんにちは、あなたのレポートは599です。ありがとう)
TU 73 EE(ありがとうございます。さようなら)
EE(・・ 単点二つはおわりの挨拶のようなもの)

たったのこれだけですむ。
でも中にはQTH(場所の情報)やOP(名前)、そのほかアンテナや無線機の情報、さらには天気や気温の情報交換なども行うことがある。相手局がそういう内容を送ってきたら、礼儀としてこちらもこれらの情報をかえすわけだ。特に海外の局はこういうものを送ってくる局もいるので、ちょっとあわてる。日頃の練習がたいせつだなあと思う。

今日はJT65の合間にその練習をした。こういう練習も楽しいものだ。最初はぎこちなくても、だんだんスムーズに打てるようになってくるんだよね。

160214_ham1

どの国と交信したのかわからない

さて、海外局とDX通信を楽しむようになって、どこの国の局と交信できたのか、いったい何カ国の国と交信したのか、だんだんわからなくなってきた。それでじつにアナログ的だが、国別のリストと地図を用意した。

初めての国と交信した日を記入し、地図に赤い丸をつける。これでわかりやすくなったよ。これをパソコンでやる方法もあるかと思うが、なんだかこういう方法のほうが楽しいかなと思ったからだ。

昨日と今日はラトビア、エストニア、フィンランド、キルギスの4カ国が加わった。これで合計36カ国の国と交信したことになる。まさか、カムバックした当初はこれほどできるとは思わなかった。(いや、わたくし、まだまだかけだしでございます)

-アマチュア無線