鉄道模型は実験を楽しみながら

こういう解決法もある...

no image

ギター大好き♪

おじさん 迷路から出られるのか

人に喜ばれることをしたい

サイレントG きみは陰の主役だ

アポジーマイクは ぼくを変える

5ヶ月待った リニアアンプキットが やっと届いた

FT8とCW その違いってなに?

ぼくの日課

一難去ってまた一難

お空のコンディションが上がってきた♪

新曲「上を向いて歩こう!」の練習をはじめた

クゥエートと初めての交信

帆船模型作りは山登りと同じかも

三河高原キャンプ村で 移動運用 & デイキャンプ

暮らしの中にCWを

70歳、まさかの人生初サプライズ体験

さあ、いよいよ次の曲へ!

原因不明の暴走 ???

思い出のキャンプ場、そしてこの先の自分のこと

ほんとにそうなの?って思うようにしている

VSWR計製作キットQPM-01が届いた

no image

CW練習、1ヶ月がたったよ

南極昭和基地から届いた電波

さあ、作るぞ〜!

いま、幸せかい?

今日はアンテナを交換した

初めてのアクアリウム日記(その7)ついに魚たちが水槽に...

レウアウト画で迷路

おもちゃ屋さんでスイッチが入った

ぼくがアクアリウムのために揃えたもの

アウトドアグッズはインドアでも使おう

アンテナのメンテナンスをした

今日もアマチュア無線を楽しんだ

蒸気機関車に夢中

久しぶりのQSOだったが……

定年退職後はホントに好きに過ごしていいのか?

アクアリウムを始めて7ヶ月がたった

空白の2週間。。。

可愛いCWキーを見つけたのだ

我が愛しのメイトン

身近なグリーンライフは楽しいよ♪

鳥羽旅行を楽しんできた

実物大のボードでレイアウトを考えてみる

今度こそギターの復活かな

第二章へ

AX1というアンテナの実験には終わりがない

新しいコンデジが届いたぞ♪

アウトドアライフと避難生活 Vol.2 準備完了!

この5年で趣味部屋がどう変わったか。

星の写真を撮るのが楽しくなった

3Dプリンターでケースを作った

VLLO(ブロ)という動画編集アプリを使ってみた

ウィンドウズなんか嫌いだ

初めての鉄道ジオラマ作り(その17)

お家で焚き火を楽しもう

今日はサモアと交信できた!

孫との約束が果たせるぞっと

超望遠ズームレンズを手に入れた!

QPM-01のケースを作ってみた。

AX1用キャパシティハットの改良型をつくってみた

41/50まできたWAS、そしてJTDX絶不調の件

最近のお気に入り動画(ロボット音楽編)

KX2とJackeryのテストをしてみた

初めてのアクアリウム日記(その3)立ち上げ作業

ぼくの知らないうちに・・・

CQ誌を買ってきた

ついに世界6大陸とQSO!

no image

初バングラデシュ

退化していくApple

いよいよ3Dプリンターの組み立て開始!

KX2でCWSkimmerを試してみた

禁断の領域へ足を踏み入れてしまった

滋賀の旅@雨男

ぼくのiPhone

「ヨシナガ式 ギター練習法」

アクアリウムに「我慢」の大切さを教えてもらった

「 物買って来る 自分買って来る 」

KX2の送信出力の変更を申請した

KX2 と Win4K3 Suite(その3)

「JA1TOKYO」と交信した

お帰り〜!マスターくん

かみさんの実家に行ってきた 涙の一日

愛する家族、孫たちと過ごしたいものだ

ぼくの仕事場のリニューアル

移動運用の準備(その2)

アマチュア無線の運用で最も重要ものは何だろう

アクアリウムは理論より実践じゃないかな

初めての鉄道ジオラマ作り(その16)

焚き火&ウィスキーを楽しみたい!

QRPステーションが楽しい

レイアウト台が完成した

楽しい工作

夜でもギターの練習ができるのだ

ジュピター号よ、前に進め!

ふるさとの豊田市に行ってきた

久しぶりのCW交信

このお正月休みはギターレッスンで過ごそう

三ヶ根山からの移動運用

帆船模型

帆船模型を作るのだ

前から始めたいと思っていた「帆船模型作り」をいよいよ始める。

子どもの頃から、木を削って作るヨットやプラモデルや真空管受信機を作るのが好きだった。出来上がりよりも、作る過程が楽しいのだ。

シーカヤック作りもシーカヤックに乗るのが目的ではなくて、作る過程が面白かったのだ。なので、完成してからたったの2回しか乗ったことがない。

「作る楽しみ」というのは作る以前から始まる。
まずは、たくさんある帆船模型からどれを選ぶのが楽しい。このショップには世界中のメーカー13社、200種類以上のキットがある。初心者向けから上級者向け、値段も1万円台から16万円台まであり、本当に迷う。

その中から直感的にイギリスのジョティカというメーカーのサプライを選んだ。1/64スケールで長さ765 × 高さ520mm。ん!? 765mmとは意外にでかい。(冒頭の写真はジョティカ社のサイトからのもの)

ほんとはこれが良かったけど。さすがにそりゃいくらなんでも無謀だぞと思った。さきの楽しみに取っておこう。

楽しみは他にもある。模型作りに必要な道具を揃えたり、いろんな手法の情報をネットで集めたり、こんな専門書も参考になる。

とはいえ、帆船模型はプラモデルを作るよりはずっと根気がいる趣味かもしれない。でもこんな時代だからこそ、のんびりと時間をかけてじっくり楽しみながら、少しずつ出来上げていく、その過程こそが何より貴重なんだと思う。

YouTubeにはいろんな人が動画でアップしてくれていて、こういうやり方があるんだとか、ぼくならこうするなあとか、見ているだけで楽しいなあ。

というわけで、どんどん楽しむことが増えて、遊ぶ暇がない。……てか? (;´Д`)

-帆船模型
-, ,