モービル運用のテスト

プチ移動運用

IC-705+HARDROCK-50で移動運用を楽しん...

CW Skimmerを使ってわかったこと

no image

無事審査合格!

「春よ来い」のイントロが突然弾けた

いよいよ説明書が最後のページに入ったぞ!

初めてのアクアリウム日記(その5)気になっていること

(@_@) こりゃ画期的な改正だ!

IC-705で50,144,430Mを追加申請した、け...

ぼくが求めているギターの音色の追求

「人生でかかせないもの」

VN-4002が無事 帰ってきた

KX2にヒートシンクパネルが付いた

ブログのサーバー移行、ただいま奮闘中

無線室のリニューアル完了!

今年最後の交信、そして来年について

新しい練習方法を見つけた!

星の写真を撮るのが楽しくなった

ギターもいいけど ウクレレもね

ついに世界6大陸とQSO!

Macのデュアル・ディスプレイ化がやっとできた

なにぃ? ブルートフォース攻撃だと〜!?

VN-4002の収納ケース

ぼくのMacBook ProにWin10が載った

久しぶりのEスポ体験ができた

部屋の改造をしてみた

南極昭和基地 8J1RL と交信できた!

鉄道模型は実験を楽しみながら

我が家にフェンダーがやってきた

ヤード作りが終わった

カメラは知的な遊びだ

蒸気機関車に夢中

いざ次のステップへ

初めての鉄道ジオラマ作り(その12)

愛するFTDX3000よ、長い間ありがとう!

AX1のSWRを調整する(その4:ついにできた!)

がんばった人には九平次を

たったの2.5Wで9,554Kmも飛んだ!

CoopHLよ ありがとう!

SWRの不思議(訂正あり)

こんな日は家でゆっくり過ごそう

DXCC 100 へ リーチ宣言!

ぼくがアクアリウムのために揃えたもの

FT817でFLdigiを試してみた

ぼくのシャック(無線室)

no image

初バングラデシュ

焚き火 そして CW移動運用

CWの練習をした

新しいMacBook Proがやってきた

no image

スピードラーニングのようにはいかない

孫娘たちと楽しく過ごした2日間

32ビットを64ビットに変えてみた

泊まった宿のことを書いておこう

移動運用の準備(その2)

秋の天体ショー、さあ リベンジだ。

no image

遊ばれてしまった(-_-;)

楽しい工作

VSWR計製作キットQPM-01が届いた

DXCC 100達成! 申請完了!

携帯基地局問題

こういう解決法もある...

I LOVE CW ♡♡

「フリードプラス無線室」の改良版

FTDX10:申請の四苦八苦中に故障者リスト入りとなっ...

アクアリウムに「我慢」の大切さを教えてもらった

自分の映像作品を作る Ver.2.0(その3)

色が決まらないのだ

今日から3つのクラブができました

ジュピター号の開封!

初めてのアクアリウム日記(その6)エビちゃん登場!

お花畑のジオラマをつくろう

no image

偶然の出会い

KX2用のコンパクトアンテナ「AX1」

今年中にやっておきたかったこと

VLLO(ブロ)という動画編集アプリを使ってみた

くらがり渓谷へ行ってきた

CWを再開したぞ〜!

ジュピターの製作記 「完」。

「春よ、来い」の練習も始めた♪

Logbook から Hamlogへ カムバックなのだ

KX2 と Win4k3Suite(その2)

全国大陶器市に行ってきた(豊田スタジアム)

アマチュア無線はCW交信こそが原点だ

DIYでキャスター台を作った

動画で楽しい仲間ができる

人生は「Windy & Warm」

サイレントG きみは陰の主役だ

漫画ペン先セットを買った

トンガ王国と初めての交信

今日の帆船模型作り日記

キプロスと交信できた

複数の無線機・アンテナ・パドルを使うのは何故だ

FT8の交信成立について

アクアリウムは理論より実践じゃないかな

このお正月休みはギターレッスンで過ごそう

SAYONARA 8N6OLP!

ギターの練習を補助してくれる便利なツール

待ちに待ったメイトン嬢がやってきた!

FT8は釣りに似てるなあ

帆船模型

帆船模型作りも、いよいよ第4コーナーに!

坐骨神経痛の痛みが癒え、帆船模型作りを再開して2週間。作業は順調にしかも楽しく進んでいる。いよいよ図面は6枚中の4枚目に入ってきて、マストを支えるロープ張りが中心になっている。今までの細かい作業と違って、ダイナミックな感じがでてきて、ワクワクする気分だ。

ところが、この図面もあと少しで終わるというところで、ある部品がないのに気がついた。デッドアイという3つの穴が開いた丸い滑車がどうしても見つからない。これがないとこの先には進めないので、仕方がなくマイクロクラフト社に注文した。このまま一気に進みたかったのだけど、これが届くまでしばらくお休みとなってしまう。残念。

何でだろうと思って、図面をさかのぼって点検してみた。あ〜!やっちまった! 同じデッドアイを使う部分で、直径3mmのものを使う工程があるが、ここで図面を見間違ってしまって5mmのものを使ってしまっていたのだ。

う〜〜〜ん。もし、これをやり直すとなると、軽く2週間以上も逆戻りになってしまう。ここでまたやり直すか、それともこのまま先に進むか……。ま、今さらこれをやり直そうという気力もないし、遊びなんだから、そこまで真剣に考えなくてもいいよね。よし、このまま進もう!

さあ、いよいよ、この次は既に製作済みのヤード部分の取り付けや、最終的なロープ張りという、ちょっとやっかいで複雑な工程に入っていく。いよいよ第4コーナーに突入というところだ。何とか今月中には完成させようと思う。

ぼくは何事も一つのことに集中したら、他のことに気持ちが入らない不器用な人間だ。だから帆船模型作りをしている間は、他のアマチュア無線やカメラや、色えんぴつ画などの趣味は殆どやる気にはなれない。せいぜいギターを30分くらい弾くのがやっと。それくらい帆船模型作りというのは、相当な集中力とエネルギーを使う趣味だと思う。

今晩も14MHzのCWをワッチすると、遠くフィンランドのOH6NVC局が聞こえてきた。まだ伝搬状況は回復はしていないものの、こういうことがあるとやっぱりアマチュア無線もゆっくり楽しみたいなと思う。

だから、正直言うと、もう1日も早く帆船模型を終わらせてしまって、ゆっくりと他の趣味に熱中したいのだ。なにせ去年の6月1日に始めてから、もう1年以上にもなる。坐骨神経痛で寝たきりの3〜4ヶ月があったものの、しばらくこれから離れたいという気持ちが強い。かと言ってこのまま中途半端に放置するもの気持ちが悪いしね。

確かに今は仕上げの段階でとても楽しい作業なのだが、それとは全く違った複雑な気持ちも大きい。ということで、あとちょっと、そんなにがんばらなくてもいいけど、最後の仕上げを大いに楽しむこととしよう!

-帆船模型
-