まだ未開拓のKX2

久しぶりにのんびり過ごした休日の午後

蒸気機関車に夢中

秋のデンパークに行ってきた

JTAlertXのメッセージ機能を見つけた

伊豆に行ってきたよ

DTMで作曲を始めてみた

仕事場をさらにリニューアルした

一生の趣味

久しぶりのジュピター号作り

いよいよ3Dプリンターの組み立て開始!

KX2で やりたいこと

鉄道模型は実験を楽しみながら

初めての鉄道ジオラマ作り(その6)

お花畑のジオラマをつくろう

AX1用キャパシティハットの改良型をつくってみた

2020年に買った楽しい物たち

no image

新しいMacがやってきた

TOKYO 2020 JARL 記念アワードの申請

たった2WのCW移動運用で新潟市と交信できた

SAYONARA 8N6OLP!

ぼくのシャック(無線室)

手動でKX2のSDRPlay化を試してみた

KX2 ~ Win4K3 ついにできた!

no image

CW練習、1ヶ月がたったよ

ジュピターの製作記 「完」。

no image

金沢は桜が満開でした

ソーラーパネルのテストをしてみた

復活したぞ!

モービル運用のテスト

スライドショー観てね!

新しい時間割で過ごした一日

KX2に使うアンテナを3本の中から選んだ

新MacBook Proが届いた。

さあ、Angelinaの練習をしよう!

こういう解決法もある...

テイラーギターを買った理由とそれまでの経緯

no image

偶然の出会い

ジュピター号の動輪を塗装した

FT-817 復活作戦・なぜかDCプラグが使えない問題

ぼくの仕事場のリニューアル

no image

無事審査合格!

ギターの練習を補助してくれる便利なツール

スーパームーンに心を癒やされる

初めての鉄道ジオラマ作り(その18)

帆船模型作りは楽しい!

やっぱり模型作りは楽しい♪

モービル運用のシャックが完成

もうCWの練習は必要ないのかい?

ついにジュピターが完成した。

幸せな生活のための貴重なレッスン

これを「プラトー現象」と言う、らしい

CQ誌を買ってきた

ピアノが教えてくれた「大切なこと」

毎日をもっと大切にしたくなる物語

「ホントにいいのか!?」と自分に問え!

蒸気機関車を作るのだ

3Dプリンターを始めよう

久しぶりに家族旅行を楽しんできた ♪

がんばるな 自分

おじさんは、エレキを始めるのだ〜♪

KX2でFT8を試してみた

AX1というアンテナの実験には終わりがない

3Dプリンターの購入候補を変えた

ニュース番組は観ない

いつか駅ピアノで……

アレを使ってみた

CWのQRP運用を楽しむ

みんなの助けを借りてここまで来た

今日もKX2と過ごした一日

「部屋の改造」第二弾が完了した

やっとつながった(^^)

ぼくの日課

いよいよ説明書が最後のページに入ったぞ!

アンテナのメンテナンスをした

no image

おー、ニューカレドニア!

しばらくお休みしよう。

やっちまったぜ。と笑った。

「発送しました」メール

ジュピター号の開封!

新曲の練習を始めた

猛暑に耐える、えだまめ君

「インク付きムック本」が発売されたのでござる

アクアリウムのために部屋のリニューアルをした

人に喜ばれることをしたい

山下達郎のメッセージに拍手

QRPトランシーバのバージョンアップ完了!

ぼくのiPhone

待ちに待ったメイトン嬢がやってきた!

HF6CLとリトルターヒル、2つのアンテナを比較してみ...

KX2 と Win4K3 Suite(その3)

今日からCWで封印を解いた

アマチュア無線はCW交信こそが原点だ

初心に帰ろう

今度こそギターの復活かな

前照灯の取付け完了!

仕事場のリニューアル完了!

地図を見るのが好き

久しぶりにアンテナの調整をした

今日から「Beautiful Love」の練習を始めた...

帆船模型

なんとか ここまで きたゾ!

長かった板張りの作業があと少しで終わる。
というか、ぼくの予想より遥かに大変だったんだけど、もうこれで終わってしまうのか〜と思うと、逆に名残惜しい気持ちになってしまった、分からないもんだなあ。

そして、ついに、張り終えた。
本当に長かったな〜〜。

でも、実はまだこれで板張りの工程は終わりではない。
例えば曲面は、板がその丸みに沿っていないので段差ができる。これをアイロンで丁寧に板を曲面に馴染ませてやらないといけない。

さらに全体をペーパーで綺麗にサンディングしないといけない。
ぼくはサンドペーパーではなく、ルーター用の丸いサンディングバンドを使った。これが意外に使いやすい。指でつかみやすいこともあって、力が入りかなり効率的に磨くことができた。

しかし、このサンディング作業は終わりが見えない。というか終われないのだ。
あるていど削ると、また他の場所が気になって、さらにサンディングしたくなる。どこかで見切りをつけなくてはと思いながら、また他の場所をサンディングしたくなるのだ。ただひたすら無心になって続ける。

次にペーパーでサンディングした時に出る木の粉を集めて、これに水とボンドを混ぜパテを作る。これを板の隙間とか肉盛りした方がよい部分に埋める。ちょっとしたことだけど、これで仕上がりが違うのだ。

そしてパテが乾燥したら、またサンディングする。するとまた違う部分も気になってまたサンディング。だからなかなかエンディングがないのだ。笑

そして、ついに、作業完了!
まったくのド素人が、あの難解な図面、そしてまるで暗号のような説明書だけを頼りに、なんとかここまでできた。とりあえず「よくがんばったね、おめでとう!」と誉めてあげたい。

さらに以前にも書いたけど、甲板のブルワーク(舷牆)タブ、あの出っ張りも21カ所全部引っこ抜いて、彫刻刀で削り、ペーパーで綺麗に磨いて、フラットにした。よし、これでやっと次の作業に取りかかることができる。

今まではずっと船底を見続けての作業だったが、これからはやっと船の上の作業だ。やっと帆船模型の楽しい部分に入るってわけだね。ここまでやってきて思ったことがある。

今年の6月から作り始めて、なんと5ヶ月もかかってしまった。途中で嫌気がさしてしまったり、指の火傷で作業ができなかったり、ま、いろいろあったけど、「毎日」の日課にするようにしたことで、気持ちが随分変わった。これからもその感じで進めることにしよう!

そして思った。帆船模型作りというのは、まるでアドベンチャーゲームのようなものだと思う。次に何があるのか分からない。それをどう楽しむかだ。これは人生と同じだ。生きていくと迎えるいろんな難関、それをどう楽しんで克服していけるかだな…と改めて思った。

というわけで、今夜は乾杯といこうぜぃ!

く〜〜、シャルドネ、うめ〜〜〜♪

 

-帆船模型
-, , ,