非常時に備えよ

九州の旅に行ってきたよ

「弾ける」と「聴ける」の違い

知ってた? 正しい体温計の使い方

RS-BA1を使ったリモート化(Wifi 接続)

初雪

インターネットの恩恵に感謝

いとしのエレン ♪

蒲郡でトリ貝と写真の本を買ってきた

プチアウトドア気分♪

(@_@) こりゃ画期的な改正だ!

人に喜ばれることをしたい

上を向いて歩こう♪

いま、幸せかい?

CQ誌とHAMworldで来年の楽しみは見つかるのか

今日はデリンジャー現象の日らしい

一旦、立ち止まることにした

動画で楽しい仲間ができる

自分の映像作品を作る Ver.2.0(その3)

ベンチャーズの練習を始めた

もうCWの練習は必要ないのかい?

QPM-01のケースを作ってみた。

全国大陶器市に行ってきた(豊田スタジアム)

今年最後?の移動運用を楽しんだ

CQ誌を買ってきた

複数の無線機・アンテナ・パドルを使うのは何故だ

今日から3つのクラブができました

DIYでキャスター台を作った

TASCAM X8 買う?それとも買わない?

IC-705で50,144,430Mを追加申請した、け...

鉄道模型は実験を楽しみながら

なにぃ? ブルートフォース攻撃だと〜!?

妄想スケッチ

FTDX10の操作がイマイチなのでHam Radio ...

がんばった人には九平次を

キリバス?

君たちはどう生きるか

広大なDAWの世界を旅する、定年おじさん

禁断の領域へ足を踏み入れてしまった

久しぶりのCW交信

VSWR計製作キットQPM-01が届いた

初めての鉄道ジオラマ作り(その13)

やっとパスしたぞ!

FT4の初体験

仕事場をさらにリニューアルした

QSLカードが届いた

初めてのアクアリウム日記(その5)気になっていること

「ホントにいいのか!?」と自分に問え!

「人生でかかせないもの」

久しぶりのFT8が楽しかった

写真を楽しめ!そして今を生ききれ!

さあ、作るぞ〜!

アンテナの移動工事をした

ヨシタケシンスケさんが教えてくれた

アウトドアライフと避難生活 Vol.2 準備完了!

携帯基地局問題

焚き火&ウィスキーを楽しみたい!

孫娘たちと楽しく過ごした2日間

アクアリウムのために部屋のリニューアルをした

べガリキーが欲しいのだ!

「JA1TOKYO」と交信した

QSLカードが届いた

サンタさんからのプレゼント♪

いよいよ3Dプリンターの組み立て開始!

奇跡のコーヒー

サイレントG きみは陰の主役だ

原因不明の暴走 ???

VLLO(ブロ)という動画編集アプリを使ってみた

初めての鉄道ジオラマ作り(その8)

no image

CW練習、1ヶ月がたったよ

CWのパドルが11個になった

好きなものに囲まれる暮らし

東海QSOコンテストのログを提出した

今日も桜を見てきた

no image

おー、ニューカレドニア!

帆船模型作りが楽しくなってきた

レバノンと初交信

初めての鉄道ジオラマ作り(その3)

SAYONARA 8N6OLP!

蒲郡クラッシックホテルの「つつじまつり」

ローテータの調整をした

ALL JA コンテストがとても楽しかった

RS-BA1を使ったリモート化(まず有線から)

今日もアマチュア無線を楽しんだ

8J1RLのQSLカードが届いた、昭和基地のことをもっ...

やっと免許状が届いたゼイ

JTAlertのアラート機能を使ってみた

JTAlertXのメッセージ機能を見つけた

ぼくの日課

アクアリウムを始めて7ヶ月がたった

ふるさとの豊田市に行ってきた

さあ、水彩スケッチを始めよう

がんばらないけど、どうでしょう?

あたふた CQ 初体験記

また部屋の改造をしたくなってきた

初めての鉄道ジオラマ作り(その2)

届いた「dp0」

考えるよりやってみろ

無線機たちに もっと愛を!

HARDROCK-50の申請完了!

帆船模型

帆船模型サプライが届いたぞ

注文していた帆船模型サプライが届いた。
おお〜! 何だかワクワクしてきた。さっそく箱を開けてみよう。

ベニヤ板やオークをレーザーカットしたパーツや、細い板がたくさん入っている。一体何種類のパーツなんだろう。

さらには、金属やプラスティックや糸など、細かいパーツもいっぱい入っている。すごいな。

そして、でっかい図面もある。
こんなでっかい図面が6枚ある。殆どが実物大になっている。

そしてパーツリストや作り方の説明書。さらには今回特別に付けてもらった解説書と解説DVDもある。

最初なのでツールセットも購入した。でも、実際に作るときにはまだまだいろんな工具が必要になると思う。

そして、これは自作の工作用船台だ。25mmの角材(60cm)を半分に切って、穴をあけてボルトと蝶ナットで締め付けるというシンプルな構造だ。

実際に取り付けてみるとこんな感じ。これで作業がしやすくなるんだろうな。

というわけで、いよいよ帆船模型作りが始まるぞ〜!
はたしてこんなふうなカッコいい帆船ができるかどうか、それはわからない。とにかく、のんびり1年ほどかけて作るつもりだ。

がんばって急いで作るつもりはまったくない。むしろ一つひとつの工程を楽しむ。それが帆船模型作りの醍醐味なんだと思う。

-帆船模型
-, ,