たった2WのCW移動運用で新潟市と交信できた

初めての鉄道ジオラマ作り(その2)

さあ、外にでかけよう!

今日もアマチュア無線を楽しんだ

「ヨシナガ式 ギター練習法」

「フリードプラス無線室」の改良版

VN-4002に内蔵スピーカーを入れてみた

no image

SIGMAのPhotoProを使ってみた

ギリシャと初めてQSOできた

一難去ってまた一難

かみさんの実家に行ってきた 涙の一日

TASCAM X8が、我が家にやってきた♪

KX2でCWSkimmerを試してみた

前照灯の取付け完了!

ブログをリニューアルしてみた

フジゲンというブランドは 知らなかった

手動でKX2のSDRPlay化を試してみた

無線室のリニューアル完了!

原因不明の暴走 ???

気楽な行き当たりばったりの旅

「8N6OLP」局と交信できず

エレガットを衝動買いしてしまった

全国大陶器市に行ってきた(豊田スタジアム)

no image

今日もJT65を楽しんだ

新しい時間割で過ごした一日

おお〜フェンダー姫よ

Angelinaの練習を再開した

ヨシタケシンスケさんが教えてくれた

ぼくが求めているギターの音色の追求

漫画ペン先セットを買った

KX2が届いた

YouTubeで流れるBGMの曲名を知る方法

KX2で やりたいこと

初めての鉄道ジオラマ作り(その4)

no image

無事審査合格!

明日はきっといい日になる♪

写真は面白い

インターネットの恩恵に感謝

今日は「プチ部屋の改造」をした

ベガリ社に発注完了!

なにぃ? ブルートフォース攻撃だと〜!?

Z fcを持って奥殿陣屋に行ってきた

“ If you can dream it, you ...

ほんとにそうなの?って思うようにしている

今日はデリンジャー現象の日らしい

初めてのアクアリウム日記(その7)ついに魚たちが水槽に...

アナライザーを改造してみた

AX1 × MFJ-1840T × リトルターヒルの比...

岡崎の駅ピアノには、ぼくの求めるものはなかった

TASCAM X8 買う?それとも買わない?

おもちゃ屋さんでスイッチが入った

トミー・エマニュエルに教えてもらったこと

ピアノ音源「グルグル迷路 奮闘記」(Synchron ...

知ってた? 正しい体温計の使い方

アクアリウムを始めて7ヶ月がたった

CWの送信練習を始めた

泊まった宿のことを書いておこう

コンテストとWBCの二刀流? できるのか?

アパマンハムのFT8運用動画をアップした

no image

我が家の可愛い花たち

マーベル水族館のバックヤード

CWの練習をした

南極昭和基地から届いた電波

久しぶりのジュピター号作り

アウトドアライフと避難生活 Vol.2

サーバー移行奮闘記 その後

東京オリンピック記念局と交信した

no image

金沢は桜が満開でした

「日々の練習を積み重ねる」ということの意味

アンテナの移動工事をした

プチ移動運用

アクアリウムにクーラー設置、そしてギターの新曲に出会え...

あたふた CQ 初体験記

DXCC 100 へ リーチ宣言!

IC-705の審査終了!

Logbook から Hamlogへ カムバックなのだ

「東海QSOコンテスト」に二刀流で参加した

毎日をもっと大切にしたくなる物語

キャンプに行きたいのだ

仕事場をさらにリニューアルした

ぼくの知らないうちに・・・

Zショーティー・ジオラマ作り(5日目)

思い出のキャンプ場、そしてこの先の自分のこと

最近のお気に入り動画(ロボット音楽編)

JTAlertXのメッセージ機能を見つけた

いつか駅ピアノで……

no image

南側のアンテナからJT65をトライしてみた

がんばった人には九平次を

ギターヘッドにスマホ(続々編)

今日は3つのエンティティが増えた

久しぶりにヨーロッパとCW交信

ただ今 アマチュア無線を封印中につき

渚のアデリーヌの練習を始めたのだが・・・

自分の映像作品を作る Ver.2.0

ジュピターの製作記 「完」。

実物大のボードでレイアウトを考えてみる

バッテリーがついたVN-4002 赤鬼くん

no image

CW練習、1ヶ月がたったよ

移動運用のテストをしてみた

The Man With The Green Thum...

帆船模型

スライドショー観てね!

帆船模型サプライ号を作り始めたのが去年の6月1日だから、もうすぐ1年になる。初めてのことだし、いつも書いているように殆ど説明書が役に立たないレベルなので、頼りになるのは6枚の図面のみ。本当にわからないことがいっぱいだった。

でも、作り始めて3ヶ月くらいたつと、「そうか説明書なんかなくても、自分で考えればいいじゃないか」ということがわかってくる。例えば日本ではプラモデルのように手取り足取り手順がこと細かく書いてあるのが普通だと思っている。

でも、物作りの原点からすると、これはあまりにも安易すぎるかもしれない。欧米の帆船模型作りはむしろ全く逆だ。「物作りは自分で考えることに意味があるんだよ」と言っているように感じる。

そんなことを思いながら図面をじっと眺めていると、どういう手順で作ればよいかが見えて来た。そうなるとだんだん楽しくなってきた。

それに、何度も失敗を繰り返すとわかってくることがある。失敗してももう一回作り直せばいいし、自分なりの考え方で軌道修正しても問題ないんだとわかってくる。要するに、これでなければダメなんていうものが全くないんだよね。なんと自由なんだろう。なんと面白い世界だろう。これが帆船模型作りの魅力なんだとわかる。

今現在は最終コーナーに入っているので、あと1ヶ月もあれば完成するかな。そう思うと、何だか急に名残惜しい気になってきた。だから、これからはもっとゆっくり進んで行こうと思う。

というわけで、これまでの道のりを短いスライドショーにしてYouTubeにアップしてみた。

動画にしてみるとあっと言う間だけど、ここまで楽しかったなあ〜♪
次は帆船じゃなくて、ロンドンの木製市電キットを作ってみようかなあ。そんなことを思い始めている。

帆船模型作りの過去のエントリー

-帆船模型
-