KX2とJackeryのテストをしてみた

弦高の調整を自分でやってみた

国境

初めてのアクアリウム日記(その5)気になっていること

Z fc か Z f か、どちらを買うべきか!?

東京オリンピック記念局と交信した

超望遠ズームレンズを手に入れた!

VN-4002用のバッテリーを作ろう

もう何回目?..の部屋改造をしよう

今日はアンテナを交換した

メイトン専用 カポ !?

今日はサモアと交信できた!

乗り遅れるな、と!?

久しぶりにアンテナの調整をした

マーベルのアクアリウム日記(10ヶ月経過)

no image

自宅内移動運用だと?

自分の映像作品を作る Ver.2.0

その後「春よ、来い」はどうなったのか?

パラレルモードの一日

カムバックして5年たった

好きなものに囲まれる暮らし

久しぶりの移動運用?

JTAlertXのメッセージ機能を見つけた

KX2 + MFJ-1708B SDR  + SDRP...

帆船模型作りは楽しい!

クロスウォーマーが面白い

孫娘たちと楽しく過ごした2日間

アナライザーを改造してみた

3万円のギターがやってきた

ギターの練習を再開した!

今日はDIYを楽しんだ

Zショーティー・ジオラマ作り(1〜2日目)

no image

我が家の可愛い花たち

ぼくのギター講師 トミー先生

色エンピツ画は楽しいな ♪

複数の無線機・アンテナ・パドルを使うのは何故だ

久しぶりにKX2で交信した

ジュピターの製作を再開した

初めての鉄道模型 、面白いぞ〜♪

no image

いかんいかん

FT8のオートスタート

全国大陶器市に行ってきた(豊田スタジアム)

サイレントG きみは陰の主役だ

初めての鉄道ジオラマ作り(その12)

良い「気」がいっぱい 流れてきた

山下達郎のメッセージに拍手

あなたへチューリップの花束を贈ろう!

リトルスターという名のテント

地図を見るのが好き

今日もKX2と過ごした一日

アウトドアライフと避難生活 Vol.2 準備完了!

果たしてフェンダーのビビりは治ったのか

モービル運用のシャックが完成

今日から、日本国内を旅することにした。

「他人を疑う前に自分を疑え」という教訓

Zショーティー・ジオラマ作り(6日目)

KX2に新しいノブが付いた

「フリード・プラス 改造計画」完成!

さあ、Angelinaの練習をしよう!

レバノンと初交信

FTDX3000 + SDRPlay + HDSDR ...

ベランダにリトルターヒルⅡを設置した

フリード・プラス 改造計画

前照灯の取付け完了!

アクアリウムに「我慢」の大切さを教えてもらった

VLLO(ブロ)という動画編集アプリを使ってみた

スライドショー観てね!

Zショーティー・ジオラマ作り(3日目)

「8N6OLP」局と交信できず

ヨドバシ・ドット・コムが凄い

御在所ロープウェイ~湯の山温泉の旅

毎日の積み重ねが大事

FTDX10:申請の四苦八苦中に故障者リスト入りとなっ...

色鉛筆画は楽しい ♪

今日はまったりと模型作りを楽しんだ

帆船模型作りが楽しくなってきた

新曲の練習を再開した

ブラックボックス

ケニアの無線局と交信できた

まだまだ未熟者につき 精進してまいります

サイクル25がやってくる!

携帯基地局問題

帆船模型「サプライ号」が完成した!

AX1用キャパシティハットの改良型をつくってみた

中秋の名月を愛でる

「空港ピアノ」みたいに弾きたい

愛するギターの旅立ち

一難去ってまた一難

テイラーギターの電池ボックス問題

備えよ常に!

いま、幸せかい?

ピアノの練習を始めた♪

久しぶりのFT8でメデタイことがあった

毎日をもっと大切にしたくなる物語

たったの2.5Wで9,554Kmも飛んだ!

KX2に使うアンテナを3本の中から選んだ

「フリードプラス無線室」の改良版

こういう解決法もある...

no image

偶然の出会い

復活したぞ!

アマチュア無線 鉄道模型 VN-4002製作記

3Dプリンターを始めよう

今や3Dプリンターは家庭用のものが低価格で普及していて、その応用範囲もとても幅広いんだけど、当然趣味の世界でも使えるはずだ。

今日はその事例をいろいろ調べてみることにした。すると、あるある、こんなにもいろんなことにも応用できるのかと驚いた。

これは面白いねえ。こんなのを見たらぼくも背中を押されてしまうなあ。孫が喜ぶやつ作りたいなあ。笑

鉄道模型用のジオラマでもこんな小さな情景小物が作れる。もしこういうものを他の方法で作ろうとしたら、どれだけ大変なことかと思う。

この例はNゲージ(1/148 - 1/160)のジオラマだけど、Zゲージ(1/220)になるとこれよりさらに小さくなる。どこまで小さいものができるのかがとても興味あるな。

そしてこんなふうに給水タンクのジオラマも作れる。こんなに精密なものが作れるなんて凄いな。いや、これだけで充分楽しんでいけるんじゃないの?

そして、この人は高架橋を3Dプリンターで作った。これはいいねえ。ものすごくアイディアが広がるなあ。こうなると、もういよいよぼくもこの3Dプリンターを手に入れるしかないだろう。

もちろん鉄道模型だけじゃなくて、例えば自作した7MHz QRPトランシーバキット「VN-4002」と「VSWR計キットQPM-01」はケースがないので、専用のケースを3Dプリンターで作りたいと思っていた。

それで先ほどキット製作者のJL1VNQのブログを見ると「各プロダクト用ケース3Dデータ公開」という記事があった。なんと、このケースのSTLファイルを公開してくれていた。本当にありがたいことだ。感謝感謝!

これ以外でも、こんな小物があったらいいなと思うことが多い。そのためにホームセンターや100円ショップなどあちこち探すんだけど、結局見つからない。そんなときにはこの3Dプリンターがあれば自分で作れるのだ。

ただし、これを使いこなすには、やっぱりそれなりの知識が必要になる。当然勉強しないといけないんだけど、それはそれで楽しいんじゃないかなあ。

というわけで数多くある3Dプリンターで、どの機種にしたらよいのか、ただいま勉強中である。

ぼくが選ぶ選ぶポイントは3つ。
① できるだけ静かなもの。 ② 大きな物は作らないので、できるだけ小型でコンパクトなもの。 ③ 説明書が日本語で詳しいこと。そして解説や使用事例の情報が多いもの。
ということで選んでみようと思う。あ〜、わくわくしてきたな。

 

-アマチュア無線, 鉄道模型, VN-4002製作記
-,