移動運用の準備(その2)

イラストの練習を始めた

初めての鉄道ジオラマ作り(その10)

移動運用でFT8もやってみるかい?

FT817でFLdigiを試してみた

幸せな生活のための貴重なレッスン

このお正月休みはギターレッスンで過ごそう

IC-705とHamlogをBluetoothで連動さ...

CWの送信練習を始めた

CoopHLよ ありがとう!

no image

我が家の可愛い花たち

リニアアンプ 「HARDROCK-50」製作のその後

マーベルのアクアリウム日記(10ヶ月経過)

no image

初バングラデシュ

アクアリウムに「我慢」の大切さを教えてもらった

一旦、立ち止まることにした

初心に帰ろう

FT-817 復活作戦・結局アンテナは三脚を使うことに...

アマチュア無線はCW交信こそが原点だ

久しぶりのCW交信

アクアリウムを始めて7ヶ月がたった

最近のお気に入り動画(ロボット音楽編)

蒸気機関車を作るのだ

スライドショー「ジュピター号の製作(その1)」

写真を楽しめ!そして今を生ききれ!

4月8日は「アクアリウム記念日」

さあ、水彩スケッチを始めよう

さあマンガを描こう!

少しの時間でもジュピター号作り

がんばった人には九平次を

RS-BA1を使ったリモート化(Wifi 接続)

Ham Radio Deluxeを使い始めた

やっとパスしたぞ!

人に喜ばれることをしたい

お気に入りのピアノ音源を探す旅

レイアウトが決まった!

no image

金沢は桜が満開でした

FTDX3000 + SDRPlay + HDSDR ...

ギターの練習を再開した!

移動運用のテストをしてみた

デンパークにカメラを持って出かけてきた

ウィンドウズなんか嫌いだ

タブ譜をちょっと変えてみた

我が家に素敵なランタンがやってきた

CQ誌とHAMworldで来年の楽しみは見つかるのか

新しいMacBook Proがやってきた

サイクル25のピークを迎える期待感

no image

南側のアンテナからJT65をトライしてみた

「 物買って来る 自分買って来る 」

一生の趣味

CTESTWINでコンテストに参加するぞ

ノートパソコンにFT8のセットアップ完了!

KX2 + Win4k3 + SDRPlay + CW...

レバノンと初交信

今日もアマチュア無線を楽しんだ

ジュピター号よ、前に進め!

無線機たちに もっと愛を!

レコーディングとミキシングを楽しみたい

さあ、いよいよ次の曲へ!

新学期が始まるようなワクワク気分♪

カメラは知的な遊びだ

フォレストガンプのLesson2に入った♪

カムバックして5年たった

お帰りなさい! メイトン姫さま ♡

いよいよ説明書が最後のページに入ったぞ!

いつか駅ピアノで……

CW通信を楽しもう!

SLを作りながら SLのことを知ろう

おもちゃ屋さんでスイッチが入った

アウトドアライフと避難生活

やっとつながった(^^)

2mと430 そして ハートマト

KX2に使うアンテナを3本の中から選んだ

ギターヘッドにスマホ(続編)

パラレルモードの一日

いざ次のステップへ

新曲「上を向いて歩こう!」の練習をはじめた

ほんとにそうなの?って思うようにしている

エレガットを衝動買いしてしまった

蓼科高原に行ってきたよ

今年もくらがり渓谷へ行ってきた。けど。

テイラーギターの電池ボックス問題

no image

遊ばれてしまった(-_-;)

コーヒーを飲みながら読書を楽しむ

久しぶりに電波を出してみた。

禁断の領域へ足を踏み入れてしまった

1年後のぼくへ

KX2のスタンドを3Dプリンターで作ってみた

no image

イスラエルの局と交信

ソーラーパネルのテストをしてみた

久しぶりの旅を楽しんだ♪

「SCARM」というソフトを使ってみた

定年退職後はホントに好きに過ごしていいのか?

みんなの助けを借りてここまで来た

初めての鉄道ジオラマ作り(その15)

DXCC 100達成! 申請完了!

渚のアデリーヌの練習を始めたのだが・・・

今日はCWの環境を整備するのだ

ギリシャと初めてQSOできた

アンテナのメンテナンスをした

ギター DIY

「腑に落ちる」までノイズ対策を続けたい

まだノイズ問題は解決していない

先日書いた「もっと良質なサウンドを作りたい!」でオーディオ・インターフェースやエフェクターを整えて、ある程度自分が思うようなサウンド作りができた。

さらにノイズ問題を解決するためにシールドを交換したり、アイソレーテッド電源「CAJ DC/DC Station II」を購入した。

確かにこれでかなりノイズが軽減したのだが、ぼくはこの程度で妥協しようとは思わなかった。自分が納得できるまでやりたかった。

そのためにいろいろ試行錯誤し実験を繰り返してきたが、そんなに簡単なことではなかった。今日はそのことをまとめて書いてみよう。

人体アースが解決のヒント

ギターのノイズというのは、これまでの経験で弦やシールドのジャック部分を触ると、ノイズが軽減されることを知っている。

それもシールドのジャックを包み込むように握るとかなりノイズが消えるのだ。つまり人体がアースのかわりになるってことだね。

これと同じ効果を得るために、このシールドのジャック部分にビニール線をアルミテープで止めて、この先をアースにつなぐことにした。

ビニール線の先をエアコンの電源の近くにある、エアコン用のアースにつないでみた。そうすると確かにノイズは減った。でもまだ不十分に感じた。

一気にノイズが減った

そこでさらにもう1本ビニール線をシールドのジャックに付けて、アルミテープを板に貼ってフットペダルのようなものを作り、ここにビニール線の端をつないだ。そしてこれを足の裏で踏むと人体アースがとれる。お〜、かなりよくなったぞ。

さらにアルミテープの伝導率を調べると銅加工.comにそのデータがあった。

これをみるとアルミニウムは59.5%に対して銅は100%だと書いてある。そうか銅を使うともっとノイズが減るかもしれないな。

そこでさっそくDCMへ行って、銅線やこれを巻くための材料をいろいろ集めてきた。アルミの板、ゴム板、小さな金網などなど。さあ、これをどうするかだ。

最初はアルミの板かゴム板に銅線をグルグル巻いていく方法を考えていた。でも考えてみると、これだと裏側の銅線部分は足の裏に接触しないので面積が半分になってしまう。そこで金網を使うことにした。

金網に銅線をグルグル巻くのではなく、13cm程にカットして上の面に銅線が来るように敷き詰めた。そして裏側でハンダ付けして全てが1本につながるようにした。

これでノイズがどうなるかを実験してみよう。おお〜、さらにノイズが減ったぞ。これでシールドのジャックを手で握ったのと同じくらいのレベルになったのだ。

その後この試作2号をしばらく使ってみたんだけど、たしかにこの金網に銅線を巻いたものは効果はあるものの、足の裏の感触が悪い。それにセンスなさすぎ。(´Д`;)

そこで試作3号では、シールドのジャックからビニール線を銅板にハンダ付けしアルミテープで補強した。これなら平らで見た目もいい。もちろんノイズもかなり少なくなった。

ただしこの方法だと冬場の寒いときは、裸足になれないので使えないという欠点があるのだよ。もうちょっと改良しないとね。

迷路にハマっていく

しかしこれらの対策でもホワイトノイズはまだ残っている。この小さく「サー」っと聴こえるノイズは一体どこからくるのだろうか。それを丹念に調べてみることにした。

ところが正直いって調べれば調べるほど、キリがないくらいの情報があって、検証を続けていくうちに、むしろだんだん迷路にハマっていく。今回のまとめでみると、結局大したことはやってないようにみえる。

でも、じつは原因となる情報があると、少しでも可能性があることは全部試してみた。ところがぼくの場合はそれが当てはまらない、そういうことがいっぱいあったんだね。もちろんそれでも諦めたくはなかった。

そんな中でもいくつかのアドバイスが役に立った。この「録音でサーというホワイトノイズが乗ってしまう時の対策」という記事の中ので参考になることがあった。

ここに書かれているのは「エレキギターのボリュームを最大にして、オーディオ・インターフェースの音は真ん中くらいにしろ」という意味だろう。

そこでギターのボリュームを最大にして、逆にオーディオ・インターフェースの入力を落としてみた。するとたしかにノイズは小さくなった。そういうことか。いろんなことがどんどんわかってきた。

さらにホワイトノイズ対策のことを詳しく解説してくれているこの動画を観た。これを観るとあーもうどうでもいいや、って思うくらい原因が多岐にわたる。そして「そんなに気にしなくてもいい」とまで言っている。確かにそうかもなあ。

そう思いながらずっと観ていると「スピーカーやイヤホンから発生していることもある」と言っている。えっ、そんなこともあるのか?と思った。

まさかの原因、そしてこれで解決!

それでも念のため、いつもモニターで使っているヘッドホンをiPhoneのイヤホンに変えてみた。するとイヤホンで聴くとノイズが相当なレベルまで落ちた。あーなんてことか。 今まで愛用していたヘッドホンに問題があったなんて!(°д°)

というわけで、ここまでいろいろやってきて、ついにDAWソフトを起動したときに出るごく僅かなホワイトノイズのみとなった。もうこれくらいになると気にしなくてもよいレベルだ。ついにここまで来たぞって感じだ。おめでとう!

「腑に落ちる」ということの大切さ

どんなことでもそうだけど、「自分が腑に落ちるところまで徹底的にやる」というのはぼくの信条でもある。とにかく自分が納得するまでやりきらないと気がすまないのだ。

それにそこまでやって始めて知識が増えていくし、その過程がどんなに楽しいことかと思う。最終的に良い結果につながれば喜びも大きいと思うんだよね。

先日読んだ「人生を面白くする 本物の教養」という本の中で出口治明さんが

“ 本当に自分でよく考えて納得できたとき、私達は「腑に落ちる」という感覚を抱きます。その感覚は大変重要です。(中略)人間が意欲的、主体的に行動するためには、「腑に落ちている」ことが必須です。(中略)腑に落ちていることが、行動力やバイタリティの源泉になります。つまり、本気を呼び起こすのです。”

と腑に落ちることの大切さを教えてくれている。ぼくも全くその通りだと思うし、ぼくは本能的にいつもそう感じている。

さあ、次のステップへ!

さて次に進むその前に、新しいヘッドホンを探すことにしよう。
以前良いオーディオ・インターフェースをみつけるのにお世話になったdtm driver!さんで「SONY MDR-7506モニターヘッドホンのレビュー!モニターヘッドフォンの新定番!」という記事を見つけた。

これはSONYの定番ヘッドホン「MDR-CD900ST」の別バージョンで海外では定番だという。さっそくいつものようにサウンドハウスで注文しましたよ。

(7/16 追記)さっそく届いた「SONY MDR-7506」を聴いてみる

さっそく届いた「SONY MDR-7506」を使ってみた。どんな音がするんだろう。その前にいいなと思ったのはカールコードだということ、これでケーブルが絡まることがない。さらに折り畳めるのでコンパクトになる。それと耳に当たる感触もいい。

肝心の音はというと、MacBookのMusicで選んだ曲はセリーヌ・ディオンの「MY HEART WILL GO ON」(動画は音質は悪いよ)。まず低音がとても良く聴こえるし、バランスもよく、奥行きというか立体感がある。さすがソニーだなっていう音だ。

このヘッドホンは今回のことがなければ、手に入れることはなかったかもしれないけど、これは苦労してうまくいったご褒美ということかな。(^^♪

さあ、これで無事に難関を突破できたので、これからは音作りと練習に専念していこう。それといろいろあるDAWソフトの中で、ずっと使っているガレージバンドを使いこなせるように徹底的に勉強していきまっせ〜!

P.S. 日傘の効果

毎朝の散歩を続けているんだけど7時頃はもう暑い。そこで日傘を買ってきた。さっそく今日から使ってみると、直接太陽の日差しを受けないことでこんなにも違うんだね。日傘って凄いよねえ!

 

-ギター, DIY,
-,