「帆船模型作り」のち「移動運用」

岡崎公園の藤棚、出遅れた...

Windows 7 のサポートが終わる。だと?

Z fcを持って奥殿陣屋に行ってきた

初めての鉄道ジオラマ作り(その11)

YouTubeで流れるBGMの曲名を知る方法

色えんぴつが揃った

ニュース番組は観ない

焚き火 そして CW移動運用

台風対策

ぼくのiPhone

空白の2週間。。。

帆船模型作りも、いよいよ第4コーナーに!

伊豆に行ってきたよ

定年退職し、半年たって気がついたこと

アクアリウムは「ひとつの生命体」だ

今日から、日本国内を旅することにした。

デンパークで秋を感じてきた

サンタさんからのプレゼント♪

アマチュア無線免許「有効期限切れ」について

「Prusa i3 MK3S」の組立て(1日目)

パラムシル島って知ってるかい?

8年ぶりにフェイスブックを再開した

鉄道模型、2つの問題が解決できた。

no image

初バングラデシュ

モービル運用のシャックが完成

SWRの不思議(訂正あり)

32ビットを64ビットに変えてみた

色鉛筆画は楽しい ♪

IC-705のチューナーを探した

初めての鉄道模型 、面白いぞ〜♪

コロナを飲み干してやる!

ウィンドウズなんか嫌いだ

CoopHLよ ありがとう!

カムバックまでの道のり(アパマンハム)

夏は花火だ

初めてのアクアリウム日記(その5)気になっていること

ギターもいいけど ウクレレもね

ローテータの調整をした

ただ今 アマチュア無線を封印中につき

昭和基地からのQSLカードが届いた!

3Dプリンターの購入候補を変えた

初RTTY交信!

色エンピツ画は楽しいな ♪

自作PCが完成したぞ!

TOKYO 2020 JARL 記念アワードの申請

やっちまったぜ。と笑った。

AX1のSWRを調整する(その3)

無線機たちに もっと愛を!

初めての鉄道ジオラマ作り(その10)

今日はDIYを楽しんだ

トミー・エマニュエルに教えてもらったこと

三河高原キャンプ村で 移動運用 & デイキャンプ

果たしてフェンダーのビビりは治ったのか

最後の最後は 諦めが肝心?

ブログをリニューアルしてみた

複数の無線機・アンテナ・パドルを使うのは何故だ

大いなる何かに導かれている

SAYONARA 8N6OLP!

棚が完成したぞっと!

もうCWの練習は必要ないのかい?

3Dプリンターはこれに決めた!

久しぶりのFT8が楽しかった

帆船模型サプライが届いたぞ

エレガットを衝動買いしてしまった

帆船模型作りは山登りと同じかも

KX2の審査終了

AX1用のキャパシティキャップを作ってみた

新曲の練習をはじめたよ♪

アンテナのメンテナンスをした

今年もくらがり渓谷へ行ってきた。けど。

「新しい楽しみ」のスタート

アマチュア無線再免許、ギリギリ間に合った!

秋のデンパークに行ってきた

ホットサンドメーカーを試してみた

レイアウトが決まった!

我が愛しのメイトン

去年のぼくが教えてくれたこと

移動運用のための小型パソコン

かみさんの実家に行ってきた 涙の一日

KX2 と Win4K3 Suite、そしてノートパソ...

明日のぼくへ

初めての鉄道ジオラマ作り(その16)

定年おじさんの「夏休み自由工作」

no image

新しいMacがやってきた

IC-705とハムログの問題が解決した。

LogBookとJTDXへ引っ越した

新MacBook Proが届いた。

一難去ってまた一難

強制ギブス法だと?

久しぶりのCW交信

今日もアマチュア無線を楽しんだ

Ham Radio Deluxeを使い始めた

KX2とWin4K3Suiteを試してみた

復活したぞ!

インターネットの恩恵に感謝

いよいよ説明書が最後のページに入ったぞ!

サーバー移行奮闘記 その後

さあ、作るぞ〜!

「8N6OLP」局と交信できず

旅行

泊まった宿のことを書いておこう

Dscn2428

京都に行ってきました。

僕は旅が好きで、その土地土地の人達といろんな話をしたり、知らないものを見たり、新しい体験をすると本当にワクワクした気持ちになります。と同時に「あ〜、こんなやり方があるんだ!」という驚きのようなものに出会ってたくさん刺激を受けます。

今回は金閣寺〜龍安寺〜仁和寺〜嵐山〜トロッコ〜竹林〜天龍寺というルートでゆっくり回りました。それぞれの場所では大きな感動をもらいました。やっぱりいいですね。旅は。

で、今回はちょっと今までとは違う宿の体験をしたので、メモ的に書きます。まだできて1年弱という新しい宿でしたが、建物が新しいというだけではなく、働いている人達がみんな若い人達だったこと、そしてシステムが今まで泊まった宿とはまるで違ったのです。

チェックインしてから普通は仲居さんが荷物を持って部屋まで案内します。そしてまずはお茶を淹れつつ、いろんな説明を受け、食事時間の確認を受けるなどがあります。

でもそこは靴は入り口近くのロッカーに入れます。無料で浴衣が選べます。廊下は畳敷き。荷物は自分で運び自分で部屋に向かいます。部屋は和洋室でしたがベットです。ふとんがよければ自分で敷く。つまり全部セルフサービスなんだけど、むしろ気楽でした。

食事は5時半から自分の都合の良い時間に食事処へ行くと、ファミレスのように順番を待ち、席に案内されます。席はそれぞれ小さな個室になっていたり、僕たちのような窓際の庭を眺められる席があります。懐石料理のようなお品書きがあり、上品さを感じました。

で、僕がびっくりしたのは、飲み物は全て無料。ビール、日本酒、焼酎、ウイスキー、ソフトドリンク、お願いするとお代わり自由です。とはいえ、そんなにいっぱいは飲めるものではないけど、嬉しいサービスですね。

その他、大浴場とは別に5つの貸切風呂は予約なし無料で空いていたら自由に使えます。風呂上がりのドリンクやアイスも無料で自由に食べられる。さらには10時半以降に夜泣きそば(ラーメン)、と甘味が無料サービスで、しかもラーメン好きにはたまらないおいしさでした。

これらだけではなく、他にもいろいろあったのですが、そのコンセプトはどこから来てるのだろうと思ったのです。

帰ってから、その会社のことを調べました。ホテルや宿屋、その他いろんな事業をたくさん経営しているのですが、もともと学生寮や社員寮から事業を始めた会社です。ホームページを見ると、…

「下宿屋の進化形としての宿屋づくり」をコンセプトに、お客様の癒しと快適性を追求した空間、御士着せのサービスを控え、お客様が気軽に、気ままに寛いでいただけるおもてなしにこだわっています。上質でも肩の凝らない…それが「下宿屋」が考える“癒しの湯宿”です。

と書かれていました。
あ、なるほどね。たしかに実に気ままでくつろげました。下宿のおばさんが、腹いっぱい食べな、ビールやお酒も好きなだけ飲みな。気楽にゆっくりしな。みたいな暖かさたっぷりの感じです。

Dscn2489

朝は朝で朝食を取ってからコーヒーが飲みたいなあと思ったのです。少し離れた所にセルフサービスですが静かなスペースがあって、お庭を眺めながらゆっくろコーヒーを飲むことができました。さすがに京都の朝はみんな時間に余裕がないのかもしれませんが、殆ど人がいませんでした。

まるでその旅館のレビューを書いているようなものですが、コンセプトというのは今までの延長とかではなく。例えば「下宿屋のような宿屋」というのは本当に的を得ていて、実にわかりやすくて、シンプルながら、凄いと思えるコンセプト。

いや〜!ホント、勉強になりました。京都のいろんな場所に行って感じたことが他にもいっぱいあって、書きたいことがあるんだけど、この宿のことはやっぱりここに残しておこうと思ったので書きました。

-旅行
-