ほんとにそうなの?って思うようにしている

仕事場をさらにリニューアルした

蒲郡でトリ貝と写真の本を買ってきた

愛するFTDX3000よ、長い間ありがとう!

東京オリンピック記念局と交信した

パラムシル島って知ってるかい?

ぼくのシャック(無線室)

新MacBook Proが届いた。

2020年に買った楽しい物たち

ほぼ 復活宣言!

やっぱり模型作りは楽しい♪

ソーラーパネルのテストをしてみた

初めての鉄道ジオラマ作り(その11)

棚が完成したぞっと!

帆船模型作りが楽しくなってきた

アマチュア無線の運用で最も重要ものは何だろう

西浦にボーッとしにでかけた

妄想スケッチ

新学期が始まるようなワクワク気分♪

初めての鉄道模型 、面白いぞ〜♪

1枚目の基板がほぼ完成

ULTIMATE GUITAR というサイト

メイトンをリペアに出した。しばしの別れ。

FT8をYouTubeにアップしてみた

YouTubeで流れるBGMの曲名を知る方法

70歳、まさかの人生初サプライズ体験

鳥羽旅行を楽しんできた

春に飲みたいお酒はやっぱりジントニックだ

no image

Pocket3の拡張アダプターを3Dプリンターで作って...

孫娘たちと楽しく過ごした2日間

SWRの不思議(訂正あり)

Macのデュアル・ディスプレイ化がやっとできた

意思の力による楽観主義

移動運用のテストをしてみた

アクアリウムは理論より実践じゃないかな

AX1のSWRを調整する(その3)

初めての鉄道ジオラマ作り(その12)

初めての鉄道ジオラマ作り(その5)

自分の映像作品を作る Ver.2.0(その2)

アマチュア無線免許「有効期限切れ」について

KX2 と Win4k3Suite(その2)

あなたへチューリップの花束を贈ろう!

DIYでキャスター台を作った

TASCAM X8が、我が家にやってきた♪

3DプリンターでIC-705のスタンドを作ってみた

ジャージー島と初めての交信

KX2でCWSkimmerを試してみた

アウトドアグッズはインドアでも使おう

いつか駅ピアノで……

常設のレコーディングスタジオを作った

フォレストガンプのLesson2に入った♪

新曲の練習を再開した

KX2でこんなに簡単にFT8ができるとは

身近なグリーンライフは楽しいよ♪

モービル運用のテスト

超望遠ズームレンズを手に入れた!

中秋の名月を愛でる

部屋の窓からお花見

モービル運用のシャックが完成

なんとかここまで来たよ

また振り出しに〜♪ いやステップアップなのだ。

DXCC 100 へ リーチ宣言!

いざ次のステップへ

かみさんの実家に行ってきた 涙の一日

ブラックボックス

気楽な行き当たりばったりの旅

CTESTWINでコンテストに参加するぞ

41/50まできたWAS、そしてJTDX絶不調の件

KX2とハムログの連携に成功!

FTDX3000 + SDRPlay + HDSDR ...

スライドショー観てね!

移動運用の準備完了

マーベルのアクアリウム日記(10ヶ月経過)

妄想が始まった…

今日は「プチ部屋の改造」をした

縦振りの電鍵

KX2とJackeryのテストをしてみた

久しぶりのCW交信

リトルスターという名のテント

一旦、立ち止まることにした

この壁を超えろ!

初めての鉄道ジオラマ作り(その14)

コンデジを選ぶのは楽しい♪

アポジーマイクは ぼくを変える

漫画ペン先セットを買った

リニアアンプ 「HARDROCK-50」製作のその後

FT8の環境改善、そしてウクライナ無線局との交信

移動運用のための小型パソコン

AnyRailというレイアウトソフトを使ってみた

初めての鉄道ジオラマ作り(その3)

さあ、アクアリウムライフを楽しもう!

たったの2.5Wで9,554Kmも飛んだ!

メイトン専用 カポ !?

何事も諦めが肝心なのだ

ノートパソコンにFT8のセットアップ完了!

マスターの音が復活した!

いとしのメイトン!

カムバックして5年たった

IC-705のチューナーを探した

蒸気機関車作り 日記・コラム・つぶやき

意思の力による楽観主義

今週の月曜日、悲しい知らせが届いた。それはぼくが大好きだった親戚のおじさんが亡くなってしまった、という知らせだった。

その人の名前は「志村けん」という。もちろん親戚でもなんでもない。でも、知らせを受けたときの大きな喪失感は、まさに「親戚のおじさん」を失ってしまったそのものだった。

ぼくはテレビよりYouTubeを観ることが多い。疲れた時や気分を明るくしたいときは、なぜかいつも志村けんのコントだった。それはいつも面白いことばかり言う親戚のおじさんだったのだ。

あれほど元気だった人がこんなに簡単に死んでしまうのか。しばらくはそのショックでブログを書くこともできなかった。それどころか何もしたくなかった。

そんな気分のときには、何かを楽しもうという気持ちにはとてもなれず、かと言って落ち込んでばかりもいられない。自分でもどうしていいかわからなかった。

そんな時、偶然アマゾンプライムビデオで『ブランカとギター弾き』を観た。いい映画だった。少女ブランカと盲目のギター弾きピーターのお陰で、ずっと内にこもっていた気持ちから救われた気がする。映画がぼくの気持ちを蘇らせてくれた。

それから毎日のように短編映画を観るようになった。
このまちで暮らせば
サクラノマチ
UNIFORM
夏のたからもの
etc.……。

そして、YouTubeを観ていて偶然見つけた歌が『いきものがかりの「YELL」』だった。心に染みた。いい歌だなあ。

すると次に流れてきたのが、『「100日後に死ぬワニ」× いきものがかり「生きる」』だった。「100日後に死ぬワニ」のことは知らなかったので、その漫画を見てみた。

主人公のワニは100日後には死んでしまうけど、本人はそれを知らない。ところがストーリー自体はなんともほのぼのしたいい漫画だ。そして日めくりのように、一日ごとに残りの日が少なくなっている。ついに100日後……。
志村けんさんも同じように、その直前まで笑って生きていた。さぞ無念だろう。

今はコロナウイルスのことで、世界中が辛い思いをしている。どうしても悲観的な気持ちになりがちだ。でも、いつかは元に戻るんだ、終息するんだ。そのために今自分ができることをしよう。やっとそう思えるようになってきた。

「意思の力による楽観主義」、これはかつて大江健三郎さんが言っていた勇気の出る言葉だ。「自分の意思」で楽観的にものごとを考えないといけないということだよね。まさに今こそそういう気持ちで毎日を過ごしていかなければならないと思う。

そう思い始めてから、蒸気機関車作りを再開しようと思えるようになってきた。今こそ流れてくる悲観的な情報に流されないで、「自分の意思」をもって「楽観的」に生きていくことが大切なんだと思う。

そのために、まずは「自分の意思」でニュース番組を観るのをやめることからだ。テレビ局は視聴率を取るために、朝から晩まで一日中悲観的な情報を流し続ける。これは心のウイルスでしかない。もうこれからは「自分の意思」を持って楽観的に生きるための行動をしようじゃないか。そう思わないかい?

 

-蒸気機関車作り, 日記・コラム・つぶやき
-,