アマチュア無線はCW交信こそが原点だ

スライドショー「ジュピター号の製作(その1)」

KX2 と Win4k3Suite(その2)

夏は花火だ

カメラを持ってデンパークへ!

フォレストガンプのLesson2に入った♪

コーヒーを飲みながら読書を楽しむ

パラオと交信できた

星の写真を撮るのが楽しくなった

一難去ってまた一難

おもちゃ屋さんでスイッチが入った

楽譜の編集をしてみた

ぼくのギター講師 トミー先生

その後「春よ、来い」はどうなったのか?

今日はデリンジャー現象の日らしい

no image

初バングラデシュ

自分の映像作品を作る Ver.2.0

こんな近くでも移動運用は楽しめる♪

送料無料化問題

カッコいいぞ!DD51 1000 A寒地 JR北海道色

Bruna Begaliさん ありがとう!

爪を強くしたいのだ

初めての鉄道ジオラマ作り(その9)

Z fc か Z f か、どちらを買うべきか!?

コンデジを選ぶのは楽しい♪

ピアノが教えてくれた「大切なこと」

新曲の練習を再開した

今日からCWで封印を解いた

久しぶりに家族旅行を楽しんできた ♪

VN-4002用のバッテリーを作ろう

「発送しました」メール

移動運用の準備(その2)

「あじさいの里」へ行ってきたよ♪

初めてのアクアリウム日記(その5)気になっていること

「春よ、来い」の練習も始めた♪

買い物は「サクラチェッカー」でチェック

さあ、アクアリウムライフを楽しもう!

久しぶりのQSOだったが……

ブラックボックス

ついにリーチがかかったぞ!

久しぶりのCW交信

no image

無事審査合格!

「インク付きムック本」が発売されたのでござる

ジュピターの製作記 「完」。

先の楽しみがあること。それは幸せだ。希望だ。

久しぶりにアンテナの調整をした

愛する家族、孫たちと過ごしたいものだ

意思の力による楽観主義

帆船模型を作るのだ

移動運用のパドルを見つけた

FT8の環境改善、そしてウクライナ無線局との交信

アルゼンチンと交信

ぼくがブログを書く理由

SWRの不思議(訂正あり)

久しぶりのDX通信

携帯基地局問題

妄想がこうなった。そして……。

レイアウト台が完成した

FT8の交信成立について

タイムコードを使わないで、X8の音声と複数の動画を同期...

初めての鉄道ジオラマ作り(その8)

ギターの復活 ♪

3Dプリンターでケースを作った

去年のぼくが教えてくれたこと

アウトドアライフと避難生活 Vol.2

CWのパドルが11個になった

1日1ミリでもいいから前に進もう

「日々の練習を積み重ねる」ということの意味

乗り遅れるな、と!?

初めての鉄道ジオラマ作り(その16)

焚き火 そして CW移動運用

3年後に〇〇〇を弾けるようになろう

ギターの練習を補助してくれる便利なツール

no image

新しいMacがやってきた

お家で焚き火を楽しもう

ジュピター号よ、前に進め!

KX2でもっと楽しもう!

インターネットの恩恵に感謝

no image

我が家の可愛い花たち

いとしのエレン ♪

レコーディングとミキシングを楽しみたい

初めての鉄道模型 、面白いぞ〜♪

no image

いかんいかん

全国大陶器市に行ってきた(豊田スタジアム)

移動運用のための小型パソコン

奇跡のコーヒー

RS-BA1を使ったリモート化(まず有線から)

メイトンをリペアに出した。しばしの別れ。

1枚目の基板がほぼ完成

おお、もう桜が咲いていた!

QRPトランシーバのバージョンアップ完了!

ついに世界6大陸とQSO!

備えよ常に!

レウアウト画で迷路

Macのデュアル・ディスプレイ化がやっとできた

VSWR計製作キットQPM-01が届いた

ケニアの無線局と交信できた

ジュピターはぼくを元気にしてくれる

もうCWの練習は必要ないのかい?

新MacBook Proが届いた。

蒸気機関車作り

ジュピターを聴こう♪

今日は3週間前に注文していたものがやっと届いた。ナラの無垢板を必要なサイズにカットしてもらったものだ。これを何に使うのかと言うと。

これもすでにそれぞれのショップで購入した「Gゲージのレール」と、鉄道模型ジオラマ用の「クラフトサンド」3種類だ。これらを使ってジュピターのディスプレイをしようと思っている。

まだこれから作るんだけど、こんなふうに飾る予定だ。これを置くための棚もDIYで作ったんだよね。

さてと、ジュピターの製作はまだまだ続く。まずは機関車の裏の部分の配管と後部の炭水車をつなぐ連結棒の取り付け。裏返しにして手で持ったままの作業だったのでとても大変だった。こういう作業はもっと前の工程でやるべきじゃないのかねえ。

さてと、ここからが問題の工程になる。ボイラーの上部に手すりを取り付けるんだけど、どうみてもこれは設計ミスだと思う。付属の部品を使ってもこの位置には取り付けられない。

そこでやむなく。パーツを削って位置合わせをすることになった。全部で8カ所、これはとても大変な作業だった。ニッパーとルーターを使って一つずつ作り直していった。

一つ作っては位置合わせをして確認する。ここは手抜きができないので、時間をかけて作業をして行こう。

そして、ぼくは図面だけでなく、必ず本物のジュピターの動画を観ながら、できるだけ忠実に再現したいと思っている。

位置決めをしたら、このルーターの出番だ。穴開けは今まで手作業でやっていたけど、ルーターにドリルの刃を取り付けることで、僅か1〜2秒で穴が開いてしまう。これは楽だねえ。

というわけで、なんとかここまで終わった。いよいよ蒸気機関車らしくなってきたよね。後は煙突の取付けが終われば一区切りとなり、残すは後部炭水車の組立てということになる。あと半月もすればいよいよ完成かなあ。

このジュピターを作り始めたのが、去年の12月27日だからもう5ヶ月にもなる。今回の模型作りは「できるだけ、のんびりゆっくり、楽しみながら作ろう」と決めていたのが良かった。

完成させることが目的ではなく、一つ一つの工程を楽しみながら、そして機関車の構造や動く原理のことも勉強できた。さあ、もうあとは残り少ないけど、楽しみながら作って行こうぜ!

でも、正直に言うとね。もう早く終わらせてしまいたいのだよ。なぜなら、この作業に取りかかると、他のことに気持ちが向かなくなってしまうのだ。一つのことに夢中になりすぎてしまうB型人間だからだね。

ギターの新曲もじっくり練習したいし、アマチュア無線もゆっくり時間をかけて楽しみたい。読書や映画だってのんびり楽しみたい。だけどぼくは不器用なので、同時にいくつかのことに集中できないんだね。しかたがないね。

そうだ、ここらでジュピターを聴いてみよう。

Every day I listen to my heart
ひとりじゃない
深い胸の奥で つながってる

とてもいい歌だなあ。感動するなあ。

 

-蒸気機関車作り
-,