鉄道模型

初めての鉄道ジオラマ作り(その10)

前回の「初めての鉄道ジオラマ作り(その9)」で土手の部分とトンネル部分にパウダーを接着させ、次はトンネルの入り口の部分(ポータル)を作っていく予定だった。

ところがずっとジオラマ作りばかりの毎日だったので、他のことを楽しむ時間がなくなってしまっていた。ここらで立ち止まって少しお休みをすることにしよう。

こうやって張り紙をしておかないと、ついつい作業をしてしまうだろう。その通りだ!

お休みすることにしたお陰で、この時間にアマチュア無線を楽しむようになり、DXで毎日5〜6局交信することできたし、久しぶりにチリの局とも交信できた。

それにギターの練習にも打ち込むことができたし、のんびり本を読んだり、パンを焼くこともできた。こういう時間こそが心の余裕を生むのだろう。

……と言ってもね、ぼくのことだから決めたことを必ず守るってことはない。笑

正確に言うと、ここはどうしようかなと考えてみたり、30分ほどちょっと何かを作ったり、小さな作業は毎日やっていた。やらずにはいられないからだね。

例えば、トンネルの入り口の部分の壁を黒く塗ったりとか。

レンガのテクスチャをダウンロードして編集したりとか。

プリントアウトしたものをボール紙に貼り付けたりとか。

よりリアルに見えるように縁取りをしたり、色を加えたりとか。

トンネルの入り口に貼り付けてみたりとか。

紙ねんどで隙間部分を埋めてみたりとか。

紙ねんどの部分にグリーンで下塗りしてみたりとか。

パウダーを接着してみたりとか。

レールの横の部分にバラストをまいて接着してみたりとか。

まあ、いろんなことを毎日やっていたわけで、気がついたら今日は土手の部分とトンネル部分が完成していたのである。(まだ草むらや樹木等の仕上げは残っている)

というわけで、こんなふうに一日30分とか1時間ほどの短い時間でも、毎日続けることで、他のことを楽しみながらも前に進んでいけることがわかった。これでいい。

さて次は池の部分の工事に進むとしよう。まだまだ先は長いぞ〜。

P.S.
今日はかみさんが大好きな「トリ貝」を買ってきてくれて感激〜!ここ数年不漁続きで今年もかと思っていた。 毎日でも食べたい「トリ貝」好きなおじさんである。

 

閲覧の多い記事( 過去2ヶ月間のTOP5 )

-鉄道模型
-