初RTTY交信!

初めての鉄道ジオラマ作り(その9)

KX2 + Win4k3 + SDRPlay + CW...

自分の「映像作品」を作るということ

レウアウト画で迷路

KX2で やりたいこと

3Dプリンターの購入候補を変えた

カーマインレッドにしよう

今日はサモアと交信できた!

たった2WのCW移動運用で新潟市と交信できた

携帯基地局問題

帆船模型作りは楽しい!

FT4の初体験

いよいよ、マストとヤード作りだ。

南極昭和基地 8J1RL と交信できた!

帆船模型を作るのだ

写真を楽しめ!そして今を生ききれ!

星の写真を撮るのが楽しくなった

原因不明の暴走 ???

今日はのんびりいこう!

久しぶりにCWのQSOを楽しんだ♪

我が家にフェンダーがやってきた

Z fc か Z f か、どちらを買うべきか!?

九州の旅に行ってきたよ

伊豆に行ってきたよ

レイアウトが決まった!

Zショーティー・ジオラマ作り(5日目)

Zショーティー・ジオラマ作り(7日目〜完成)

トロンボーン?

愛するギターの旅立ち

買い物は「サクラチェッカー」でチェック

KX2の審査終了

パラレルモードの一日

初めての鉄道ジオラマ作り(その8)

蒲郡クラッシックホテルの「つつじまつり」

岡崎の駅ピアノには、ぼくの求めるものはなかった

国境

「弾ける」と「聴ける」の違い

初めての鉄道ジオラマ作り(その17)

あれこれ気が散る休日の午後

メイトン専用 カポ !?

未だ、ぼくの春は到来せず

KX2でFT8を試してみた

「フリードプラス無線室」の改良版

ギターを弾くのに爪はいるの!?

8年ぶりにフェイスブックを再開した

KX2 ~ Win4K3 ついにできた!

移動運用の準備完了

プチアウトドア気分♪

レコーディングとミキシングを楽しみたい

お気に入りのピアノ音源を探す旅

アウトドアライフと避難生活

FT8は釣りに似てるなあ

台風対策

楽しい工作

「Prusa i3 MK3S」の組立て(ついに完成!4...

スライドショー「ジュピター号の製作(その1)」

広大なDAWの世界を旅する、定年おじさん

no image

イスラエルの局と交信

大切なのは失敗を楽しめるかどうかだ

久しぶりにのんびり過ごした休日の午後

SWRの不思議(訂正あり)

iPhoneでちょっとだけ曲作り♪

I am Begali Keys Friend !

少しの時間でもジュピター号作り

CWの送信練習を始めた

暮らしの中にCWを

ぼくが求めているギターの音色の追求

久しぶりのDX通信

IC-705をフリード+の車内に常設化してみた

レイアウト台が完成した

ぼくはあまりにも疲れるとピアノが弾きたくなる

ウクレレを楽しもう♪

幸せな生活のための貴重なレッスン

京都へお礼参りに行ってきた

ついにリーチがかかったぞ!

いよいよ説明書が最後のページに入ったぞ!

JTAlertXのメッセージ機能を見つけた

ぼくがブログを書く理由

待ちに待ったメイトン嬢がやってきた!

今日の1枚

のんびりすごそう

FT-817 復活作戦・腰は痛いが実験もしたい

初心に帰ろう

ジュピターの製作記 「完」。

移動運用のテストをしてみた

CWの練習をした

渚のアデリーヌの練習を始めたのだが・・・

愛するFTDX3000よ、長い間ありがとう!

べガリキーが欲しいのだ!

QSLカードが届いた

70歳、まさかの人生初サプライズ体験

no image

ウルグアイまで飛んでいる♪

アナライザーを改造してみた

FT8の環境改善、そしてウクライナ無線局との交信

no image

初バングラデシュ

やっと免許状が届いたゼイ

第一日目、こりゃ難関じゃ。

VN-4002の収納ケース

お空のコンディションが上がってきた♪

カメラ

さあHDR写真を始めよう!

今日は以前からやってみたいと思っていた「Photomatix Pro」を使ってHDR写真を試してみることにした。

HDRとはHigh Dynamic Range(ハイ・ダイナミック・レンジ)の略。人間の視覚は広いダイナミックレンジに対応しているので、意識しなくても影の中の細部と最も明るい部分の細部を同時に見ることができるよね。

でもカメラはそれができない。そこでカメラの明るさを変えて3枚撮り、それぞれの情報を合成すると、明るい部分と暗い部分を含めた合成写真ができるんだね。

このソフトを使うためにカメラのAEブラケティング機能を使って、露出値(AE)を変えながら3枚撮影する。そして設補正ステップは標準±0と+2と-2にした。

この状態で窓から外の写真を撮ってみよう。望遠で近くにある建設中のマンションを中心にして撮影してみた。シャッターを連続して3回押すと、設定した露出値に変えて撮ることができる。まずは標準の露出で1枚。

続いてシャッターを押すと露出が-2になり2枚目が撮れる。

さらにシャッターを押すと3枚目で露出が+2になる。はい、これでオッケー。

これを「Photomatix Pro」でHDR合成するとこんなふうになる。少し強調させているので、より印象的な写真になった。

このソフトでは41種類のプリセットされたスタイルの中から選ぶことができる。さらに細かく設定値を変えることで変化を付けることができる。これはとても面白いなあ。

こんなふうに印象的なモノクロ写真も作ることができる。

そう言えばと思い出したので探してみた。どうやら今から13年前にもこんなHDR合成写真をやっていたらしい。ここは会社の工房の写真で、ちょっと薄汚れた感じの絵画風にしているのが面白いよね。

そして、これはぼくの部屋の写真で、HDR合成しないとこんなふうに、暗い部分も明るい部分も再現されないごく平凡な写真になる。

ところがHDR合成するとこんな写真になって、同じ部屋なのにこんなにも印象が違ってみえる。これがHDRの素晴らしさだというのがよくわかるよね。

そしてこれは「Pinterest」のHDRの例だけど、こんなふうにHDR写真は被写体によって、そして合成方法によっていろんな面白い写真にすることができる。

こういう世界を知ると、また写真の趣味も幅が広がって、たまらなく面白い世界になるなあ。今年やりたいなと思うことがまた一つ増えたぞっと。

 

-カメラ
-