「8N6OLP」局と交信できず

南極昭和基地 8J1RL と交信できた!

ギターヘッドにスマホ(続々編)

棚が完成したぞっと!

我が家に素敵なランタンがやってきた

VN-4002の収納ケース

no image

ウルグアイまで飛んでいる♪

移動運用のための小型パソコン

18MHz帯のFT8が面白い!

CWSkimmerよ。なんでだい?

届いた2つのアワードを飾ってみた

KX2でこんなに簡単にFT8ができるとは

カムバックまでの道のり(アパマンハム)

JR岡崎駅にストリートピアノが設置された

台風7号が接近中のためアンテナを撤去

AX1のSWRを調整する(その3)

FTDX10の操作がイマイチなのでHam Radio ...

ついにリーチがかかったぞ!

今日から、日本国内を旅することにした。

no image

遊ばれてしまった(-_-;)

ジュピター号よ、前に進め!

岡崎の駅ピアノには、ぼくの求めるものはなかった

去年のぼくが教えてくれたこと

ULTIMATE GUITAR というサイト

「Prusa i3 MK3S」の組立て(ついに完成!4...

シャック用のテーブルが完成

おじさん 迷路から出られるのか

Ham Radio Deluxeを使い始めた

「 物買って来る 自分買って来る 」

AX1のSWRを調整する(その2)

アウトドアグッズはインドアでも使おう

ブラックボックス

初めての鉄道ジオラマ作り(その5)

空白の2週間。。。

ギターの練習を補助してくれる便利なツール

レウアウト画で迷路

いつか駅ピアノで……

C23を探せ!

自分の映像作品を作る Ver.2.0(その4)

カムバックして5年たった

アマチュア無線免許「有効期限切れ」について

久しぶりにCWのQSOを楽しんだ♪

今日もKX2と過ごした一日

no image

南側のアンテナからJT65をトライしてみた

リトルスターという名のテント

定年おじさんの「夏休み自由工作」

蒸気機関車を作るのだ

模型作りは楽しいのかい?

初めてのアクアリウム日記(その5)気になっていること

no image

スピードラーニングのようにはいかない

三河高原キャンプ村で 移動運用 & デイキャンプ

今年中にやっておきたかったこと

部屋の改造をしてみた

今日はDIYを楽しんだ

no image

我が家の可愛い花たち

久しぶりに電波を出してみた。

グルーブ感こそ全てだ

コンパクトチェアとKX2、トホホな移動運用 (-_-;...

no image

CW練習、1ヶ月がたったよ

FTDX3000 + SDRPlay + HDSDR ...

no image

Facebookで初めて良かったなと思った

アクアリウムに「我慢」の大切さを教えてもらった

爪が割れてしまった(T_T)

アウトドアライフと避難生活

no image

拝啓、エマニュエルさま

定年退職し、半年たって気がついたこと

CPUファンを交換してみた

ピアノが教えてくれた「大切なこと」

The Man With The Green Thum...

KX2のスタンドを3Dプリンターで作ってみた

no image

今日もJT65を楽しんだ

KX2でFT8を試してみた

おもちゃ屋さんでスイッチが入った

CWを再開したぞ〜!

no image

偶然の出会い

帆船模型作りは山登りと同じかも

ローテータの調整をした

初めての鉄道ジオラマ作り(その1)

KX2用のコンパクトアンテナ「AX1」

タブ譜をちょっと変えてみた

FT8をYouTubeにアップしてみた

ぼくのギター講師 トミー先生

初RTTY交信!

ジュピター号の製作開始

蒲郡クラッシックホテルの「つつじまつり」

久しぶりにヨーロッパとCW交信

no image

初バングラデシュ

まだ未開拓のKX2

ALL JA コンテストがとても楽しかった

トミー・エマニュエルに教えてもらったこと

DXCC 100 へ リーチ宣言!

KX2 と Win4K3 Suite、そしてノートパソ...

いつも心に “メメント・モリ”

no image

自宅内移動運用だと?

趣味って楽しいの?

未だ、ぼくの春は到来せず

ふるさとの豊田市に行ってきた

なんとか ここまで来られたよ♪

写真のある暮らし

わが「物作り人生」

アマチュア無線

CW Skimmerを使ってわかったこと

今日は少し早く帰宅できたのでCW Skimmerを使ってワッチする。21MHzから下がってくるが、どのバンドもあまり聞こえてこない。

ちなみにぼくが持っている免許ではUVHFは除いて、上から50MHZ、28MHZ、24MHZ、21MHZ、18MHZ、10MHZ、7MHZ、3.5MHZの8バンドがある。それぞれの伝搬状況によって使い分けるのだ。とりあえずの情報をDXSCAPEを見て、だいたいの様子を知ることから始まる。

アンテナはアメリカ製のリトルターヒルで、いわゆる車載用のアンテナだ。7〜50MHz用(上)と3.5〜50MHz用(下)の2本を持っている。ぼくはアパマンハムなのでこういうのしか使えない。

このアンテナにはコイルが入っていて、このコイルの位置をモーターで動かし、同調をとっていろんなバンドで使えるようにするという優れもの。2本のコイルの太さが違うのは、太い方は7〜50MHz用でCWの100W出力にも耐えるものだ。このリトルターヒルというアンテナがなかったら、こんなに楽しめることはなかっただろうなと思う。

横道にそれた。
7MHzまで下がるとCW SkimmerでW5/MM0LIDという無線局が見えた。アメリカのテキサス州から出ているスコットランドの無線局スコットさんだ。仕事で2週間ほどヒューストンに来ているとQRZ.comに書かれていた。

すでにパイルアップになっているので、ダメ元でコールする。何度も呼ぶが日本の局がもの凄い数でコールしている。こりゃ無理だわ。……そろそろ諦めかけたとき。

JA? と打ってきた!? JAだと? すかさずJA2WIGとコールする。
JA2? だと!? もう一度JA2WIGとコール。
するとJA2WIT 5NNと打ってきた。ちがうちがう。JA2WIGだよ。
そしてJA2WIG 5NN 73 TUと送ってきた。やりました(^^)!
この場所からローバンドでアメリカのテキサス州まで届くことはないので、記念すべき交信となった。CW Skimmerのお陰だなと感謝する。

最近になってCW Skimmerを使い始めたのだけど、あー、そういうことか、と思うことがあった。というかこれがこのソフトの威力だとわかった。

それはCWでのパイルアップの時のことだ。パイルアップというのは、ある無線局がCQを出したときに、一斉に多くの局がコールすることだ。今日みたいにね。

通常はある一つの周波数で交互に信号を送るのだけど、あまりにも多くの無線局から呼ばれると、CQを出した局は「1UP」とコールサインの後に打つ。これは送信する時は1KHz上の周波数でお願いします、という意味だ。こうすることで、2つの周波数でスプリット運用となるわけだ。でもたまに「UP」としか打たない局がある。

昨日の夜は14MHzで3W9FU/P、ベトナムへ移動している局がCQを出していた。
14.020でCQを出している。1UPなら今までは14.021くらいでコールしていた。でも今回は「UP」としか打っていない。

CW Skimmerの凄いのは、瞬時にリアルタイムで他の局のコールのようすが目で見えるのだ。この写真のように、実際は14.021〜14.023KHzとかなりの幅で多くの局がコールしているのがわかる。というかCW Skimmerがなかったら、わからなかっただろう。

な〜るほどね、と思った。
しかも、どの周波数でコールしている無線局と交信したのかもわかるので、うまくすると同じ周波数に合わせてコールすると交信できる確率が高まるわけだ。あるいは隙間を狙ってコールするとかだよね。

ベトナムはもちろんぼくは交信していないし、とても珍しいので、もの凄い数の局が呼んでいる。とくに日本からは距離的に近いこともあって、多くの局が呼んでいる。ぼくもコールしていたけど、ついに「JA QRX(日本の局はちょっと待ってくれ!)」と打っている。それでも止まないのか「NO JA(日本の局はやめてくれ!)」としている。(笑)
残念だが仕方がないよね。あきらめよう。

ぼくは今まで交信したログは自分のパソコンだけではなく、HRDLOGやQRZ.com、そしてARRL's logbook、eQSLにも同時にアップしている。例えばQRZ.comのLogbookを見ると、こんなふうに掲載される。

今まで交信した無線局の数は370で77の国や地域と交信したことがわかる。そして64の局がお互いに交信したことをコンファーム(確認)している、ということもわかる。

370という交信数はとても少ない。カムバックしてから3年でこの数だからね。ぼくはどちらかというと、多くの局と交信するのが目的ではないので、のんびりやっているからだ。でも毎日のようにワッチをして、これはと思う局が見つかるとコールする。それがぼくのやり方だ。

それでもいつの間にか77の国と交信したんだなあ。
部屋の壁に貼ってある世界地図の赤丸のシールが少しずつ増えて行く、それがぼくの楽しみの一つなんだよね。

アマチュア無線は本当に楽しい。いろんな勉強もする。そして新しいことにチャレンジしたくなるというのが、この趣味の奥の深さじゃないだろうか。一生の趣味として続けていけるものがあるって、ホントにいいなと思う。

-アマチュア無線
-,