WASあと2州、そして今日はOne Day AJDに挑...

フォレストガンプのLesson2に入った♪

もうCWの練習は必要ないのかい?

渚のアデリーヌの練習を始めたのだが・・・

部屋の改造をしてみた

おじさん 迷路から出られるのか

ぼくのMacBook ProにWin10が載った

漫画ペン先セットを買った

ぼくがブログを書く理由

no image

ウルグアイまで飛んでいる♪

初めての鉄道ジオラマ作り(その3)

JTDX + JT-Get's で Rig Contr...

久しぶりに電波を出してみた。

爪を強くしたいのだ

三ヶ根山からの移動運用

送料無料化問題

人生は小さなきっかけで、新しいことが始まる

こんな近くでも移動運用は楽しめる♪

「新しい楽しみ」のスタート

初めての鉄道ジオラマ作り(その17)

シャックのリニューアルで快適だ♪

Pocket3の拡張アダプターを3Dプリンターで作って...

良い「気」がいっぱい 流れてきた

おお〜フェンダー姫よ

ジュピター号の開封!

蒲郡でトリ貝と写真の本を買ってきた

定年退職し、半年たって気がついたこと

今日はのんびりいこう!

ほんとにそうなの?って思うようにしている

「ホントにいいのか!?」と自分に問え!

ぼくが持っている9個のCWパドルの話

初めての鉄道ジオラマ作り(その20)

「帆船模型作り」のち「移動運用」

さあ、水彩スケッチを始めよう

ALL JA コンテストがとても楽しかった

no image

イスラエルの局と交信

人生は「Windy & Warm」

フリード・プラス 改造計画

iPad Proがやってきた

今年最後?の移動運用を楽しんだ

デンパークにカメラを持って出かけてきた

新しいMacBook Proがやってきた

アマチュア無線免許「有効期限切れ」について

ジュピターを聴こう♪

FT-817の復活作戦・3Dプリンターでスタンドを作っ...

写真を楽しめ!そして今を生ききれ!

第二章へ

梅の花見に行ってきたよ♪

no image

初めてのアクアリウム日記(その4)水質検査

帆船模型を作るのだ

ジュピター号の製作開始

VN-4002用のバッテリーを作ろう

ギターヘッドにスマホ(続編)

アマチュア無線の運用で最も重要ものは何だろう

KX2でこんなに簡単にFT8ができるとは

アナライザーを改造してみた

「他人を疑う前に自分を疑え」という教訓

「セウタ」ってどこ?

AX1というアンテナの実験には終わりがない

no image

金沢は桜が満開でした

初めての鉄道ジオラマ作り(その11)

IC-705をフリード+の車内に常設化してみた

アクアリウムは「ひとつの生命体」だ

VN-4002に内蔵スピーカーを入れてみた

考えるよりやってみろ

いとしのエレン ♪

70歳、まさかの人生初サプライズ体験

1年後のぼくへ

レウアウト画で迷路

猛暑に耐える、えだまめ君

色えんぴつが揃った

アコギ 新曲の練習を開始〜♪

お帰り〜!マスターくん

テレサ・テンを聴きながら考えたら答えが見えた

もっと良質なサウンドを作りたい!

カーマインレッドにしよう

メイトンをリペアに出した。しばしの別れ。

今年もくらがり渓谷へ行ってきた。けど。

愛するギターの旅立ち

今度こそギターの復活かな

CWのQRP運用を楽しむ

まだまだ未熟者につき 精進してまいります

DXCC 100 へ リーチ宣言!

帆船模型作りが楽しくなってきた

久しぶりにヨーロッパとCW交信

Zショーティー・ジオラマ作り(5日目)

3Dプリンターはこれに決めた!

「練習する」ことの意味

弦高の調整を自分でやってみた

新しい時間割で過ごした一日

趣味って楽しいの?

今日はサモアと交信できた!

2mと430 そして ハートマト

いざ次のステップへ

今年の目標はWASアワードなのだ

CWの練習をした

サンタさんからのプレゼント♪

Bruna Begaliさん ありがとう!

「おやじキャンプ飯」が面白い

鉄道模型 3Dプリンター

いよいよ3Dプリンターの組み立て開始!

3Dプリンターの購入候補を変えた」で書いたけど、最終的に購入した3Dプリンターは「Prusa i3 MK3S」だ。さっそくアマゾンで購入し今週の月曜日には届いた。

届いてはいるのだけど、さすがにこれだけ本格的なものを組み立てるには、気持ちと時間の余裕が欲しいので、週末まで待つことにした。

都合がいいことに、先日組立てが完了したばかりの、レイアウトボード用の広いテーブルがあるので、ここで組み立てることにした。

箱を開けるとこれだけたくさんのものが入っていた。それぞれの箱を開けるともっとたくさんのパーツが入っているけど、今日は開けないでおこう。

3Dプリンターの多くは完成品で販売されているけど、プルサはあえて自分で組み立てるキットにした。これはとても良いアイディアだと思う。

単にコストのことだけじゃなく、自分で組み立てることで、この3Dプリンターの構造や仕組みを理解することができる。これによってあとあと役に立つことが多いのだ。

まず最初に目に入ったのがこのメッセージだった。「新しい ORIGINAL PRUSA プリンターのご入手、おめでとうございます!」いいね。

ここにはそれぞれの案内が詳しく書かれていて、これから何をしていけばいいのかがわかりやすく説明されている。いわゆる道案内だね。

キットには2冊の冊子が入っていた。1つ目は「3Dプリント ハンドブック」でこのプリンターの使い方についてのヒントがたくさん書かれていた。

そして、こちらが組立てガイドだ。A4で厚さが1.5cmくらいある。しかも日本語だ。

中を見ると、写真入りでとても丁寧でわかりやすい説明が書かれていた。注意するポイントもわかりやすい。

これと同じ物がホームページにもある。実際に作るときはノートパソコンを見ながらの方がいいかもしれない。とにかく親切だなと思う。

そして、おまけが入っていた。ハリボのグミだ。

そういえば、以前買ったドイツ製の可愛いキーにもグミが付いていた。こういう遊び心がいいなと思う。

しかもその遊び心はハンパじゃないよ。組立てガイドの各章ごとに、グミを食べる量も書かれている。じゃあ、ちゃんとこの通りにしないとね。笑

さらに「グミについて」のことがいろいろ詳しく説明されていて、笑える。

この説明書きの最後の方には
「今は Haribo を目につかない場所へ隠しておいてください! 私たちの経験上、放置されているお菓子は、突然消えてしまうことが多いようです。この現象については、現在調査研究中です」

と書いてある。調査研究中ですと。笑

さて、組立てが終わったら、実際に使うことになるけどそう簡単ではない。まずはPrusaが提供するスライスソフトの勉強が必要なので「Prusa Slicerの教科書」で勉強を始めた。

スライサーソフトというのは「3Dデータを3Dプリンター用のデータに変換するソフト」のことで、これが使えないと話にならない。

3Dプリンターができあがったら最初にやりたいのは、VN-4002という自作トランシーバのケースを作ることだ。JL1VNQさんが「各プロダクト用ケース3Dデータ公開」で公開しているデータで作ろうと思っている。

というわけで、いろいろやることは多いけど、とりあえずはキットの組立てを明日から始めることにしよう。急がず楽しみながら……。

 

-鉄道模型, 3Dプリンター
-