ベンチャーズの練習を始めた

妄想スケッチ

ジュピター号の開封!

移動運用のパドルを見つけた

アマチュア無線はCW交信こそが原点だ

8年ぶりにフェイスブックを再開した

レイアウトが決まった!

もうCWの練習は必要ないのかい?

これを「プラトー現象」と言う、らしい

ジュピター号よ、前に進め!

おもちゃ屋さんでスイッチが入った

鳥羽旅行を楽しんできた

プチ移動運用

IC-705のチューナーを探した

アウトドア雑誌「ガルヴィ」が届いた

届いた2つのアワードを飾ってみた

JTDX + JT-Get's で Rig Contr...

Zショーティー・ジオラマ作り(4日目)

FT-817 復活作戦・腰は痛いが実験もしたい

キャンプに行きたいのだ

超望遠ズームレンズを手に入れた!

「新しい楽しみ」のスタート

今日から3つのクラブができました

また部屋の改造をしたくなってきた

no image

ウルグアイまで飛んでいる♪

「ホントにいいのか!?」と自分に問え!

初めての鉄道ジオラマ作り(その15)

無線機たちに もっと愛を!

今日の1枚

移動運用でFT8もやってみるかい?

午前はHam、午後はNetflixで過ごした休日

定年おじさんの「夏休み自由工作」

今年もくらがり渓谷へ行ってきた。けど。

KX2が届いた

モービル運用のシャックが完成

棚が完成したぞっと!

ベガリ社に発注完了!

KX2にヒートシンクパネルが付いた

第一日目、こりゃ難関じゃ。

no image

実験終了〜♪

乾杯しよう!

メイトンをリペアに出した。しばしの別れ。

ギターヘッドにスマホ(続編)

TOKYO 2020 JARL 記念アワードの申請

梅の花見に行ってきたよ♪

IC-705とCtestwinを連動させた

FT8の環境改善、そしてウクライナ無線局との交信

ジュピターの製作を再開した

アウトドアグッズはインドアでも使おう

アクアリウムにクーラー設置、そしてギターの新曲に出会え...

CoopHLよ ありがとう!

4月8日は「アクアリウム記念日」

CWの壁を越えろ!

初めてのアクアリウム日記(その6)エビちゃん登場!

「部屋の改造」第二弾が完了した

no image

いかんいかん

CQ誌とHAMworldで来年の楽しみは見つかるのか

ついにリーチがかかったぞ!

常設のレコーディングスタジオを作った

移動運用のベースキャンプをみつけた

QRPステーションが楽しい

FT-817 復活作戦・なぜかDCプラグが使えない問題

ついに「8N6OLP」局との交信成立!

初めての鉄道ジオラマ作り(その12)

空白の2週間。。。

妄想がこうなった。そして……。

我が家に素敵なランタンがやってきた

コンパクトチェアとKX2、トホホな移動運用 (-_-;...

今年のキャンプ&移動運用は諦めた

Macのデュアル・ディスプレイ化がやっとできた

待ちに待ったメイトン嬢がやってきた!

no image

偶然の出会い

CWの送信練習を始めた

タブ譜をちょっと変えてみた

ぼくの相棒がやってきた

FTDX3000 + SDRPlay + HDSDR ...

やっちまったぜ。と笑った。

今日は「プチ部屋の改造」をした

君たちはどう生きるか

あなたへチューリップの花束を贈ろう!

Z fcを持って奥殿陣屋に行ってきた

移動運用のための小型パソコン

ギターを弾くのをやめてしまったあなたへ

no image

「楽しむ」ということ

KX2 + MFJ-1708B SDR  + SDRP...

なんとか ここまで来られたよ♪

ULTIMATE GUITAR というサイト

カーマインレッドにしよう

3台の小型トランシーバの比較をしてみた

模型作りは楽しいのかい?

アクアリウムのために部屋のリニューアルをした

新学期が始まるようなワクワク気分♪

いま、幸せかい?

「人生でかかせないもの」

さあマンガを描こう!

奥殿陣屋に行ってきた

久しぶりの移動運用を楽しんだ♪

タイムコードを使わないで、X8の音声と複数の動画を同期...

我が家にフェンダーがやってきた

AX1というアンテナの実験には終わりがない

帆船模型

考えるよりやってみろ

飽きてきた?

帆船模型作りを始めてどれくらいたっただろうか。
調べてみたら初日は6月1日なので、だいたい3ヶ月と3週間らしい。最初はそれなりに苦労したものの楽しかった。

「楽しかった。」ということは今は楽しくないのか?
今は一回目の板張り(白い部分)を終えて、ウォールナットで二回目の板張りをやっているのだが、正直言って同じことの繰り返しなので、相当飽きてきた。

※ ただし、帆船模型はプラモデルを作るのとは全然違う。まずは1本の材料の船首側をテーパー状に幅切りし、先端の接着部に合わせてに厚みを薄くし、さらに斜めになるようにヤスリで仕上げる。カーブの部分は隣の板にピッタリするように端面を斜めに削り、ヤスリ掛けする。そして、船体の局面になる部分を水に浸け湿らせて、アイロンの熱で船体に合わせたカーブに曲げる。

そして、船体にはわせて長さを合わせ、数ミリ長くカットする。船尾側も同様にテーパー状に幅切りする。アイロンで船体の船尾部のカーブに合わせて曲げる。長さを正確に合わせカットする。そして、ボンドを万遍なく塗って接着し、画鋲を使って数カ所固定する。場所によっては瞬間接着剤で固定する。

と、これだけの作業で軽く20~30分かかるのだ。1本でだよ。そして当然だが、乾燥するまでは次の作業にかかれない)

人間は同じことをやり続けるというのが苦手だ。本当は大切なことなのだけど、飽きてくるとサボりたくなるものだ。

さらに、2週間前に何を思ったのか、アイロンを持ち変えるときに、熱い金属の部分を素手で握ってしまったのだ。Oh〜!No〜!全くなんということだ。右手の薬指と小指に火傷を負ってしまった。いまだ完治していない。だからしばらくは作業をする気にもなれなかった。

いい勉強になった

2週間たって、それでもこのままではいかんなと、作業を始めた。この2日で左右それぞれ5枚張り終えた。でもさすがに、やっぱり飽きてきた。

それなら、次の作業を少しだけやってみることにしよう。
以前次の作業のことでこう書いた。

「平端ペンチ1本を使って、デッキ位置より上のブルワーク(舷牆)タブ全てを慎重にねじり、抜き取ってください」と書いてある。

何て言ってるのか分かる? 少なくとも、ぼくには全く理解できない。調べてみると、舷牆(げんしょうと読むらしい)は防波壁でデッキの横の壁の部分だ。ここにある出っ張りの部分がタブ。

これをペンチでねじって抜き取れだとー!? (@_@)
まったく理解不能。どうしろというのだ。

つまり、この赤い部分をペンチで抜き取ると書いてあるのだが、これが理解できないという話だった。

だから、ぼくはルーターの先に回転ノコを取り付けて、この部分を切り落とそうと思ったのだ。しかし、いざやってみると、それはそれで難しい作業だし、結局は根本の部分が残ってしまうことがわかった。

それなら、説明書に書いてある「引っこ抜く」というのを実際に試してみればわかる、そう思ってペンチで掴んでひねるというよりは、倒してみた。

すると、もっとぐちゃぐちゃになって取り返しがつかないことになると思ったのだが、意外にもそうではなかった……。あれ!? あれ、あれ!?

ははは、すんません。
これでいいんですね。笑

残った部分を彫刻刀とベーパーで仕上げるとこんなふうに綺麗になった。やってみるとそんなに大変なことではないこともわかる。

いい勉強になった。
何事も頭で考えるだけじゃなく、まずはやってみて、それで次にどうするかを考えるということだよね。やりもしないで、結論を出すなということだよね。ま、こういうふうに思うことは今までに何度もあったんだけど、再確認できたな。

帆船模型作りを始めてみて、いろんなことを勉強した。
いろんな道具の使い方、帆船模型がどういう工程を経てできていくのか、そして極簡単な図面や説明書から読み取る思考力。さらには失敗して初めてわかる貴重な体験。さあ、この先に何が起こるのだろう。ホント面白いね。

あのクリント・イーストウッド(87)が言っていた。「人生は一生勉強だ。勉強しなくなったら人生はおしまいだ」と……。たしかにそう思う。

しかしだ、この「飽きてきた作業」はまだ終わりそうもないなぁ。。。。

というわけで、今日は2週間遅れの誕生日祝いをいただいたので、乾杯ということにしよう!(なんだか、よくわからんが)

九平次と醴泉。ぼくが大好きな酒だ。

外は台風18号が吹き荒れている。もの凄い暴風雨なのでこのマンションも揺れるほどだ。よしそれなら、大好きな「 MELLOW PIANO JAZZ 」のボリュームを思いっきり上げ、このまま旨い酒を呑み続けて、酔っちまうことにするかな。

-帆船模型
-, , ,