広大なDAWの世界を旅する、定年おじさん

CPUファンを交換してみた

仕事場をさらにリニューアルした

さあ、作るぞ〜!

QRPステーションが楽しい

岡崎公園の藤棚、出遅れた...

SWRの不思議(訂正あり)

4月8日は「アクアリウム記念日」

VSWR計製作キットQPM-01が届いた

「ギター練習の再開!」そのきっかけ

強制ギブス法だと?

マーベルのアクアリウム日記(10ヶ月経過)

ブラインドタッチ奏法について

孫娘たちと楽しく過ごした2日間

あの曲の名前がわからないのだ

いざ次のステップへ

帆船模型を作るのだ

人生は「Windy & Warm」

Ham Radio Deluxeを使い始めた

グルーブ感こそ全てだ

DXCC 100達成! 申請完了!

FT8をYouTubeにアップしてみた

定年退職し、半年たって気がついたこと

また部屋の改造をしたくなってきた

一生の趣味

Win4K3 Suiteをノートパソコンにセットアップ...

部屋のリニューアルが完了した!

FT8とCW その違いってなに?

愛する家族、孫たちと過ごしたいものだ

果たしてフェンダーのビビりは治ったのか

Today is the great Jazz day...

移動運用のための小型パソコン

ピアノ音源「グルグル迷路 奮闘記」(Synchron ...

フジゲンというブランドは 知らなかった

三重へ小旅行に行ってきた

ギターの復活 ♪

3万円のギターがやってきた

星の写真を撮るのが楽しくなった

やっとパスしたぞ!

ベンチャーズの練習を始めた

ブラックボックス

CQ誌とHAMworldで来年の楽しみは見つかるのか

CW Skimmerを使ってわかったこと

備えよ常に!

梅の花見に行ってきたよ♪

VN-4002に内蔵スピーカーを入れてみた

Logbook から Hamlogへ カムバックなのだ

初めてのCWDXコンテストにチャレンジしてみた

レイアウトが決まった!

TASCAM X8 買う?それとも買わない?

no image

バーレーンってどこだっけ?

たった2WのCW移動運用で新潟市と交信できた

アナライザーを改造してみた

思い出のキャンプ場、そしてこの先の自分のこと

no image

初バングラデシュ

意思の力による楽観主義

ジャズとウィスキーと模型作り

お気に入りのピアノ音源を探す旅

ディスプレイを大きくした

「私らしい写真を撮る方法」それは哲学だ

AX1というアンテナの実験には終わりがない

手動でKX2のSDRPlay化を試してみた

ギタリストは爪が命というけれど

「あじさいの里」へ行ってきたよ♪

久しぶりのFT8が楽しかった

移動運用のパドルを見つけた

ジュピター号よ、前に進め!

久しぶりのジュピター号作り

さあ、水彩スケッチを始めよう

「インク付きムック本」が発売されたのでござる

やっぱりCWの方が楽しいな

「フリードプラス無線室」の改良版

再びアンテナの交換をした

おもちゃ屋さんでスイッチが入った

コンテストとWBCの二刀流? できるのか?

爪が割れてしまった(T_T)

楽譜の編集をしてみた

FTDX10が我が家にやってきた!

DTMで作曲を始めてみた

気を引き締めろ、自分

JR岡崎駅にストリートピアノが設置された

ジュピターはぼくを元気にしてくれる

第2の青春

人生は楽しむためにある

クック諸島と交信できた!

シャック用のテーブルが完成

帆船模型サプライが届いたぞ

超望遠ズームレンズを手に入れた!

FTDX10の操作がイマイチなのでHam Radio ...

今年もくらがり渓谷へ行ってきた。けど。

今日ものんびりJT65を楽しんだ

「フリード・プラス 改造計画」完成!

ヨシタケシンスケさんが教えてくれた

移動運用でFT8もやってみるかい?

KX2の送信出力の変更を申請した

アレを使ってみた

アマチュア無線の運用で最も重要ものは何だろう

南極昭和基地 8J1RL と交信できた!

動画で楽しい仲間ができる

今日もアマチュア無線を楽しんだ

ギター

ようこそ、高音質の世界へ!

ギターの練習は、最初の頃はとにかく弾けるようになるまで、繰り返し練習をすること。その積み重ねでしかない。これは楽器をやっている人なら、みんな知っていることだよね。

でも、ある程度弾けるようになったら、次に大切なことは、ただ繰り返し練習するだけではなく、自分の弾いた音を自分で聴いて、どこが旨く弾けていないのかとか、ここはもっとこういう風に弾いた方がいいとかを、自分で客観的によく聴いて修正していくことにある。

ギターを弾いているぼくがいて、もう一人のぼくが向かい側にいて、ぼくの演奏を聴いている。そんな感じ。これは他の人に聴いてもらうより効果的なんだろうね。

プロのスタジオミュージシャンは、繰り返し何度も自分の演奏を聴いて、細部を修正していく。ひょっとして他の人は気が付かないような、その細部こそがプロの世界ではとても大切なんだ、ということを知っているからだ。ぼくはもちろんプロを目指すわけではないけど、できることならそういうこともやっていきたいなと思う。

それでiPadのガレージバンドを使って録音したり、iPhoneのカメラアプリで動画を撮影したりして、チェックをしていることが多い。この方法はとても手軽でいいんだけど、これだとちょっと物足りないことがある。

何が物足りないのかというと、せっかくMaton EBG808という素晴らしく良い音がするギターなのに、その音が再現できていないこと。それで、なんとか動画でその音も再現できないだろうかと思った。そうすれば、自撮りの練習だってもっと楽しくなると思う。

ということで、今ある道具でやってみることにした。いろいろ調べてみると、iPhoneのカメラアプリの動画でギターの音を入力するには、「Lightning - USB 3カメラアダプタ」を使うことがわかった。さっそく近くのPCDEPOTに買いに行った。

そして、Maton → ZOOM AC-3(エフェクター)→ UA-4FX(USBオーディオ・インターフェース)→ iMic(オーディオ アダプター)→ Lighting USBカメラアダプター → Iphone という接続でセットアップ完了。

あとは、MatonのAP5 Proシステムや、AC-3のそれぞれで音を細かく調整をして、自分が納得する音を作っていく。こうして、iPhoneから動画の映像と、先ほどの音をミックスして動画撮影を行うと……。

ほらほら! なかなかいい音で録画できたぞ。iPhoneで直接録画するより、桁違いに音質が良くなった。こういうのはとても面白いなと思う。でも、正直言ってちょっとめんどくさいな。ただの練習だけなのにと思う。

さらにいろいろ調べていくうちに、手軽でもっと良い音で取れる方法があった。それは外部のコンデンサーマイクを使って、ギターの音も同時に撮影することだ。おお、いいなこれ。

このApogee MicはUSBマイクなので、iPhohe、iPad、Macに直接つないで録画できる。お〜〜〜! すばらしい。


さらに調べると、このApogee Micの新製品Apogee Hype Micが今年の2月に出た。

「スピーカーから流れるお気に入りの曲が、飛び抜けて良く聴こえるのはなぜか、不思議に思ったことはありませんか?」

う〜ん、あるある〜!

「スタジオの魔法を、あなたのレコーディングに」
「HypeMiCでもっとレコーディングを手軽に、高音質に」

おおいいな〜、これ欲しいな〜。
お、お、なんだか、喉の奥の方から、手が出はじめてきたぞ……。

 

-ギター
-, , , ,