VLLO(ブロ)という動画編集アプリを使ってみた

新曲「上を向いて歩こう!」の練習をはじめた

KX2が届いた

もう何回目?..の部屋改造をしよう

ケニアの無線局と交信できた

KX2用のミニパドルキットを作ってみた

AX1というアンテナの実験には終わりがない

我が家に素敵なランタンがやってきた

ブラインドタッチ奏法について

新曲の練習をはじめたよ♪

no image

我が家の可愛い花たち

no image

偶然の出会い

ベンチャーズの練習を始めた

複数の無線機・アンテナ・パドルを使うのは何故だ

Zショーティー・ジオラマ作り(3日目)

初めてのアクアリウム日記(その5)気になっていること

アンテナのメンテナンスをした

新学期が始まるようなワクワク気分♪

自分の映像作品を作る Ver.2.0(その3)

LogBookとJTDXへ引っ越した

18MHz帯のFT8が面白い!

アマチュア無線はCW交信こそが原点だ

思い出のキャンプ場、そしてこの先の自分のこと

久しぶりのDX通信

さあ、ウクレレの練習を再開するぞ

「Prusa i3 MK3S」の組立て(大ピンチの2日...

VSWR計キットQPM-01を組立てた

no image

実験終了〜♪

ベランダにリトルターヒルⅡを設置した

部屋の窓からお花見

泊まった宿のことを書いておこう

ULTIMATE GUITAR というサイト

「空港ピアノ」みたいに弾きたい

メイトン専用 カポ !?

トロンボーン?

ソーラーパネルのテストをしてみた

3万円のギターがやってきた

自作PCが完成したぞ!

毎日をもっと大切にしたくなる物語

FTDX10:申請の四苦八苦中に故障者リスト入りとなっ...

この5年で趣味部屋がどう変わったか。

FT8の環境改善、そしてウクライナ無線局との交信

移動運用の準備(その2)

いよいよ、マストとヤード作りだ。

スライドショー観てね!

no image

南側のアンテナからJT65をトライしてみた

おお〜フェンダー姫よ

やっぱりCWの方が楽しいな

まだまだ未熟者につき 精進してまいります

KX2 と Win4K3 Suite、そしてノートパソ...

スーパームーンに心を癒やされる

レコーディングとミキシングを楽しみたい

新しい練習方法を見つけた!

KX2とWin4K3Suiteを試してみた

滋賀の旅@雨男

実物大のボードでレイアウトを考えてみる

アウトドア雑誌「ガルヴィ」が届いた

JTAlertXのメッセージ機能を見つけた

梅の花見に行ってきたよ♪

色えんぴつが揃った

やっぱりCWは楽しい♪

初めての鉄道ジオラマ作り(その13)

知ってた? 正しい体温計の使い方

Ham Radio Deluxeを使い始めた

昇圧コンバータで送信出力を上げる

CTESTWINでコンテストに参加するぞ

さあ、アクアリウムライフを楽しもう!

お空のコンディションが上がってきた♪

良い「気」がいっぱい 流れてきた

今日の帆船模型作り日記

アンテナを交換した

昭和基地からのQSLカードが届いた!

幸せな生活のための貴重なレッスン

「フリード・プラス 改造計画」完成!

「部屋の改造」第二弾が完了した

「人生でかかせないもの」

FT-817 復活作戦・結局アンテナは三脚を使うことに...

no image

スピードラーニングのようにはいかない

リニアアンプ 「HARDROCK-50」製作のその後

新曲の練習を始めた

人生は思い通りにはいかないが、急がなくていい

今年中にやっておきたかったこと

Bruna Begaliさん ありがとう!

帆船模型作りが楽しくなってきた

アクアリウムに「我慢」の大切さを教えてもらった

「他人を疑う前に自分を疑え」という教訓

no image

アルゼンチンと交信

no image

初バングラデシュ

リトルスターという名のテント

KX2用のコンパクトアンテナ「AX1」

愛するギターの旅立ち

原因不明の暴走 ???

DXCC 100達成! 申請完了!

相性

初めての鉄道ジオラマ作り(その12)

色エンピツ画は楽しいな ♪

乾杯しよう!

ぼくのMacBook ProにWin10が載った

(@_@) こりゃ画期的な改正だ!

ギター

サイレントG きみは陰の主役だ

今日は大好きなギター、メイトンの弦を交換した。年に3回ほど交換している。
言うまでもなく、ギターは弦楽器だから、どういう弦を張るかで音が大きく変わる。アコースティックギターの弦はいろんなメーカーがいろんな種類を出していて、サウンドハウスでも何百もの種類が販売されている。値段も500円くらいから3,000円くらいまでいろんなものがあって、選ぶのが難しすぎるよね。

その中でぼくが長年愛用しているのはエリクサーの弦。エリクサーはNANOWEBと言って弦にコーティングがされている。汚れにくいとか長持ちするとかのメリットがあるけど、やっぱり他の弦よりよい音が長く続くのが一番いいと思っている。

エリクサーの種類は「ブロンズ」と「フォスファー・ブロンズ」の2種類ある。ブロンズは主に銅とスズの合金で80:20の比率になっている。フォスファー・ブロンズは主素材の銅に「リン」が加わる合金だ。若干こちらのほうが高い。

写真の左がブロンズ弦で、右がフォスファー・ブロンズ弦、見た目にはちょっと銅の色に近い。この2つの弦は音が全く違う。ブロンズ弦は「落ち着いた音」、フォスファー・ブロンズ弦は「きらびやかな音」といわれている。なんだか、わかったようなわからないような違いが書かれているよね。

メイトンはもともと乾いた音がするので、やっぱりフォスファー・ブロンズ弦のほうが、晴れ晴れとした明るい印象の音がするので、ぼくはこっちが好きだな。ということで、今日はフォスファー・ブロンズ弦でいこう。

新しい弦に張り替えて、さっそく弾いてみることにした。おお〜! 交換したての音はやっぱり違う。音に濁りがないし、キラキラして輝いた音がする。何でも新しいものはいいなあ、なんて思ったりする。

あまりにも音がよくて気持ちがいいので、この後ずっと30分以上、トミー・エマニュエル、エリック・クラプトン、サイモンとガーファンクル、PPM、吉田拓郎など、いろんな曲を楽しく弾き続けた。

……ということで、ギターの主役のメイトンの弦を交換した話をしたんだけど、実は今日の書きたかったことはサイレントギターの話なんだよね。

一見脇役のもう一本のギター、YAMAHAのサイレントギター。こちらのギターにはダダリオの弦が張ってある。ボールエンドの色がカラフルで可愛いよね。こういう遊び心が大好きだなあ。

サイレントギターは音が響かないので、あまり弦の違いをとやかくいうことはない。柔らかさ弾きやすさが大事なので、ダダリオの弦が丁度いいなと思っている。

さて、この一見目立たないサイレントギターは、確かに脇役なんだけど、正直言ってこのギターを持っていたからこそ、ギターの練習が好きになったし、上達できたと言っても過言ではない。だから「脇役」などと言ったらバチが当たると思っていて、このギターを作ってくれたYAMAHAさんに感謝状を贈りたいくらいだ。

おおもりさんが、このサイレントギターのことを、わかりやすくレビューをしてくれているので、参考までにどうぞ。

ちょっと補足すると、このサイレントギターは、エレキギターに似てるけど全く弾き心地が違う。だからエレキギターはアコースティックギターの練習用には使えない、見た目は似てるけど、全く違う楽器だと思ったほうがいい。なので、このサイレントギターを持つ価値があると思っている。

たしかに、メイトンギター、その前はカワセのマスターだったり、ギルドだったり、それぞれがとても良い音がする。まさに主役と言えるギターだ。でも夜にはあまり弾くことはしない。まわりの迷惑になるからだ。

弾いたとしてもちょっと遠慮がちになる。遠慮しながら弾くとよい練習にはならないよね。ところが、サイレントギターはそんなことはない。夜に弾くときでも気兼ねなく弾ける。

じゃあ昼間ならメイトンを気兼ねなく弾ける、と思うよね。ところが、ぼくは違う。何度も繰り返し弾いているのを、あまり人に(家族でも)聴かれたくない。これは他の楽器でもいえることだよね、人が練習をしている音って、正直言って耳障りだと思うよね。

でもこのサイレントギターなら、そんなことを気にすることなく、自分が弾きたい時に弾きたいだけずっと弾いていてもいい。それができたからこそ、ぼくはずっとギターを楽しめたし、上達することができたと思っている。ギターが旨くなりたい人にはぜひサイレントギターをすすめたいなと思っているよ。

さて、今練習している「Only Elliot」は始めたのが1ヶ月ほど前なんだけど、このサイレントギターのお陰で、思ったより早く弾けるようになった。

この曲の練習を始めたときに、とても早いテンポでいろんなことをやっていて、こんなの難しくて弾けないやと思っていたんだ。でもサイレントギターのお陰で、繰り返し練習することができた。ホントにこれは持ってて良かったなと思っているよ。

それに、このサイレントギターはエフェクターやアンプをつなぐと、脇役どころか一気に主役に転じることができる優れものなんだよ。凄いよね。

ということで、ぼくはメイトンとサイレントギターの2本を使い分けて、これからもずっとギターの練習をしていこうと思っている。先を急がず、じっくりのんびり好きな曲を練習していくのだよ。楽しいよ。ギターって!

P.S.
ちなみに、ぼくはメイトンの方だけ、使用後4〜6弦を半音〜1音だけ緩めている。緩める派、緩めない派、それぞれ言い分があるらしいけど、ぼくはソリとかのことよりも、ちょっと休んでていいからね、という気持ちでやっている。

 

-ギター
-, ,