今日の帆船模型作り日記

ブログをリニューアルしてみた

TASCAM X8 買う?それとも買わない?

IC-705で50,144,430Mを追加申請した、け...

今日からCWで封印を解いた

2mと430 そして ハートマト

アウトドアライフと避難生活 Vol.2

滋賀の旅@雨男

広大なDAWの世界を旅する、定年おじさん

今日は3つのエンティティが増えた

なんとか ここまで来られたよ♪

思い出のキャンプ場、そしてこの先の自分のこと

CWSkimmerよ。なんでだい?

Zショーティー・ジオラマ作り(6日目)

久しぶりにのんびり過ごした休日の午後

no image

「楽しむ」ということ

移動運用の準備(その2)

さあ、作るぞ〜!

「Prusa i3 MK3S」の組立て(大ピンチの2日...

今日はFTDX10のQSOデビュー記念日

ピアノ音源「グルグル迷路 奮闘記」(Synchron ...

定年おじさんの「夏休み自由工作」

KX2 と Win4K3 Suite、そしてノートパソ...

明日のぼくへ

初めての鉄道ジオラマ作り(その17)

「帆船模型作り」のち「移動運用」

今日はサモアと交信できた!

モービル運用のシャックが完成

虹が出た

no image

ヨドバシ・ドット・コムが凄い

さあ、アクアリウムライフを楽しもう!

楽しい工作

JAZZRADIO.comのピアノで癒やされる

実物大のボードでレイアウトを考えてみる

no image

実験終了〜♪

ジュピターを聴こう♪

新曲「上を向いて歩こう!」の練習をはじめた

FT8の環境改善、そしてウクライナ無線局との交信

手動でKX2のSDRPlay化を試してみた

移動運用の準備完了

CWの壁を越えろ!

猛暑に耐える、えだまめ君

部屋の改造をしてみた

CWのパドルが11個になった

去年のぼくが教えてくれたこと

帆船模型と中日ドラゴンズ

FldigiでCWのデコードを試してみた

あの曲の名前がわからないのだ

第2の青春

レイアウトが決まった!

初めての鉄道ジオラマ作り(その7)

アクアリウムは理論より実践じゃないかな

テイラーギターの電池ボックス問題

一旦、立ち止まることにした

「キルホーマン」と「じゃがバタチーズベーコン」

ホットサンドメーカーを試してみた

動画で楽しい仲間ができる

いざ次のステップへ

トロンボーン?

知ってた? 正しい体温計の使い方

32ビットを64ビットに変えてみた

The Man With The Green Thum...

WASあと2州、そして今日はOne Day AJDに挑...

「 物買って来る 自分買って来る 」

非常時に備えよ

サイクル25がやってくる!

久しぶりの移動運用を楽しんだ♪

TASCAM X8が、我が家にやってきた♪

ついにリーチがかかったぞ!

RS-BA1を使ったリモート化(まず有線から)

超望遠ズームレンズを手に入れた!

おもちゃ屋さんでスイッチが入った

CW Skimmer + CTESTWINのテストをし...

ジュピター号の動輪を塗装した

テレサ・テンを聴きながら考えたら答えが見えた

no image

初バングラデシュ

泊まった宿のことを書いておこう

FTDX10の故障原因と対策について

ウクレレを楽しもう♪

「フリード・プラス 改造計画」完成!

我が家に素敵なランタンがやってきた

ふるさとの豊田市に行ってきた

弦高の調整を自分でやってみた

ぼくのギター講師 トミー先生

「おやじキャンプ飯」が面白い

KX2の審査終了

ハンダごてと、ギター、そして気功的生活

C23を探せ!

CWを再開したぞ〜!

人生は「Windy & Warm」

山下達郎のメッセージに拍手

やっぱりCWは楽しい♪

DXCC 100 へ リーチ宣言!

おじさん 迷路から出られるのか

久しぶりの移動運用?

第一日目、こりゃ難関じゃ。

セットアップでエラーの連続だぜ (-_-;)

アンテナの移動工事をした

久しぶりにヨーロッパとCW交信

ギター

おじさんは、エレキを始めるのだ〜♪

いったい、このアパッチという曲を何回聴いたことだろうか。ぼくは毎日YouTubeでこのジェフおじさんの弾いている、いろんな曲を繰り返し聴くようになった。ほんとうに大好きになった♪

このアパッチという曲は、ベンチャーズの名曲として有名なんだけど、もともとイギリスのシャドウズというバンドのヒット曲で、その後ベンチャーズもカバーするようになったものなんだよね。

ぼくは正直言って、シャドウズのことは最近まであまり知らなかったんだ。ジェフおじさんのサウンドを毎日聴くようになってから、ぼくはだんだんシャドウズサウンドの虜になっていった。やがてベンチャーズもいいけど、こっちのほうをコピーしたくなっていった。

澄んだリバーブサウンド、そしてテクニックよりメロディアスなサウンドが、ぼくにはとても心地よくきこえる。

面白いことに、YouTubeは自分が興味のある動画を観ると、「これもいいよ!」と教えてくれる。それで知ったのがこのデイブおじさんだ。他にもイギリスにはこんなふうにして、動画をアップして楽しんでいる人たちがいっぱいる。いいなあ。

デイブおじさんはホームページを持っていて、ここでバッキング・トラック・ウェブサイトを紹介してくれているよ。要するにギター用のカラオケだね。

例えば、http://goran.tangring.comといういサイトにはこんなにたくさんの曲が無料でダウンロードできるようになっている。凄いねえ。(@_@)

他にもたくさんのサイトで無料のもの有料のもの、いろいろ見つかった。その中でぼくはhttp://www.guitarvoice.com/からダウンロードしたアパッチを使うことにした。(なぜか今日の時点でアクセスができないけど)

そしてデイブおじさんはAudacityを使った録音の方法を教えてくれている。他にもエフェクターでの音作りや、動画の録画のことやいろんなことを教えてくれている。親切だよねえ。

今回使った機器はこんな感じ。ギターはヤマハのサイレントギター。これにAX3Gというエフェクターをつなぎ、その出力をUA-4FXというオーディオインターフェイスにつないで、そこからMac Book Proに入力する。機器はどれも古いものだけど、ちゃんと音作りはできた。

さっそくAudacityをダウンロードして試してみることにした。バッキングトラックは簡単に取り込める。ところがどうしても録音したいギターの音がうまく入力できない。とにかくいろいろ試してみたけど、どうやってもうまくいかないんだよね。

仕方がないので、というか元々Macに付属しているガレージバンドを使えばいいんだけどね。こっちならちゃんとギターの音が入力できて、録音もできることがわかった。

ただ一つ、取り込んだmp3のバッキングトラックのテンポ(スピード)が変えられない。録音したギターの方は変えられるのに、なぜだ?

じゃどうしたのかというと。Audacityで取り込んだバッキングトラックのテンポをスローにして、一旦wavで出力したものを、ガレージバンドに取り込んでみた。ま、とりあえず使える。これでいいか。

アパッチはあまり難しくないので、数回の練習でなんとか弾けるようになっていた。よし、試してみよう。バッキングを聴きながらメロディを弾く。なんか気持ちいいなあ。

練習が足りないのでまだ下手くそだけど、ちょっとだけ聴いてね。
こうして、録音したサウンドを再生してみると。おお〜、なかなかいいぢゃないか。まるで本当のバンドで演奏しているみたいだ。それにめちゃくちゃ楽しい♪

ただやっぱり一つだけ大きな不満が残る。それは使っているギターがサイレントギターなので、「アーム」がないのだ。あの独特のシャドウズサウンドを作るには、どうしてもこれがないとだめだ。

というわけで、おじさんはエレキギターの情報を集めることにした。フジゲンというブランドは知らなかったで「このフジゲンのFGN JST7で決まりかな」と書いたんだけど、その後、ちょっと気が変わってきた。

いろいろ調べていくうちに、欲しくなったのがFENDER ( フェンダー ) / MIJ Traditional '50s Stratocaster Maple Candy Apple Redというフェンダージャパンのモデルだ。カラーはもちろんキャンディ・アップル・レッド。決め手になったのは、やっぱりネックがソフトメイプルだということ。そう、白っぽいやつのほうね。こっちの音の方がすきだし、見た目も好きだ。

よし、これにしよう。ネットだと安く買えるけど、やっぱり実際に見てみたい。ならば、朝一で名古屋(電車で片道1時間)のお店に行ってみることにしよう。岡崎の島村楽器は数が少なすぎるので、大きなお店でフェンダーだけじゃなく、たくさんの種類のギターを実際に自分の手で確認してみたいのだ。

……と、思っていたら、かみさんからドクターストップがかけられた。
「まだ先週の疲れが取れていないんだから、この休みは休養しなさい」と……。
たしかに、まだ疲れが酷い。それに週明けの出荷業務や決算業務の激務に備えなければなと思った。

ま、時間はたっぷある。これからゆっくり楽しめばいい。今日明日はしっかり休むことにしよう……。さあ、りゅうじおじさんはこれからエレキギターを始めるよ♪

P.S.
…と、怒濤のように変化した、この数日間の流れを、一気にを書いてみた。人生というのは、なぜか自分が考えたようには生きられないものだ。むしろ、予想に反して全く知らない誰かが、突然自分の人生を変えるようなことをしてくることがある。

映画『羊たちの沈黙』のハンニバル・レクター博士が言った言葉があるんだけど。『 欲望というのは自存するものではなく「それを満たすものが目の前に出現したとき」に発動するものなのである 』という言葉。

今回も偶然にYouTubeで観たジェフおじさんの動画を観て、この展開になった。でもそれは、自分にその因子を持っていたからのできごとだと思う。そのセンシティブな受信感度こそが、生きる上でとても大事なことなんだなと思っている。

そのキーワードは「どうしたら人生を楽しめるのか」じゃないのかなあ。と、思うけどどうですかね?

-ギター
-, , ,