部屋の窓からお花見

のんびりすごそう

1年後のぼくへ

ぼくのピアノとギターの練習法・YouTube編

QRPトランシーバのバージョンアップ完了!

また振り出しに〜♪ いやステップアップなのだ。

TASCAM X8 買う?それとも買わない?

ぼくのギター講師 トミー先生

ヨドバシ・ドット・コムが凄い

KX2でCWSkimmerを試してみた

いよいよ、マストとヤード作りだ。

久しぶりにヨーロッパとCW交信

no image

イスラエルの局と交信

ジャージー島と初めての交信

ジオラマ作りを再開した!

Win4K3 Suiteをノートパソコンにセットアップ...

AnyRailというレイアウトソフトを使ってみた

アナライザーを改造してみた

FT8とCW その違いってなに?

no image

今日もJT65を楽しんだ

VLLO(ブロ)という動画編集アプリを使ってみた

自分の「映像作品」を作るということ

HARDROCK-50の申請完了!

初めての鉄道ジオラマ作り(その18)

楽器は老化防止になるんだって

毎日の積み重ねが大事

待ちに待ったメイトン嬢がやってきた!

シャックのリニューアルで快適だ♪

愉快に楽しく、そして丁寧に暮らそう

ディスプレイを大きくした

帆船模型作りも、いよいよ第4コーナーに!

AX1のSWRを調整する(その4:ついにできた!)

カーマインレッドにしよう

今日からCWで封印を解いた

AX1のSWRを調整する(その3)

久しぶりにアンテナの調整をした

三ヶ根山からの移動運用

ぼくのシャック(無線室)

好きなものに囲まれる暮らし

FT8の環境改善、そしてウクライナ無線局との交信

8J1RLのQSLカードが届いた、昭和基地のことをもっ...

初めての鉄道ジオラマ作り(その5)

夜でもギターの練習ができるのだ

I am Begali Keys Friend !

イラストの練習を始めた

あなたへチューリップの花束を贈ろう!

また部屋の改造をしたくなってきた

ジュピター号よ、前に進め!

もうCWの練習は必要ないのかい?

なんとか ここまで来られたよ♪

がんばった人には九平次を

Pocket3の拡張アダプターを3Dプリンターで作って...

いま、幸せかい?

鳥羽旅行を楽しんできた

「他人を疑う前に自分を疑え」という教訓

CWSkimmerよ。なんでだい?

新曲の練習をはじめたよ♪

妄想が始まった…

JAZZRADIO.comのピアノで癒やされる

no image

ギター大好き♪

初めての鉄道ジオラマ作り(その7)

「 物買って来る 自分買って来る 」

アマチュア無線再免許、ギリギリ間に合った!

今年中にやっておきたかったこと

こういう解決法もある...

アマチュア無線はCW交信こそが原点だ

初めての鉄道ジオラマ作り(その1)

Zショーティー・ジオラマ作り(3日目)

絶不調のJTDXは復活させることができるのか!?

FT-817 復活作戦・腰は痛いが実験もしたい

今日は「プチ部屋の改造」をした

「腑に落ちる」までノイズ対策を続けたい

「Prusa i3 MK3S」の組立て(1日目)

がんばるな 自分

北海道に行ってきた

可愛いCWキーを見つけたのだ

FT8は釣りに似てるなあ

国境

なにぃ? ブルートフォース攻撃だと〜!?

何かを作らないではいられない

「新しい楽しみ」のスタート

RS-BA1を使ったリモート化(Wifi 接続)

「部屋の改造」第二弾が完了した

今年の目標はWASアワードなのだ

FT-817 復活作戦・結局アンテナは三脚を使うことに...

新MacBook Proが届いた。

no image

スピードラーニングのようにはいかない

春に飲みたいお酒はやっぱりジントニックだ

愛するギターの旅立ち

全国大陶器市に行ってきた(豊田スタジアム)

(@_@) こりゃ画期的な改正だ!

ただ今 アマチュア無線を封印中につき

おじさん 迷路から出られるのか

WASあと2州、そして今日はOne Day AJDに挑...

妄想スケッチ

プチ移動運用

最後の最後は 諦めが肝心?

今日から「Beautiful Love」の練習を始めた...

自分は奇跡的な出会いでできている

VN-4002用のバッテリーを作ろう

鉄道模型

AnyRailというレイアウトソフトを使ってみた

少し前に鉄道模型のレイアウトをデザインする「SCARM」というソフトを使ってレイアウト設計することを学んだ。

でもこのソフトはどうも難解で使いにくい。そこで新しく見つけたのが「AnyRail 6」というソフト。こちらの方がわかりやすそうなので、さっそくテスト的に作ってみた。

まずはボードの大きさが600×1200mmなのでそのサイズのキャンバスを作る。そして左にはロクハンのレールのリストがあって、ここから選んでレールをつないでいく。

これがとても簡単で「SCARM」より直感的に進めていける。ただし、簡単と言っても長さやカーブの角度などいろんなレールがあるので、適切なものを選ぶには根気がいる。

そして高低差を作るために範囲を決めて高さ数値を入れる。さらに範囲を決めてスロープを作り、なだらかな登り下りを作っていくことができる。

もちろんトンネルも作ることができるし、鉄橋も簡単に作ることができた。他にも地面やレールのテキスチャーを設定して約1時間ほどでほぼ完成。

と言っても正確には未完成なんだけどね。つまり勾配はいいかげんだし、使っているレールもまちまちでよくわかっていない。

そして、作ったものをこんなふうに3D画像にしてみることができる。もちろん角度を自由に変えることができるので、いろんな所から見直せる。これは面白いよね。

こうして作ったレイアウトのレールをプリントアウトすると、必要なレールの一覧表ができた。

見直して見るとやっぱりよくわかっていないな。適当に選んだので、枕木がコンクリート製と木製をバラバラに選んでいるし、特殊なレールも選んでしまっている。

これらを修正しレールの金額を計算すると16,674円になった。ただし1本しか使わないけど、4本セットの場合は4本分で計算している。

レールの総延長は5.44m、合計本数が46本。このソフトは50本までが無料で、それ以上になると6,400円のライセンス料が必要になる。

今回は適当にレールを選んだのだけど、ちゃんとレールの仕様について学んでおく必要がありそうだ。頭の中はオーバーフロー気味。(-_-;)

それでもこういうソフトを使えば、ノートに手書きでイメージを描いていくより、レイアウト作りには圧倒的に便利だ。しばらくこれを使ってデザインを進めていこう。

その後、修正前には勾配がきつすぎる8%以上あった所を4%以下に変更して、長すぎたトンネルも短くしてみた。

するとこういうレイアウトになった。だんだんいろんなことがわかってくると面白い。これで使い方がわかったので、そろそろレイアウトを設計を決めていこう。

今まで作ってきた帆船模型や蒸気機関車、そしてトランシーバなどは完成形があって、そこに向かっていくのでわかりやすい。

ところが、鉄道模型にはそれがない。自分で設計して自分で作り込んでいくわけだから、終わりが見えないのだ。ゴールが見えないDIYというのは始めてだ。

だからどこかで区切りを付けていかないと、先に進んでいけないことになってしまう。そろそろレイアウト設計に区切りを付けて先に進もうと思う。

P.S.
ところで、ずいぶん長い間アマチュア無線のことを書いていない。もうやめてしまったのか? と思われるかもしれない。

いやいや、そんなことはない。毎日必ずワッチしている。でもDXが聞こえてこないのだ。今日は午後8時過ぎにワッチすると18MHzと21MHzでDXのCWが入感していた。

よし!と思ったのだが、アンテナの調整がまったくできていないことがわかった。明日は調整しなおしてすぐにでも出られるようにしておこう。

鉄道模型のことはだいたいの道筋ができたので、これからアマチュア無線を再開させて、時間配分を鉄道模型4割、アマチュア無線4割、ギター2割で楽しんでいこう。

そうそう思い出した。IC-705のファームウェアの変更もしないとね。先月号のCQ誌にあった「ハムログとWSJT-Xとの連携機能」のことも試さないと。それに3Dプリンターでコールサインプレートも作らないとね。

それにこんなに暖かくなったので、そろそろ移動運用もいいだろうし、こりゃ時間がいくらあっても足りないな。

 

-鉄道模型
-,