いつも心に “メメント・モリ”

岡崎公園の藤棚、出遅れた...

お気に入りのピアノ音源を探す旅

毎日をもっと大切にしたくなる物語

人に喜ばれることをしたい

FT8とCW その違いってなに?

ジュピター号の次はサイモンズ コーヒーだぞ

「インク付きムック本」が発売されたのでござる

南極昭和基地 8J1RL と交信できた!

ディスプレイを大きくした

「Prusa i3 MK3S」の組立て(気になる3日目...

弦高の調整を自分でやってみた

たった2WのCW移動運用で新潟市と交信できた

腰痛が回復したのでギターの練習を再開した

Logbook から Hamlogへ カムバックなのだ

南極昭和基地から届いた電波

FT-817 復活作戦・なぜかDCプラグが使えない問題

初めての鉄道ジオラマ作り(その10)

ほんとにそうなの?って思うようにしている

何かを作らないではいられない

また振り出しに〜♪ いやステップアップなのだ。

強制ギブス法だと?

「ヨシナガ式 ギター練習法」

初めての鉄道模型 、面白いぞ〜♪

ジュピターの製作記 「完」。

あれこれ気が散る休日の午後

初めての鉄道ジオラマ作り(その17)

no image

今日はCWの練習デー

no image

初バングラデシュ

初めての鉄道ジオラマ作り(その3)

「他人を疑う前に自分を疑え」という教訓

今日は世界中の移動している無線局と交信した

マスターの音が復活した!

「あじさいの里」へ行ってきたよ♪

トロンボーン?

自分の映像作品を作る Ver.2.0(その3)

複数の無線機・アンテナ・パドルを使うのは何故だ

その後「春よ、来い」はどうなったのか?

楽器は老化防止になるんだって

何事も諦めが肝心なのだ

超望遠ズームレンズを手に入れた!

楽しい工作

ほぼ日5年手帳が面白い

やっぱりCWは楽しい♪

CWSkimmerよ。なんでだい?

KX2とJackeryのテストをしてみた

KX2でCWSkimmerを試してみた

テイラーギターを買った理由とそれまでの経緯

HARDROCK-50の申請完了!

今日もアマチュア無線を楽しんだ

KX2にヒートシンクパネルが付いた

IC-705のために揃えた小物たち

“ If you can dream it, you ...

KX2でFT8を試してみた

北海道に行ってきた

美矢井橋河川緑地をホームパークに

部屋の改造をしてみた

地図を見るのが好き

今日はサモアと交信できた!

IC-705の審査終了!

今日は「プチ部屋の改造」をした

滋賀の旅@雨男

レバノンと初交信

KX2が面白くなってきた

焚き火&ウィスキーを楽しみたい!

IC-705をフリード+の車内に常設化してみた

「ホントにいいのか!?」と自分に問え!

こんな近くでも移動運用は楽しめる♪

カッコいいぞ!DD51 1000 A寒地 JR北海道色

色エンピツ画は楽しいな ♪

KX2 と Win4K3 Suite、そしてノートパソ...

ほぼ 復活宣言!

「帆船模型作り」のち「移動運用」

3Dプリンターの購入候補を変えた

CWの壁を越えろ!

泊まった宿のことを書いておこう

LogBookとJTDXへ引っ越した

初めての鉄道ジオラマ作り(その20)

ホットサンドメーカーを試してみた

「今日のできごと」

ピアノを弾くと頭が良くなる?!

台風7号が接近中のためアンテナを撤去

先の楽しみがあること。それは幸せだ。希望だ。

ULTIMATE GUITAR というサイト

FT8をYouTubeにアップしてみた

初めての鉄道ジオラマ作り(その1)

自分の映像作品を作る Ver.2.0(その4)

身近なグリーンライフは楽しいよ♪

ソーラーパネルのテストをしてみた

Z fcを持って奥殿陣屋に行ってきた

3台の小型トランシーバの比較をしてみた

アレを使ってみた

no image

バーレーンってどこだっけ?

今日はCWの環境を整備するのだ

わが「物作り人生」

ぼくのMacBook ProにWin10が載った

ケニアの無線局と交信できた

no image

春の香り

人生は「Windy & Warm」

ついにジュピターが完成した。

鉄道模型

初めての鉄道ジオラマ作り(その1)

初めての鉄道ジオラマ作りは、紆余曲折しながらもやっとレイアウトとデザインが決まった。さあいよいよ製作に入ることにしよう。

前回はパーツの発注とレイアウトボード作りを行った。火曜日にはロクハンから全てのパーツが届いた。たくさんのパーツを前にするとなんだかワクワクしてきた。

届いたレールとパーツ表をチェックしてみると「電動ポイントレール」を1つ注文し忘れていたので、追加発注した。これはアマゾンで注文したので翌日届いた。

さあ、いよいよ組み立てていくのだけど、その前に準備がある。レールの仮組みでは、発泡スチロールをカットしたものを使って各ポイントの高さを支えることにした。

レイアウトソフト「Any Rail」では、ポイントごとの高さがわかるので、設計図にその数値を記入した。発泡スチロールにそれを描き写す。

そして発泡スチロールカッターでテキトーにカットする。これは面白いほど簡単にカットできる。カッターナイフだと手間がかかるし、切りくずも出てしまうのでこれはとても重宝する。

設計図を元にどんどんレールをつなげていくと、残りは3カ所のフレキシブルレールになった。このレールは長さとカーブを自由に変えることができる便利なレールだ。

ただし、初めてのぼくにはむちゃくちゃ難しい。レールの長さを正確にカットしないと片側のレールのつなぎ目に隙間ができてしまう。

つまりカーブの角度によって、左右のレールの長さが変わってしまうのだ。一旦はこの位置でいいと思ってレールをカットすると、その後にはまた微妙にカーブの形状が変わってしまう。この作業で披露困ぱい。(-_-;)

あとで冷静に考えてみると、もっといい方法があったのに。。。

実際に組み立ててみると、設計図通りにいかない部分もあって、それは当然予想していたこと。それでも何とか苦労しながらも、一日かかってようやくここまで完成させることができた。

本来ならこのまま試走テストをしたいところだけど、もうそのエネルギーが残っていないので、ここまでにしておくことにした。

そして今日を迎えさっそく試走させてみることにした。実際に走らせてみると勾配が不自然だったり、ポイント切替で通電しなかったり、フレキシブルレールの部分に不具合があったりで、とにかくうまくいかない。

さらに蒸気機関車C62はすぐに脱線してしまい使い物にならないのだ。あ、そうそう。その問題は過去にも経験していたことで、レールがほんの少しでもデコボコしていたりすると脱線してしまう。今の段階ではしかたがないことなので、よしとしよう。

というわけで、なんとかスムーズに走らせることができたので、動画をYouTubeにアップしてみた。自分で設計したものがこうして形になるとやっぱり嬉しいね!

物作りはとにかく思い通りにはいかない。でも言いかえれば、工夫しだいで何とかしていける楽しい世界だということ。この先もゆっくり楽しんでいくことにしよう。

 

-鉄道模型
-,