初RTTY交信!

乗り遅れるな、と!?

愛するFTDX3000よ、長い間ありがとう!

3Dプリンターでケースを作った

今年の目標はWASアワードなのだ

超望遠ズームレンズを手に入れた!

今度こそギターの復活かな

初めてのアクアリウム日記(その5)気になっていること

KX2 ~ Win4K3 ついにできた!

帆船模型作りは楽しい!

レコーディングとミキシングを楽しみたい

初めての鉄道ジオラマ作り(その15)

今日から3つのクラブができました

no image

我が家の可愛い花たち

「ギター練習の再開!」そのきっかけ

帆船模型作りが楽しくなってきた

JTDX + JT-Get's で Rig Contr...

大切なのは失敗を楽しめるかどうかだ

タブ譜をちょっと変えてみた

スライドショー「ジュピター号の製作(その1)」

昇圧コンバータで送信出力を上げる

1年後のぼくへ

いとしのエレン ♪

少しの時間でもジュピター号作り

さあ、今日から新学期なのだ

初めての鉄道ジオラマ作り(その16)

CWを再開したぞ〜!

サイレントG きみは陰の主役だ

棚が完成したぞっと!

キプロスと交信できた

Zショーティー・ジオラマ作り(4日目)

午前はHam、午後はNetflixで過ごした休日

前照灯の取付け完了!

CWのQRP運用を楽しむ

AX1 × MFJ-1840T × リトルターヒルの比...

人生は楽しむためにある

8年ぶりにフェイスブックを再開した

キャンプに行きたいのだ

クロスウォーマーが面白い

アクアリウムは理論より実践じゃないかな

no image

ウルグアイまで飛んでいる♪

ぼくの相棒がやってきた

新学期が始まるようなワクワク気分♪

4月8日は「アクアリウム記念日」

帆船模型「サプライ号」が完成した!

アクアリウムのために部屋のリニューアルをした

WASあと2州、そして今日はOne Day AJDに挑...

ローテータの調整をした

「春よ来い」のイントロが突然弾けた

今年最後?の移動運用を楽しんだ

FT8とCW その違いってなに?

I am Begali Keys Friend !

こんな日は家でゆっくり過ごそう

「新しい楽しみ」のスタート

SAYONARA 8N6OLP!

パラオと交信できた

ぼくのiPhone

秋のデンパークに行ってきた

おじさん 迷路から出られるのか

ローテータをメンテナンスした

くらがり渓谷へ行ってきた

Begali(ベガリ)に一目惚れ ♡

2020年に買った楽しい物たち

また振り出しに〜♪ いやステップアップなのだ。

いつも心に “メメント・モリ”

ぼくはあまりにも疲れるとピアノが弾きたくなる

テイラーギターを買った理由とそれまでの経緯

「Prusa i3 MK3S」の組立て(1日目)

新曲の練習をはじめたよ♪

ピアノ音源「グルグル迷路 奮闘記」(Synchron ...

思い出のキャンプ場、そしてこの先の自分のこと

お空のコンディションが上がってきた♪

久しぶりの移動運用を楽しんだ♪

去年のぼくが教えてくれたこと

ついに「8N6OLP」局との交信成立!

Marvel'sスタジオ:アコギ録音の奮闘記なのだ

CW Skimmer + CTESTWINのテストをし...

KX2 + Win4k3 + SDRPlay + CW...

CQ誌とHAMworldで来年の楽しみは見つかるのか

プチアウトドア気分♪

手作り好きな ぼくの魂に火がついた

VN-4002に内蔵スピーカーを入れてみた

知ってた? 正しい体温計の使い方

IC-705+HARDROCK-50で移動運用を楽しん...

「あじさいの里」へ行ってきたよ♪

帆船模型と中日ドラゴンズ

久しぶりのQSOだったが……

今日ものんびりJT65を楽しんだ

FTDX10が我が家にやってきた!

今日の1枚

SWRの不思議(訂正あり)

中秋の名月を愛でる

AX1用のキャパシティキャップを作ってみた

あたふた CQ 初体験記

メイトン専用 カポ !?

夏は花火だ

初めての鉄道ジオラマ作り(その14)

楽譜の編集をしてみた

アンテナを交換した

なんとか ここまで来られたよ♪

アマチュア無線

FT8とCW その違いってなに?

FT8のワッチは毎日の日課
このところ、ずっとアマチュア無線の話題を書いていないんだけど、別にお休みしてるわけじゃなく、もちろん毎日ワッチを続けている。残念ながら、ぼくが好きなCWは相変わらずコンディションがよくないので、メインの運用は微弱な電波でも交信可能な14MHz帯のFT8のみとなってしまう。

相変わらず、アジア、特に中国、ロシア、韓国、東南アジアから、15秒に一回、ものすごいたくさんの局が見えてくる。でもぼくはほとんど聞き流していて、こちらからコールすることはまずない。

昨日は珍しく南米エクアドルやメキシコから聞こえてきた。何回もコールし続けたんだけど、まったくコールバックされなかった。残念。

今日も、朝からギターの練習をしながら、14.074MHzをずっとワッチをしていた。FT8のいいところは、他のことをしながらでも、無線機とパソコンがずっとワッチを続けてくれていることだ。状況は時々画面の世界地図を見ていればわかる。

マーシャル諸島からのCQ
いっこうに聞こえてこないときは、魚がいない日と同じ。そうそうに諦めて電源を切ることが多い。その前に、とりあえずCWを一通りチェックして終わりにする。今日も全バンドのCWチェックすると、珍しく10MHzで高速CWが聞こえてきた。コールサインは「V73NS」だ。あれ? 聞いたことがないコールサインだぞ!

QRZ.COMで「V73NS」を調べると、マーシャル諸島からの無線局だった。「CQ V73NS 1UP」とCQを出している、つまり1KHz上から送信して、スプリット運用しろと言っている。

要するに通常は、送信周波数と受信周波数を同じ周波数にして、交互に交信しあうんだけど、多くの無線局がコールすると混乱しちゃうから、送受信の周波数を、それぞれずらして一方通行にするとスムーズになるよね。その指図が「1UP」ということだ。

さっそくスプリット運用に切り替えてコールすると、すぐにコールバックがあった。よ〜し、やった! これはマーシャル諸島との初交信だった。なんだか久しぶりに興奮してしまった。まるで大物を釣った気分だった。

マーシャル諸島のロイ=ナムル島という小さな島。今までまったく知らなかった島の名前が、ぼくの心に刻まれた瞬間だ。ちょっと大げさな話かもしれないけど、それでもやっぱりいいな、アマチュア無線って、CWって……。

FT8とCW その違いって?
アマチュア無線は本当に多くの通信方式がある。マイクで話し合うFM、SSB他、モールス信号のCW、デジタル通信のFT8、RTTY、SSTV他、その中でぼくは主に、FT8とCWを運用している。その違いってなんだろう。もちろん、電波形式、交信方法、ソフトなどは全然違うので、ちょっと違うことを書いてみる。

FT8は無線機とパソコンとソフトがあれば誰でもできる。確かに手軽だし、微弱な電波でも遠くまで飛んでいくのが魅力だ。しかも運用人口が爆発的に多い。まるで渋谷のスクランブル交差点のように、世界中の多くの人がすれ違う場所だ。そこですれ違いざまに、ハイタッチをして一瞬で終わるつながり。

CWは誰でもできるわけではなく、修練をした人しかできない。しかも、やっている人口が圧倒的に少ない。でもこよなくCWの世界を愛している人が、世界中を旅していて、たまたまこの岡崎に来て偶然出会った人に、や〜よく来てくれたね、と笑いながら握手をしあう。短い時間だけど暖かいつながり。

人それぞれなんだろうけど、ぼくにはそんな違いを感じてしまうんだよね。CWには人の体温を感じられるような、不思議な何かがあるんだよ。君もぜひチャレンジしてみないかい?

 

-アマチュア無線
-, ,