趣味って楽しいの?

今日から「Beautiful Love」の練習を始めた...

モービル運用のテスト

まだまだ未熟者につき 精進してまいります

「腑に落ちる」までノイズ対策を続けたい

JTAlertのアラート機能を使ってみた

C23を探せ!

今度はウィンドウズが壊れちまった

愛する家族、孫たちと過ごしたいものだ

AX1というアンテナの実験には終わりがない

やっとパスしたぞ!

CWの練習をした

リモートでCW運用を楽しもう

一旦、立ち止まることにした

このお正月休みはギターレッスンで過ごそう

新曲の練習をはじめたよ♪

アレを使ってみた

3Dプリンターの購入候補を変えた

クゥエートと初めての交信

知ってた? 正しい体温計の使い方

乗り遅れるな、と!?

移動運用の準備完了

「セウタ」ってどこ?

お帰りなさい! メイトン姫さま ♡

再びアンテナの交換をした

SAYONARA 8N6OLP!

中秋の名月を愛でる

no image

今日もJT65を楽しんだ

ようこそ、高音質の世界へ!

エレガットを衝動買いしてしまった

ギタリストは爪が命というけれど

相性

VSWR計製作キットQPM-01が届いた

自分の映像作品を作る Ver.2.0(その2)

広大なDAWの世界を旅する、定年おじさん

ホットサンドメーカーを試してみた

新MacBook Proが届いた。

乾杯しよう!

どーでもいいことに一生懸命になる

FT817でFLdigiを試してみた

ベンチャーズの練習を始めた

携帯基地局問題

大切なのは失敗を楽しめるかどうかだ

モービル運用のシャックが完成

身近なグリーンライフは楽しいよ♪

写真のある暮らし

KX2が面白くなってきた

なんとか ここまで きたゾ!

秋の天体ショー、さあ リベンジだ。

FT8の交信成立について

今日ものんびりJT65を楽しんだ

「日々の練習を積み重ねる」ということの意味

こういう解決法もある...

久しぶりのCW交信

サーバー移行奮闘記 その後

たった2WのCW移動運用で新潟市と交信できた

ジャージー島と初めての交信

ほぼ 復活宣言!

5ヶ月待った リニアアンプキットが やっと届いた

「おやじキャンプ飯」が面白い

「キルホーマン」と「じゃがバタチーズベーコン」

「Prusa i3 MK3S」の組立て(気になる3日目...

また部屋の改造をしたくなってきた

アクアリウムのために部屋のリニューアルをした

久しぶりにヨーロッパとCW交信

初めてのアクアリウム日記(その4)水質検査

「JA1TOKYO」と交信した

あなたへチューリップの花束を贈ろう!

「Prusa i3 MK3S」の組立て(大ピンチの2日...

さあ、Angelinaの練習をしよう!

ぼくはあまりにも疲れるとピアノが弾きたくなる

iPhoneでちょっとだけ曲作り♪

ついにジュピターが完成した。

3Dプリンターでケースを作った

クロスウォーマーが面白い

今日はDIYを楽しんだ

KX2 ~ Win4K3 ついにできた!

毎日をもっと大切にしたくなる物語

フォレストガンプのLesson2に入った♪

ディスプレイを大きくした

愉快に楽しく、そして丁寧に暮らそう

こんな日は家でゆっくり過ごそう

アウトドア雑誌「ガルヴィ」が届いた

帆船模型作りが楽しくなってきた

KX2に新しいノブが付いた

原因不明の暴走 ???

FTDX10が我が家にやってきた!

新曲の練習を再開した

no image

CW練習、1ヶ月がたったよ

FTDX3000 + SDRPlay + HDSDR ...

非常時に備えよ

久しぶりにのんびり過ごした休日の午後

スーパームーンに心を癒やされる

初めての鉄道ジオラマ作り(その13)

QRPトランシーバのバージョンアップ完了!

YouTubeが教えてくれる

幸せな生活のための貴重なレッスン

今日はFTDX10のQSOデビュー記念日

JR岡崎駅にストリートピアノが設置された

「他人を疑う前に自分を疑え」という教訓

鉄道模型

初めての鉄道ジオラマ作り(その11)

前回の「初めての鉄道ジオラマ作り(その10)」でトンネル部分と土手の部分の工事を終えたので、次は池の部分の工事に入ることにしよう。

まずは、池のスタイロフォームをくり抜くところから始めた。ここに池の底を作ることになるわけだね。

底の部分は5mm厚のカラーボードを同じ大きさにけがいてから、くり抜く。これをはめ込んで接着すれば池の底になるのだ。

少しずつ周囲を削っていき、底の部分にうまくはめ込めたら、これを接着し底が完成した。ここに紙ねんどを盛っていき深さをもっと浅くしていく。

……と思ったが、その方法よりこのボードの底にゲタを履かせて底上げすれば、もっと簡単だということに気がついた。

まだボンドが乾く前に一旦はがして、カラーボードを3枚重ね15mm厚にして、4カ所にゲタをはかせて底を高くした。これでいいかな。

このカラーボードは樹脂なので塗装できない。そこで紙ねんどを薄く全体に敷いて角の部分も滑らかにした。ここに絵の具で水色に塗って水のようにしようと思う。

紙ねんどの上に絵の具で水色で塗って、何となく水の動きもつけてみた。この上に「リアリスティックウォーター」という透明の樹脂を流しより池らしくしていく。

さあ、樹脂を流し込んだので、これで約24時間かけてゆっくり硬化させると、透明感のある池の水が完成することになる。

硬化させる間にホコリが付かないように池の上を覆って保護する。よしこれで終わり!

その時「ちょっと待ちなよ、24時間後にどうなっているのかと想像してみたのか?」
……と、もう一人のぼくがつぶやくのが聞こえた。

そこでもう一度先ほどの写真を見直してみた。

「う〜〜ん。やっぱりどうも違うんじゃないの?」と言う。
確かに……。どこがどうだとか、こうしたらよいとかじゃなく。もう一人のぼくが言うことが正しいと思った。

どうしたら良いかのアイディアは浮かばないけど、とにかく硬化してしまったら、やり直しはできないなと思ったのだ。

そこで、急きょこのドロドロの透明の樹脂を全部取り除くことにした。

両手に使い捨てビニール手袋をはめ、キムワイプを使って、樹脂を吸い取る。

吸い取る。拭き取る。吸い取る。拭き取る。もう何十枚も使って吸い取り、拭き取っていく。なんとか殆ど拭き取り終えたので、これでいいだろう。

何かよいアイディアがあってこうしたわけではなく。それより直感的にただやり直したほうがいい思ったのだ。

そしてもう一人のぼくが言う。
「これからはね。次にやる方法を小さなサンプルを作って、それでシミュレーションしてからやるといいよ」

そうだね。これから先の工程も全てそういう方法でいくことにしよう。いろんなことを気がつかせてくれた。もう一人のぼくに感謝しよう。

ありがとね!

 

-鉄道模型
-