今日から、日本国内を旅することにした。

no image

いかんいかん

ピアノ音源「グルグル迷路 奮闘記」(Synchron ...

さあ、水彩スケッチを始めよう

Zショーティー・ジオラマ作り(7日目〜完成)

伊豆に行ってきたよ

焚き火&ウィスキーを楽しみたい!

パラムシル島って知ってるかい?

さあ、Angelinaの練習をしよう!

FTDX10が我が家にやってきた!

写真を楽しめ!そして今を生ききれ!

「春よ、来い」の練習も始めた♪

FT4の初体験

no image

金沢は桜が満開でした

初めての鉄道ジオラマ作り(その14)

動画で楽しい仲間ができる

no image

河津桜を見に行った

ついに世界6大陸とQSO!

初雪

PCの自作に挑むのだ

18MHz帯のFT8が面白い!

アマチュア無線再免許、ギリギリ間に合った!

未だ、ぼくの春は到来せず

ついに新MacBook Proが発売された。

「Prusa i3 MK3S」の組立て(大ピンチの2日...

初めてのアクアリウム日記(その7)ついに魚たちが水槽に...

「Prusa i3 MK3S」の組立て(ついに完成!4...

AX1 × MFJ-1840T × リトルターヒルの比...

FT8の環境改善、そしてウクライナ無線局との交信

もっと良質なサウンドを作りたい!

KX2のスタンドを3Dプリンターで作ってみた

秋の天体ショー、さあ リベンジだ。

アマチュア無線はCW交信こそが原点だ

猛暑に耐える、えだまめ君

暮らしの中にCWを

久しぶりに家族旅行を楽しんできた ♪

なんとか ここまで きたゾ!

棚が完成したぞっと!

今度こそギターの復活かな

爪を強くしたいのだ

ようこそ、高音質の世界へ!

no image

偶然の出会い

インターネットの恩恵に感謝

4月8日は「アクアリウム記念日」

アナライザーを改造してみた

移動運用の準備(その2)

FT8は釣りに似てるなあ

no image

イスラエルの局と交信

1枚目の基板がほぼ完成

今年最後?の移動運用を楽しんだ

パラレルモードの一日

移動運用のための小型パソコン

焚き火 そして CW移動運用

モービル運用のテスト

ぼくのシャック(無線室)

新しいコンデジが届いたぞ♪

今年もくらがり渓谷へ行ってきた。けど。

FT8の交信成立について

クック諸島と交信できた!

これを「プラトー現象」と言う、らしい

ヨドバシ・ドット・コムが凄い

初めての鉄道ジオラマ作り(その3)

鳥羽旅行を楽しんできた

スウェーデンまで飛んだ

アパマンハムのFT8運用動画をアップした

KX2 と Win4K3 Suite、そしてノートパソ...

大切なのは失敗を楽しめるかどうかだ

3Dプリンターを始めよう

定年おじさんの「夏休み自由工作」

岡崎の駅ピアノには、ぼくの求めるものはなかった

KX2とハムログの連携に成功!

no image

CW練習、1ヶ月がたったよ

カムバックして5年たった

レイアウトボードができた

非常時に備えよ

no image

南側のアンテナからJT65をトライしてみた

サイレントG きみは陰の主役だ

今日の帆船模型作り日記

東公園の紅葉を見に行ってきた

愛する家族、孫たちと過ごしたいものだ

初心に帰ろう

今日からCWで封印を解いた

no image

バーレーンってどこだっけ?

鉄道模型は実験を楽しみながら

久しぶりの移動運用?

DTMで作曲を始めてみた

御在所ロープウェイ~湯の山温泉の旅

「キルホーマン」と「じゃがバタチーズベーコン」

AX1用のキャパシティキャップを作ってみた

FT-817 復活作戦・なぜかDCプラグが使えない問題

おお〜フェンダー姫よ

ソーラーパネルのテストをしてみた

CQ誌を買ってきた

美矢井橋河川緑地をホームパークに

妄想がこうなった。そして……。

なんとかここまで来たよ

第一日目、こりゃ難関じゃ。

お空のコンディションが上がってきた♪

自作PCが完成したぞ!

AX1のSWRを調整する(その3)

アマチュア無線

FT4の初体験

先日買ってきたCQ誌10月号の別冊付録が『「FT4」活用ガイド 』というもので、以前から気になっていたFT8の次のモードFT4が詳しく掲載されていた。

FT4のことはまだ情報が少ないし、FT8が大人気なのであまり注目されていなかったよね。でも今日(木曜の午後)はこの機会にチャレンジしてみることにした。

そのきっかけになったのが「FT8で免許を受けていれば、FT4は運用できる?」という記事だ。疑問形なんだけど結論は運用できるってことだね。じゃあすぐにできるので試してみようと思った。

まずはいつものようにFT8のモードからワッチを開始する。周波数は14.074MHz。やっぱりそこそこにぎわっているようだね。

次にモードをFT4に切り替えてみると周波数が14.080MHzに切り替わる。

周波数はほとんど同じなのに、こっちの電波はあまりみえていないね。それほど運用している人が少ないということだ。それとFT8にくらべFT4の方が受信感度が低くなるということも要因らしい。これが現実なのかな。

しばらくワッチをしていると、オーストラリアのVK3POP局のCQがみえたので、すかさずにコールするとすぐにコールバックされた。初めてのFT4達成!意外に簡単だった。

今までのFT8は送信受信がそれぞれ15秒単位で切り替わるけど、FT4はたったの7.5秒単位で切り替わるのでアッという間に終わる。これはすごいな!

そしてすぐに「VP8LP」という珍しいコールが見えた。おお、これはフォークランド諸島からだ。もちろんすぐにコールしてみた。するとすぐにコールバックされた。新しいエンティティの達成の瞬間だ。なんかFT4って凄すぎる、そう思った。

地図でみるとこの距離だ。南米アルゼンチンの先のフォークランド諸島、直線距離で17,800Km! といってもなかなか実感がわかないよね。

そこで地球儀でみてみることにした。みえん! 完全に地球の裏側だ。それほど遠いところと交信することができたんだなとわかる。凄いことだよね。

結局この日は短い時間にオーストラリア、フォークランド諸島、フィリピン、そして日本の4局と交信することができた。その後一気にコンディションが落ちて全く交信することができなくなった。

続いて『「FT4」活用ガイド 』を読んでいくと、この中にハムログに新しくJT-Get'sという機能が加わったと書いてあった。これは交信結果を、ハムログの新機能で自動的に追加処理をしてくれるものらしい。これは便利かもね。

さっそくダウンロードしてセットアップしてみた。実際に試してみたんだけどどうもうまくいかない。今まではJT-Linkerというソフトがそれをやってくれていて、特に問題はなかったので元に戻した。

というわけで、初のFT4体験が9月22日(木)のことで最初から凄いことがあった期待感もあって、昨日と今日はほとんど一日中FT4(14.080MHz)をワッチしながら他のバンドをワッチしていた。しかし残念ながらまったく受信することができなかった。

それに比べて同じバンドのFT8(14.074MHz)は多くの無線局が出ていた。この違いはやっぱりまだ知られていないからだろうか。そこで今日は夕方から久しぶりにFT8でCQを出してみることにした。

その結果、短い時間にオーストラリア、アルジェリア、フランス、中国、インドネシア、日本、そしてロシアの11局と交信することができた。

 

-アマチュア無線
-,