X8のセットアップ(そして裏話もね)

KX2でFT8を試してみた

ただ今 アマチュア無線を封印中につき

レイアウト台が完成した

8年ぶりにフェイスブックを再開した

ローテータをメンテナンスした

no image

SIGMAのPhotoProを使ってみた

ギターの復活 ♪

トンガ王国と初めての交信

ぼくのギター講師 トミー先生

アコギ 新曲の練習を開始〜♪

SWRの不思議(訂正あり)

いつも心に “メメント・モリ”

タイムコードを使わないで、X8の音声と複数の動画を同期...

ベランダにリトルターヒルⅡを設置した

初めての鉄道ジオラマ作り(その11)

HARDROCK-50製作記録のまとめ

「Prusa i3 MK3S」の組立て(大ピンチの2日...

アウトドアライフと避難生活

no image

バーレーンってどこだっけ?

no image

「腑に落ちる」までノイズ対策を続けたい

AX1というアンテナの実験には終わりがない

このお正月休みはギターレッスンで過ごそう

I am Begali Keys Friend !

幸せな生活のための貴重なレッスン

秋のデンパークに行ってきた

PCの自作に挑むのだ

メイトン専用 カポ !?

カメラを持ってデンパークへ!

「発送しました」メール

今年最後?の移動運用を楽しんだ

移動運用のパドルを見つけた

41/50まできたWAS、そしてJTDX絶不調の件

気楽な行き当たりばったりの旅

退化していくApple

no image

実験終了〜♪

やっぱりCWの方が楽しいな

no image

遊ばれてしまった(-_-;)

たった2WのCW移動運用で新潟市と交信できた

ついにジュピターが完成した。

アルゼンチンと交信

台風対策

SAYONARA 8N6OLP!

絶不調のJTDXは復活させることができるのか!?

初雪

仕事場をさらにリニューアルした

台風7号が接近中のためアンテナを撤去

久しぶりのジュピター号作り

テレサ・テンを聴きながら考えたら答えが見えた

新曲「上を向いて歩こう!」の練習をはじめた

no image

新しいMacがやってきた

前照灯の取付け完了!

DXCC 100 へ リーチ宣言!

DIYでキャスター台を作った

no image

CW練習、1ヶ月がたったよ

コーヒーを飲みながら読書を楽しむ

ぼくのiPhone

QRPトランシーバのバージョンアップ完了!

お花畑のジオラマをつくろう

手動でKX2のSDRPlay化を試してみた

新しいコンデジが届いたぞ♪

初めての鉄道ジオラマ作り(その9)

FT8をYouTubeにアップしてみた

久しぶりに家族旅行を楽しんできた ♪

写真のある暮らし

初めてのアクアリウム日記(その6)エビちゃん登場!

届いた2つのアワードを飾ってみた

初めての鉄道ジオラマ作り(その8)

ブラインドタッチ奏法について

RS-BA1を使ったリモート化(まず有線から)

ピアノの練習を再開した♪

バッテリーがついたVN-4002 赤鬼くん

おちこんだりもしたけれど、私はげんきです。

「春よ、来い」の練習も始めた♪

久しぶりの移動運用?

昇圧コンバータで送信出力を上げる

KX2で やりたいこと

ブログのサーバー移行、ただいま奮闘中

ぼくがアクアリウムのために揃えたもの

久しぶりの移動運用を楽しんだ♪

孫との約束が果たせるぞっと

エレガットを衝動買いしてしまった

「セウタ」ってどこ?

この5年で趣味部屋がどう変わったか。

Osmo Pocket 3を持って初詣に行ってきた

no image

初バングラデシュ

QPM-01のケースを作ってみた。

VSWR計製作キットQPM-01が届いた

いとしのメイトン!

FT-817 復活作戦・結局アンテナは三脚を使うことに...

FT8とCW その違いってなに?

no image

金沢は桜が満開でした

KX2に新しいノブが付いた

部屋の改造をしてみた

しばらくお休みしよう。

S'50代を聴きながら 模型作りを楽しむ

広大なDAWの世界を旅する、定年おじさん

LogBookとJTDXへ引っ越した

テイラーギターを買った理由とそれまでの経緯

アマチュア無線

CWSkimmerよ。なんでだい?

今日はイタリアのベガリ社からCWパドルが届く日だ。ずっと会社で待ちわびていた。ところがいっこうに届かないので問い合わせをしてみた。すると今日は国内配達業者の佐川急便に引き渡すまでで届くのは明日だという。う〜〜〜〜ん、しかたがない。

この何日ものあいだ、CWのDXシーズン到来の準備のために、この広域受信モニターHDSDRとCWSkimmerの不具合に悩まされている。左のHDSDRは本来のCW信号が見えていないし、右のCWSkimmeの表示もおかしい。

CWSkimmeは本来ならこうみえるはずだ。こんなふうに以前使っていたときは全く問題がなかった。それを久しぶりに動かしてみたらおかしな状況になったのだ。

こんなふうに1つの信号が何列にも表示されてしまうのだ。

そこでダメ元で開発者のVE3ENA局アレックスに、この画像を添付してメールで問い合わせてみた。するともうだめだなと諦めかけていた頃に返事があった。届いた内容をそのまま貼り付けると

-----
Dear Ryuji Shibata,

CW Skimmer shows on the waterfall whatever signal it receives at the input. You can feed the same signal to some other software, such as HDSDR, to examine your signal in more detail. Visually, it looks like the 3-rd and 5-th order combinational products that appear due to some non-linearity.

Multiple traces of the same signal is not the only problem visible on the waterfall display. Another problem is that there is no noise floor, the background is just solid dark color. Either you have incorrectly set brightness and contrast, or the input signal does not have a uniform noise floor, which is another indication of the input signal problem. In both cases, detailed examination of the spectrum in HDSCR might reveal the nature of the distortion.

73 Alex VE3NEA

これをグーグルで翻訳すると

親愛なる柴田隆二、

CWスキマーは、入力で受信する信号をウォーターフォールに表示します。 同じ信号をHDSDRなどの他のソフトウェアに供給して、信号をより詳細に調べることができます。 視覚的には、非線形性のために現れる3次と5次の組み合わせ製品のように見えます。

同じ信号の複数のトレースが、ウォーターフォールディスプレイに表示される唯一の問題ではありません。 もう1つの問題は、ノイズフロアがなく、背景が単色の暗い色であることです。 輝度とコントラストを正しく設定していないか、入力信号に均一なノイズフロアがありません。これは、入力信号の問題を示しています。 どちらの場合も、HDSCRでスペクトルを詳細に調べると、歪みの性質が明らかになる場合があります。

73アレックスVE3NEA

-----

この内容にいくつかヒントがあった。とにかくHDSDRを使って同じ信号を詳細に調べていくのが鍵になりそうだ。まずは正常に動かないHDSDRから解決しようと思った。

それで日曜日は一日かけていろいろ調べることにした。

1.まずFTDX3000とSDRPlayの接続だが、なんとIF OUTの隣のPTTの上にさしていた。正しくは「IF OUT」の端子だ。なんだこれかと思って、差し替えたのだが変わらなかった。残念。

2.次にHDSDRのバージョンを見ると、OmniRig V1用とV2用があって、ぼくはV1を使っていた。V2はFTDX-3000もサポートされている。そこで新しくOmniRig V2をインストールしなおして、HDSDRのOmniRig V2用をインストールした。

・OmniRig V2
http://www.hb9ryz.ch/omnirig/
・HDSDRのOmniRig V2用
http://www.hdsdr.de


3.HDSDRを起動すると、最初に「ExtIOのdllをPSP1.dllかPSP2.dllかを選べ」と出るので、PSP2.dllを選ぶとAPI ERROR 127の警告がでた。無視してOKを押して先に進んだ。Options[f7]でSelectInputを見るとやっぱり「ExtIOがnot ready!」となっている。PSP1.dllを選んでも同じだった。

4.つまり、これはSDRPlayが認識されていないのじゃないかと思った。USBのランプを見ても消えたままだ。要するに認識されていないのだね。

5.そもそもこれはSDRPlayのドライバーがインストールされていないのでは? と思った。そこで、もう一度SDRPlayの接続をすべて外して、再起動してからSDRPlayをUSB接続した。パソコンからチャイム音がなった。よしこれでドライバーがインストールされたのかなと思った。

6.再度OmniRigを起動し、HDSDRを起動したが、結果は同じだった。USBも消えたままだ。う〜ん、困ったなどうしよう。

7.そこでSDRPlayのサイトからドライバーをダウンロードしてインストールすることにした。
https://www.sdrplay.com/downloads/
この中の「API/HW DRIVER – V2.13 (20TH JUN 2018)」がそれ。

普通ならは必要ないかもしれないが、ぼくの場合はとにかくドライバーがない状態だと思ったからだ。通常ならHDSDRインストール後、起動する前にSDRPlayを接続するとドライバーがインストールされるはずだがこれがうまくいかない。それでこういう方法をとった。

8.インストールしてから、SDRPlayを接続し、HDSDR V2を起動すると最初に「ExtIOのdllをPSP1.dllかPSP2.dllかを選べ」と出るので、PSP2.dllを選ぶと今度はエラーなしで、起動した。やった! そして「ExtIO」のボタンが水色に点灯している。V1の方はこのボタンがなかった。このボタンをクリックするとSDRの回路みたいなのが表示された。よしこれでいいな。

続いて、設定[F7]のSelect Inputで「SDRplay RSP」が選べるはずだ。ぼくの場合、選ばなくてもすでにそうなっていたが。

9.次に設定[F7]でCAT to Radio(Omni-RIg)でOmni-Rig Setupをクリックするも「OmniRigがインストールされていない」いうとエラーになった。間違いなくV2をインストールしてOmniRigを起動しているのにだ。困った。いろいろ調べても答えが見つからない。

どうしてもうまくいかないので、ダメ元でOmniRig V1をダウンロードしてインストールしてみた。V2があってもアンインストールしなくてよいらしい。
・OmniRig V1
http://dxatlas.com/Download.asp
このOmniRigを解凍してインストールした。そしてINI filesも解凍し、同じフォルダーに入れた。

10.そしてHDSDR V2を起動して、先ほどの設定[F7]でCAT to Radio(Omni-RIg)でOmni-Rig Setupをクリックすると、今度はV1のOmniRigが起動して、FTDX3000を選べた。なぜか、それぞれのバージョンが違うのに正常に動いた。

さらに[F7]でCAT to Radio(Omni-RIg)でsync to to Omni-Rigをチェックする。これでFTDX3000のダイヤルを回すと同期した。あとは、ウォーターフォールの調整をして見やすくすればとりあえず、クリアだ。ふ〜〜〜。疲れた。

ともかく、HDSDRを正常に動かせるようにして、FTDX3000から出ている同じ信号がHDSDRとCWSkimmerを比較してどう見えるかだ。アレックスは「HDSDRでスペクトルを詳細に調べると、歪みの性質が明らかになる」と言っていたが、どうやらHDSDRの方は問題なさそうだ。

つまり、CWSkimmerの信号の流れを詳しく調べることかなと思った。そこで、今日はあるテストをしてみた。別のノートパソコンを使って、新規にCWSkimmerをインストールして、どうなるかを調べてみた。パソコンの問題かもしれないと思ったからだ。

結果的に同じ症状が出た。となると、あとはCWSkimmer周辺の問題に限られるということだね。アレックスのアドバイスで「 輝度とコントラストを正しく設定していないか」というのがあったけど、これもいろいろ調整したが、結果は同じだった。

「これは、入力信号の問題を示しています」ということなので、これがヒントなんだろうな。とはいえ、まったく見当がつかないぞ。困ったな。

もう少しいろいろ試してみよう。実は今までの経験で新しいことにチャレンジしようと思うと、殆どすんなりいくことはなかった。でも、むしろそれが楽しいと思って取り組めたんだね。

それはこういうトラブルがあると、いろんなことを勉強することになる。新しい知識が増えていくことも楽しいことだし、どうしようかと考えることもとても楽しいことなんだと思っている。

まだまだ、解決は先かもしれないけど、前に進んでいるのは間違いない。それでいいんじゃないのかなと思う。

 

-アマチュア無線
-, ,