初めての鉄道ジオラマ作り(その3)

我が家に素敵なランタンがやってきた

初めての鉄道ジオラマ作り(その17)

no image

Instagramを始めた

新MacBook Proが届いた。

IC-705とハムログの問題が解決した。

IC-705の審査終了!

今日はDIYを楽しんだ

あれこれ気が散る休日の午後

no image

金沢は桜が満開でした

くらがり渓谷へ行ってきた

18MHz帯のFT8が面白い!

3Dプリンターはこれに決めた!

色が決まらないのだ

焚き火 そして CW移動運用

久しぶりにCWのQSOを楽しんだ♪

キャンプに行きたいのだ

DXCC 100達成! 申請完了!

ギターもいいけど ウクレレもね

「東海QSOコンテスト」に二刀流で参加した

写真のある暮らし

滋賀の旅@雨男

スウェーデンまで飛んだ

移動運用のための小型パソコン

WASあと2州、そして今日はOne Day AJDに挑...

ギターを弾くのに爪はいるの!?

ただ今 アマチュア無線を封印中につき

アルゼンチンと交信

レコーディングとミキシングを楽しみたい

no image

偶然の出会い

FT-817の復活作戦・3Dプリンターでスタンドを作っ...

iPad Proがやってきた

春よ来い!

DIYでキャスター台を作った

初めての鉄道ジオラマ作り(その16)

no image

SIGMAのPhotoProを使ってみた

帆船模型作りは山登りと同じかも

原因不明の暴走 ???

「Prusa i3 MK3S」の組立て(気になる3日目...

今日はCWの環境を整備するのだ

新しいコンデジが届いたぞ♪

上を向いて歩こう♪

カメラは知的な遊びだ

「ギター練習の再開!」そのきっかけ

エレガットを衝動買いしてしまった

KX2でFT8を試してみた

東公園の紅葉を見に行ってきた

写真は面白い

さあ、Angelinaの練習をしよう!

ぼくがブログを書く理由

新しいMacBook Proがやってきた

no image

Facebookで初めて良かったなと思った

猛暑に耐える、えだまめ君

サイクル25のピークを迎える期待感

パラオと交信できた

初めての鉄道ジオラマ作り(その10)

がんばるな 自分

ジュピター号の製作開始

CWのQRP運用を楽しむ

Z fc か Z f か、どちらを買うべきか!?

「人生でかかせないもの」

爪が割れてしまった(T_T)

DTMで作曲を始めてみた

新しい時間割で過ごした一日

定年おじさんの「夏休み自由工作」

AX1のSWRを調整する(その3)

無線機たちに もっと愛を!

ぼくの仕事場のリニューアル

おじさん 迷路から出られるのか

no image

南側のアンテナからJT65をトライしてみた

レイアウトが決まった!

KX2に新しいノブが付いた

こんな近くでも移動運用は楽しめる♪

no image

河津桜がほぼ満開だ

no image

実験終了〜♪

楽譜の編集をしてみた

ジュピター号の開封!

べガリキーが欲しいのだ!

初めての鉄道ジオラマ作り(その20)

3DプリンターでIC-705のスタンドを作ってみた

おもちゃ屋さんでスイッチが入った

知ってた? 正しい体温計の使い方

初めての鉄道ジオラマ作り(その1)

がんばらないけど、どうでしょう?

no image

おー、ニューカレドニア!

この5年で趣味部屋がどう変わったか。

気を引き締めろ、自分

今日から「Beautiful Love」の練習を始めた...

ピアノが教えてくれた「大切なこと」

JTDXとWSJT-X どちらが使いやすいのか

久しぶりに電波を出してみた。

孫との約束が果たせるぞっと

星の写真を撮るのが楽しくなった

HARDROCK-50製作記録のまとめ

HARDROCK-50の申請完了!

のんびりすごそう

考えるよりやってみろ

Begali(ベガリ)に一目惚れ ♡

Marvel'sスタジオ:アコギ録音の奮闘記なのだ

セットアップでエラーの連続だぜ (-_-;)

アマチュア無線

偶然の出会い

150830_ham0

この写真はJT65というパソコンと無線機を使ったデジタル通信を行っている様子だ。ぼくのコールサインJA2WIGをRA6ANというロシアの局が呼んでくれている。ピンクのところがそれだ。

さてこのところ、不純な天気が続くよね。外に遊びにいく気分にもなれないし、そういう時は無線室でアマチュア無線を楽しんでいる。

ところが最近の電波状況はまったくダメなので、ぼくのメインの楽しみのCW(モールス)もだめだ。でも最近始めたJT65だけは唯一交信が可能なのが救いだ。

JT65ができるバンドはぼくの環境では、7Mz、10Mz、14Mz、18Mz、21Mz、24Mz、28Mzといろんなバンドがあるのだが、その中で21MHzだけが何とかぼくの環境でも聞こえてくる。

ところが、ぼくの環境はビッグアンテナではなく、小さなスクリュードライバーアンテナだ。これはアメリカから輸入した優れものリトリターヒルHFという、モービル用(車に付ける)アンテナだ。さらにあえて小さな無線機でたった2.5Wという送信出力で送信している。

メインの100W機は使わないで、いかにこの悪い環境で、どこまで遠く交信できるかにチャレンジしたいのだ。

だから、世界中からいろんな局が聞こえてくるけど、いくら呼んでも応答が殆どない。ぼくより良い環境の無線局がどんどん交信している。

それでもあきらめずに、呼び続ける。そんなことをずっとしているのだ。かと言ってそれほど大変なことをしているわけではないだけどね。

150830_ham2

いくら呼んでも応答がない。
それなら、いっそCQを出し続けよう。作戦変更だ!

何度でも呼んでもらえるまで、CQを出し続ける。
すると諦めかけたころに、ぼくを呼んでくれる局があった。それはロシアの局長さんだ。なんと、7,911キロも離れている無線局だ。やったー!という感激。これだからやめられないよね。

デジタルの世界だから、リアルタイムでどこから飛んで来ているのが表示される。なんと、黒海に近いところからだよ。たった2.5Wのしょぼしょぼの電波がこんなに遠くまで飛んで行く。常識的には考えられない凄いことなんだよね。

150830_ham1

その後、CQを出し続けていたら、今度は何とフランスの局長さんが呼んできてくれた。先ほどの無線局よりさらに遠い局だ。

後で調べてみると、どちらの無線局もかなりのビッグアンテナだった。つまり、ぼくの超微弱な電波もビッグアンテナと高性能の無線機を使って拾ってくれる。そういう感じだろうか。

とはいえ、いずれのこともとても偶然の出会いと言える。ぼくの環境で唯一できるバンドとJT65という特殊なモード。そして、たまたまその時間に、たまたまそのバンドを聞いていて、たまたまその時に電波状況が開けて、たまたまその電波を聞いていてくれた。そういう偶然というか奇跡があるからこそ、ぼくのような環境でも楽しめる世界があるだよね。

こういうことを経験すると、アマチュア無線の素晴らしさをあらためて感じる。キングオブホビー、まさにそういうことだなと思う。

-アマチュア無線
-,