グルーブ感こそ全てだ

やっちまったぜ。と笑った。

アコギ 新曲の練習を開始〜♪

FT8とCW その違いってなに?

初めての鉄道模型 、面白いぞ〜♪

幸せな生活のための貴重なレッスン

手動でKX2のSDRPlay化を試してみた

再びアンテナの交換をした

3Dプリンターの購入候補を変えた

「発送しました」メール

ブラックボックス

Zショーティー・ジオラマ作り(4日目)

新MacBook Proが届いた。

レウアウト画で迷路

フジゲンというブランドは 知らなかった

無線室のリニューアル完了!

初めてのCWDXコンテストにチャレンジしてみた

I am Begali Keys Friend !

今年もくらがり渓谷へ行ってきた。けど。

爪が割れてしまった(T_T)

ぼくの相棒がやってきた

手作り好きな ぼくの魂に火がついた

アンテナの移動工事をした

FT8をYouTubeにアップしてみた

九州の旅に行ってきたよ

QPM-01のケースを作ってみた。

今度はウィンドウズが壊れちまった

初めての鉄道ジオラマ作り(その14)

趣味って楽しいの?

もっと良質なサウンドを作りたい!

IC-705とCtestwinを連動させた

なんとか ここまで来られたよ♪

今日はサモアと交信できた!

お空のコンディションが上がってきた♪

ホットサンドメーカーを試してみた

ブラインドタッチ奏法について

ついに新MacBook Proが発売された。

ジャージー島と初めての交信

写真は面白い

Macのデュアル・ディスプレイ化がやっとできた

べガリキーが欲しいのだ!

明日のぼくへ

カッコいいぞ!DD51 1000 A寒地 JR北海道色

KX2とWin4K3Suiteを試してみた

スーパームーンに心を癒やされる

DIYでキャスター台を作った

今日から、日本国内を旅することにした。

今日の帆船模型作り日記

VLLO(ブロ)という動画編集アプリを使ってみた

I LOVE CW ♡♡

その後「春よ、来い」はどうなったのか?

キプロスと交信できた

人生は思い通りにはいかないが、急がなくていい

ぼくの電波は北米へ9,716.1 km飛んだ

アポジーマイクは ぼくを変える

144と430にぼくの居場所はあるのか

知ってた? 正しい体温計の使い方

大いなる何かに導かれている

パラレルモードの一日

新曲「上を向いて歩こう!」の練習をはじめた

ジュピター号の製作開始

JTAlertXのメッセージ機能を見つけた

秋の南信州を旅したよ

今日から「Beautiful Love」の練習を始めた...

奇跡のコーヒー

レイアウトボードができた

3Dプリンターでケースを作った

VSWR計製作キットQPM-01が届いた

「セウタ」ってどこ?

ベランダにリトルターヒルⅡを設置した

Osmo Pocket 3を持って初詣に行ってきた

乗り遅れるな、と!?

5ヶ月ぶりにFT8を楽しんだ

no image

自宅内移動運用だと?

いとしのメイトン!

自作PCが完成したぞ!

no image

無事審査合格!

コンデジを選ぶのは楽しい♪

今年最後の交信、そして来年について

妄想がこうなった。そして……。

ギターヘッドにスマホ(続編)

“ If you can dream it, you ...

今日からCWで封印を解いた

no image

イスラエルの局と交信

KX2 と Win4K3 Suite(その3)

今日の1枚

空白の2週間。。。

スライドショー観てね!

FTDX10の故障原因と対策について

リニアアンプ 「HARDROCK-50」製作のその後

「今日のできごと」

さあ、いよいよ次の曲へ!

FT-817 復活作戦・腰は痛いが実験もしたい

アクアリウムに「我慢」の大切さを教えてもらった

KX2でFT8を試してみた

復活したぞ!

コンテストとWBCの二刀流? できるのか?

Pocket3の拡張アダプターを3Dプリンターで作って...

こんな日は家でゆっくり過ごそう

no image

スピードラーニングのようにはいかない

アマチュア無線

偶然の出会い

150830_ham0

この写真はJT65というパソコンと無線機を使ったデジタル通信を行っている様子だ。ぼくのコールサインJA2WIGをRA6ANというロシアの局が呼んでくれている。ピンクのところがそれだ。

さてこのところ、不純な天気が続くよね。外に遊びにいく気分にもなれないし、そういう時は無線室でアマチュア無線を楽しんでいる。

ところが最近の電波状況はまったくダメなので、ぼくのメインの楽しみのCW(モールス)もだめだ。でも最近始めたJT65だけは唯一交信が可能なのが救いだ。

JT65ができるバンドはぼくの環境では、7Mz、10Mz、14Mz、18Mz、21Mz、24Mz、28Mzといろんなバンドがあるのだが、その中で21MHzだけが何とかぼくの環境でも聞こえてくる。

ところが、ぼくの環境はビッグアンテナではなく、小さなスクリュードライバーアンテナだ。これはアメリカから輸入した優れものリトリターヒルHFという、モービル用(車に付ける)アンテナだ。さらにあえて小さな無線機でたった2.5Wという送信出力で送信している。

メインの100W機は使わないで、いかにこの悪い環境で、どこまで遠く交信できるかにチャレンジしたいのだ。

だから、世界中からいろんな局が聞こえてくるけど、いくら呼んでも応答が殆どない。ぼくより良い環境の無線局がどんどん交信している。

それでもあきらめずに、呼び続ける。そんなことをずっとしているのだ。かと言ってそれほど大変なことをしているわけではないだけどね。

150830_ham2

いくら呼んでも応答がない。
それなら、いっそCQを出し続けよう。作戦変更だ!

何度でも呼んでもらえるまで、CQを出し続ける。
すると諦めかけたころに、ぼくを呼んでくれる局があった。それはロシアの局長さんだ。なんと、7,911キロも離れている無線局だ。やったー!という感激。これだからやめられないよね。

デジタルの世界だから、リアルタイムでどこから飛んで来ているのが表示される。なんと、黒海に近いところからだよ。たった2.5Wのしょぼしょぼの電波がこんなに遠くまで飛んで行く。常識的には考えられない凄いことなんだよね。

150830_ham1

その後、CQを出し続けていたら、今度は何とフランスの局長さんが呼んできてくれた。先ほどの無線局よりさらに遠い局だ。

後で調べてみると、どちらの無線局もかなりのビッグアンテナだった。つまり、ぼくの超微弱な電波もビッグアンテナと高性能の無線機を使って拾ってくれる。そういう感じだろうか。

とはいえ、いずれのこともとても偶然の出会いと言える。ぼくの環境で唯一できるバンドとJT65という特殊なモード。そして、たまたまその時間に、たまたまそのバンドを聞いていて、たまたまその時に電波状況が開けて、たまたまその電波を聞いていてくれた。そういう偶然というか奇跡があるからこそ、ぼくのような環境でも楽しめる世界があるだよね。

こういうことを経験すると、アマチュア無線の素晴らしさをあらためて感じる。キングオブホビー、まさにそういうことだなと思う。

-アマチュア無線
-,