新しい練習方法を見つけた!

初めての鉄道ジオラマ作り(その5)

奇跡のコーヒー

我が家にフェンダーがやってきた

初めての鉄道ジオラマ作り(その2)

お空のコンディションが上がってきた♪

いよいよ、マストとヤード作りだ。

“ If you can dream it, you ...

棚が完成したぞっと!

今年最後?の移動運用を楽しんだ

CQ誌を買ってきた

FldigiでCWのデコードを試してみた

なんとかここまで来たよ

ぼくのiPhone

KX2 と Win4K3 Suite、そしてノートパソ...

IC-705のために揃えた小物たち

「新しい楽しみ」のスタート

ぼくのシャック(無線室)

ジュピターを聴こう♪

4月8日は「アクアリウム記念日」

アンテナのメンテナンスをした

空白の2週間。。。

IC-705+HARDROCK-50で移動運用を楽しん...

初めての鉄道ジオラマ作り(その15)

移動運用の準備完了

アウトドアグッズはインドアでも使おう

no image

遊ばれてしまった(-_-;)

鳥羽旅行を楽しんできた

初めてのアクアリウム日記(その4)水質検査

KX2でCWSkimmerを試してみた

「私らしい写真を撮る方法」それは哲学だ

御在所ロープウェイ~湯の山温泉の旅

no image

イスラエルの局と交信

さあ、水彩スケッチを始めよう

また振り出しに〜♪ いやステップアップなのだ。

三重へ小旅行に行ってきた

移動運用のための小型パソコン

京都へお礼参りに行ってきた

FTDX10:申請の四苦八苦中に故障者リスト入りとなっ...

今年最後の交信、そして来年について

やっと免許状が届いたゼイ

久しぶりの移動運用?

少しの時間でもジュピター号作り

自分の「映像作品」を作るということ

その後「春よ、来い」はどうなったのか?

一旦、立ち止まることにした

気を引き締めろ、自分

マーベルのアクアリウム日記(10ヶ月経過)

新MacBook Proが届いた。

今日から3つのクラブができました

3年後に〇〇〇を弾けるようになろう

今日も桜を見てきた

帆船模型作りは楽しい!

自分の映像作品を作る Ver.2.0(その3)

CPUファンを交換してみた

スーパームーンに心を癒やされる

モービル運用のテスト

「ヨシナガ式 ギター練習法」

エレガットを衝動買いしてしまった

CWの送信練習を始めた

KX2用のミニパドルキットを作ってみた

伊豆に行ってきたよ

FT-817の復活作戦・3Dプリンターでスタンドを作っ...

QPM-01のケースを作ってみた。

「SCARM」というソフトを使ってみた

今日はDIYを楽しんだ

サーバー移行奮闘記 その後

no image

いかんいかん

デンパークにカメラを持って出かけてきた

no image

SIGMAのPhotoProを使ってみた

久しぶりの移動運用を楽しんだ♪

久しぶりに家族旅行を楽しんできた ♪

パラオと交信できた

漫画ペン先セットを買った

ハンダごてと、ギター、そして気功的生活

フリード・プラス 改造計画

お気に入りのピアノ音源を探す旅

「帆船模型作り」のち「移動運用」

人生は小さなきっかけで、新しいことが始まる

KX2に使うアンテナを3本の中から選んだ

もうCWの練習は必要ないのかい?

KX2とハムログの連携に成功!

no image

実験終了〜♪

強制ギブス法だと?

お花畑のジオラマをつくろう

IC-705で50,144,430Mを追加申請した、け...

ギターもいいけど ウクレレもね

アマチュア無線免許「有効期限切れ」について

東海QSOコンテストのログを提出した

暮らしの中にCWを

コロナを飲み干してやる!

なんとか ここまで きたゾ!

YouTubeで流れるBGMの曲名を知る方法

最後の最後は 諦めが肝心?

マスターの音が復活した!

ジュピター号の開封!

KX2とWin4K3Suiteを試してみた

キャンプに行きたいのだ

「 物買って来る 自分買って来る 」

岡崎の駅ピアノには、ぼくの求めるものはなかった

アマチュア無線

ついに「8N6OLP」局との交信成立!

以前「FT8の交信成立について」でFT8では「73」が返ってこなくても、お互いにシグナルレポートの交換ができれば「交信成立」とみなしてもいいということを書いた。

この「8N6OLP」局を交信成立とすれば「東京2020 JARL記念アワード」が完成するのだけど、気分的にはやっぱりスッキリしない。もちろんその後もチャンスがあったけどそのたびに振られていた。だからもうアワードの申請はやめようと思っていた。

そして、この時にこれからはCQ局をコールする場合は、コールサインを送るのではなく「最初からシグナルレポート付きでコールすることにした」と書いた。

それ以降は「18MHz帯のFT8が面白い!」のように、CQの局をコールする場合はそのやり方でやっていて、短い時間で「交信成立」できるようになった。海外の局の場合はぼくのCQに対して約半数がこのやり方でコールされる。どうやらこれが世界標準になりつつあるようだ。

今日も朝から14MHz帯のFT8をワッチしていたけど、コンディションがあまり良くないので、殆ど画面をみないで他のことをやっていた。

そしてふと、画面を見ると「8N6OLP」局が見えた。今日も無理だろうなと思ったけど、ダメ元でコールするとすぐにコールバックされた。しかし今日もやっぱり「73」が返ったこない。やっぱダメか。

そして数分後にまた1エリアの局と交信を終え「RR73」を送っていたので、すぐにシグナルレポート付きでコールした。そして「R-07」が返ってきて、こちらから「RR73」を送る。

さあ、今度こそ、どうだ? ・・・・・ どうだ? ・・・・・

そして「73」が返ってきた (@_@)
ついにやったぞ!

ようやく胸を張っての「交信成立」となった。いやはやこれほど苦労したことは初めてのこと。「8J1RL」局と交信成立した時以上に大変だった。

ということで、これほど苦労したのならやっぱりアワードの申請をすることに決めた。対象になるのは6の「TOKYO 2020 DX-AJD」になる。1、3、4も可能だけどどうしようかな。そして5の「TOKYO 2020 Special」は「JA1TOKYO」とは交信できたが、あと5エリア残っている。

どうやら7MHz帯で多くの局が交信しているようなので、残り1週間は7MHz帯のFT8とCWをワッチすることにしよう。

う〜ん、こりゃまるで夏休みが終わる直前に、まだたくさん残っている宿題を必死で 友達のを写して 片付けようとしている、子どもの頃の自分を見ているようだな。笑

 

-アマチュア無線
-,