アマチュア無線

KX2でこんなに簡単にFT8ができるとは

最近はKX2に関しての情報を探すことが多くなった。そんなときにこんな動画を見つけた。KX2でFT8を運用するための解説動画なんだけど、ここで「サウンドカードで安くてこんなに小さなアダプタがあるよ、SignaLinkはいらないよ」と話していた。

えっ!? そんなのでできちゃうの?という話だ。そこでこれが日本のアマゾンにもあるかどうか調べることにした。あったあった、見つかったぞ。

それは「Sabrent USB オーディオ変換アダプタ WindowsとMacに対応 ドライバー不要 (AU-MMSA)」というやつで、なんと799円。ただしこれが本当に使えるものかどうかは、試してみないとわからない。もちろんすぐに注文した。

これが今日届いたのでさっそく試してみることにした。今まではSignaLinkを使っていたんだけど、ほんとにこんなのでできちゃうのだろうか半信半疑だった。

さあど~だ? ど~だ?  ど~だ〜?

お〜〜、できちゃったぞ(@_@)

こんなに簡単にできちゃうなんですごいな。しかも799円で。こりゃすごいな。もし興味がある人がいたら、この値段なら試してみる価値があるかもしれないね。

というわけで、今日はKX2でもFT8が運用できるように電子申請・届出システムLiteで届出をした。審査が完了したら実際に交信してみよう。

最近のことだけど「FT8などデジタルモードの運用を行う場合の“免許手続きの簡素化”」が行われたことで、ムチャクチャ簡単になった。お陰で10分ほどで届出が終わってしまった。いいね。

さあ、これでKX2の移動運用の幅がまた広がってきた。もちろんこれもノートパソコンの方でもできるようにしようと思う。

それにしても「MFJ-1708B SDRについての質問」の答えがいまだにElecraft社から来ない。その確認がとれないとRPJさんも販売ができない可能性があるとなると、こりゃ困ったな。

最悪、手動で切り替えるということになるのだろうか。世の中ふんとにうまくいかないもんだと思う。ここはじっと待つことにしよう。

 

閲覧の多い記事( 過去2ヶ月間のTOP5 )

-アマチュア無線
-, ,