移動運用のための小型パソコン

気楽な行き当たりばったりの旅

モービル運用のテスト

「おやじキャンプ飯」が面白い

強制ギブス法だと?

Zショーティー・ジオラマ作り(7日目〜完成)

「Macbook Pro 14インチ」はUSB-Cでも...

いよいよ説明書が最後のページに入ったぞ!

ついにリーチがかかったぞ!

このお正月休みはギターレッスンで過ごそう

空白の2週間。。。

南極昭和基地 8J1RL と交信できた!

愉快に楽しく、そして丁寧に暮らそう

乾杯しよう!

おもちゃ屋さんでスイッチが入った

no image

Facebookで初めて良かったなと思った

実物大のボードでレイアウトを考えてみる

人生は楽しむためにある

ギターもいいけど ウクレレもね

自分は奇跡的な出会いでできている

送料無料化問題

スーパームーンに心を癒やされる

no image

自宅内移動運用だと?

no image

初バングラデシュ

動画で楽しい仲間ができる

エレガットを衝動買いしてしまった

泊まった宿のことを書いておこう

KX2にヒートシンクパネルが付いた

いよいよ3Dプリンターの組み立て開始!

「Prusa i3 MK3S」の組立て(ついに完成!4...

KX2 と Win4K3 Suite(その3)

「8N6OLP」局と交信できず

久しぶりの移動運用?

モービル運用のシャックが完成

楽譜の編集をしてみた

久しぶりに電波を出してみた。

渚のアデリーヌの練習を始めたのだが・・・

愛するFTDX3000よ、長い間ありがとう!

北海道に行ってきた

初めての鉄道ジオラマ作り(その19)

KX2 + MFJ-1708B SDR  + SDRP...

「インク付きムック本」が発売されたのでござる

自分の映像作品を作る Ver.2.0(その2)

なんとかここまで来たよ

“ If you can dream it, you ...

今日は3つのエンティティが増えた

「帆船模型作り」のち「移動運用」

弦高の調整を自分でやってみた

no image

実験終了〜♪

今日から「Beautiful Love」の練習を始めた...

美矢井橋河川緑地をホームパークに

144と430にぼくの居場所はあるのか

テイラーギターを買った理由とそれまでの経緯

さあ、外にでかけよう!

アンテナのメンテナンスをした

IC-705で50,144,430Mを追加申請した、け...

no image

河津桜がほぼ満開だ

IC-705をフリード+の車内に常設化してみた

新曲の練習を始めた

FT8の交信成立について

CWの壁を越えろ!

新しい「カメラライフ」を始めるぞ!

4月8日は「アクアリウム記念日」

テイラーギターの電池ボックス問題

ぼくはあまりにも疲れるとピアノが弾きたくなる

大いなる何かに導かれている

CWのパドルが11個になった

TOKYO 2020 JARL 記念アワードの申請

「練習する」ことの意味

ローテータの調整をした

KX2 と Win4k3Suite(その2)

DXCC 100 へ リーチ宣言!

ジュピター号よ、前に進め!

コンパクトチェアとKX2、トホホな移動運用 (-_-;...

南極昭和基地から届いた電波

くらがり渓谷へ行ってきた

初めての鉄道ジオラマ作り(その14)

定年おじさんの「夏休み自由工作」

奇跡のコーヒー

no image

イスラエルの局と交信

トンガ王国と初めての交信

いざという時のため「備えよ常に」

IC-705の審査終了!

ハンダごてと、ギター、そして気功的生活

初めての鉄道ジオラマ作り(その20)

ギタリストは爪が命というけれど

no image

CW練習、1ヶ月がたったよ

御在所ロープウェイ~湯の山温泉の旅

自分の「映像作品」を作るということ

ギターを弾くのをやめてしまったあなたへ

仕事場のリニューアル完了!

クゥエートと初めての交信

CWのQRP運用を楽しむ

3DプリンターでIC-705のスタンドを作ってみた

毎日の積み重ねが大事

キプロスと交信できた

「日々の練習を積み重ねる」ということの意味

「ホントにいいのか!?」と自分に問え!

no image

無事審査合格!

九州の旅に行ってきたよ

アマチュア無線

ぼくが持っている9個のCWパドルの話

先日は「KX2用のミニパドルキットを作ってみた」で、ミニパドルを作ったことを書いた。これでぼくが持っているCWパドルは9個になった。別にコレクションしようと思っていたわけではないのに、こんなに増えていた。

今日はそれぞれのパドルを簡単に紹介してみよう。(リンク先はGoogle翻訳済)なお、今回並べた順はランキングというわけではないので念の為。

ちなみに、これらのパドルは主に ①〜③は固定用で、④〜⑨は移動用のパドルとして使っている。どれもが個性的なデザインや機能美で美しいなあと思う。

それにしても原材料費の高騰や円安で、価格がものすごく高くなっている。だから購入時の価格より相当高くなっているので、輸入商品はとても買い辛くなってしまったね。

① Begali社 Signature
イタリア Begali社のSignature。一番の特徴は「スプリングではなくマグネット」を使っていること。使ってみると、そのシャープな打感が素晴らしい。ぼくが持っている中で一番のお気に入りだ。動画を観てもらうといかにキータッチが軽いかがわかるよ。購入時価格 ¥45,955 → I am Begali Keys Friend !
② CW-EPO
CQオームと日本のGHDキー社のコラボ製品のCW-EPOという「打感調整機能付き」パドル。面白いと思って買ったものの、しなやかすぎる打感がちょっと合わないのでほとんど使っていなかった。でもそれはまだスキルが足りないからだろうと思う。これからできるだけ使うようにしよう。購入時価格 ¥31,977 → 相性
③ BENCHER社 JA-2
アメリカBENCHER社のJA-2。ぼくがアマチュア無線のカムバックをしたときに購入して以来、長く使っていたパドルだ。クロムメッキの光沢がとても美しい。動画はBY-2でJA-2というのは日本限定モデルでコイルのテンションの調整ができる。購入時価格 ¥18,700 → カムバックまでの道のり(アパマンハム)
④ Paper Clip CW Paddle
ダブルクリップで作るパドルが面白い。リトアニアに住むLY2HライナスさんがYoutubeで、事務用品のダブルクリップを使ってCWパドルを作る動画を観せてくれた。これは面白い!そう思って、もちろんぼくもDIYしてみた。なかなかいいキータッチだ。材料費 約¥300 → クリップでCWパドルを作ってみた
⑤ KX2 lumbic Paddle Kit
これは先日のブログに書いたKX2 lumbic paddle kitだ。KX2に取り付けられるようになっていて、とてもコンパクトなのがいい。接点の間隔を調整することで、自分の打ちやすい打感に変えられる。作る楽しみがあるし価格が安いのが魅力だ。驚くのはこの購入価格 ¥6,718 → KX2用のミニパドルキットを作ってみた
⑥ どこでもパドルMINI
これは「どこでもパドルMINI」という可愛い手作りキット。現在は販売されていないけど、アクリルの色を自由に決められて作る楽しさがあった。リレーを使っているのが面白い。ベースにマグネットが埋め込んであるのでスチール製のリグだと固定できる。また再販されるといいなと思う。購入価格 ¥4,310 → 楽しい工作
⑦ Palm Pico Paddle
6年前に購入したぼくの愛する無線機KX2、このときに合わせて買ったのがPalmのピコパドルで今現在は販売されていないようだ。パドル部分がスライド式に収納できて、角度が変えられるスグレモノだ。このパドルも再販されるといいなと思う。購入時価格 ¥17,000 → KX2が届いた
⑧ BaMaTech社 TP-Ⅲ
これはドイツ製のBaMaTech社の「TP-Ⅲ」というパドル。べガリ社と同じくマグネットを使っているので、打感がカチッとしているのがいい。片手で持って手で打つか、マグネットが付いているのでスチール製のリグなら固定できる。購入時価格 99,14 EUR ¥12,300 → 移動運用のパドルを見つけた
⑨ BaMaKeY EHT-II
同じくドイツのBaMaTech社の「BaMaKeY EHT-II」という可愛いストレートキー。「使いたい」というよりとにかく「持っていたい」という思って衝動買いしたもの。購入時価格 ¥18,862 → 可愛いCWキーを見つけたのだ

1
begali

【いつかは】買いたいパドル Begali社 Adventure dual
ぼくが一番気に入っているイタリア Begali社のAdventure dual。KX2に取付可能でもちろんKX2以外でも使える。価格はコールサインを入れて、KX2用の取り付けパーツ、送料を含めて 398.9ユーロ ¥59,043 、ちょっと気軽に買える値段じゃないけど、いつかは手に入れたいと思っている!

【もうすぐ】届く10個目の「どこでも マイクロパドル」

そして新たに10個目の「どこでも マイクロパドル」がもうすぐ届く予定だ。⑥の「どこでもパドルMINI」の「のむさんローテク工房」で見つけたパドルだ。とても可愛いパドルだよね。楽しみだなあ。

さて、これまで集まったパドルたちの多くは外国製だ。これらを見つけるためにネットで旅をして歩く。それはとても楽しい旅でもある。デザインや使いやすさの工夫。どれも個性的で素晴らしい!

CWをやっている人にとって、パドルというのは、手紙を書いたり絵を描いたりするときに使う、筆記具のようなものかもしれない。万年筆やガラスペンなどの筆記具はその微妙な書き味によって、心地よさを感じ、よいものがかけるような気がする。

パドルも同じでキーングするときに、その相性の良さを感じると、とてもキーングが楽しくなるんだね。それに魅力的な筆記具をみつけると欲しくなるのと同じで、魅力的なパドルをみつけるとつい欲しくなってしまう。沼だな。困ったものだ。

P.S.

その後11個になったでござる。

CWのパドルが11個になった」まだまだ増えそうだね。

 

-アマチュア無線
-, , , ,