「あじさいの里」へ行ってきたよ♪

九州の旅に行ってきたよ

JTAlertのアラート機能を使ってみた

まだ未開拓のKX2

「帆船模型作り」のち「移動運用」

VSWR計製作キットQPM-01が届いた

昇圧コンバータで送信出力を上げる

ジャズとウィスキーと模型作り

ほぼ日5年手帳が面白い

no image

金沢は桜が満開でした

愉快に楽しく、そして丁寧に暮らそう

帆船模型作りは楽しい!

ついにリーチがかかったぞ!

“ If you can dream it, you ...

我が家に素敵なランタンがやってきた

RS-BA1を使ったリモート化(Wifi 接続)

一生の趣味

やっぱりCWの方が楽しいな

モービル運用のテスト

仕事場をさらにリニューアルした

超望遠ズームレンズを手に入れた!

今日は「プチ部屋の改造」をした

イラストの練習を始めた

今日もアマチュア無線を楽しんだ

41/50まできたWAS、そしてJTDX絶不調の件

漫画ペン先セットを買った

セットアップでエラーの連続だぜ (-_-;)

KX2のスタンドを3Dプリンターで作ってみた

虹が出た

アポジーマイクは ぼくを変える

帆船模型サプライが届いたぞ

ブラインドタッチ奏法について

CW Skimmerを使ってわかったこと

山下達郎のメッセージに拍手

届いた「dp0」

「腑に落ちる」までノイズ対策を続けたい

18MHz帯のFT8が面白い!

ヨドバシ・ドット・コムが凄い

久しぶりにKX2で交信した

S'50代を聴きながら 模型作りを楽しむ

トンガ王国と初めての交信

爪を強くしたいのだ

FT8のオートスタート

テレサ・テンを聴きながら考えたら答えが見えた

「Prusa i3 MK3S」の組立て(気になる3日目...

JTAlertXのメッセージ機能を見つけた

電波でつながる世界の友

動画で楽しい仲間ができる

あなたへチューリップの花束を贈ろう!

CTESTWINでコンテストに参加するぞ

果たしてフェンダーのビビりは治ったのか

ついに「8N6OLP」局との交信成立!

妄想が始まった…

QRPトランシーバのバージョンアップ完了!

地図を見るのが好き

可愛いCWキーを見つけたのだ

もうCWの練習は必要ないのかい?

KX2で やりたいこと

AnyRailというレイアウトソフトを使ってみた

好きなものに囲まれる暮らし

蓼科高原に行ってきたよ

KX2とJackeryのテストをしてみた

CQ誌を買ってきた

no image

いかんいかん

泊まった宿のことを書いておこう

KX2でFT8を試してみた

思い出のキャンプ場、そしてこの先の自分のこと

人生は小さなきっかけで、新しいことが始まる

いざという時のため「備えよ常に」

3DプリンターでIC-705のスタンドを作ってみた

台風7号が接近中のためアンテナを撤去

8年ぶりにフェイスブックを再開した

さあ、作るぞ〜!

最近のお気に入り動画(ロボット音楽編)

CoopHLよ ありがとう!

70歳、まさかの人生初サプライズ体験

初めての鉄道ジオラマ作り(その20)

久しぶりに家族旅行を楽しんできた ♪

CPUファンを交換してみた

気分転換に近くのデンパークに行ってきた

no image

スピードラーニングのようにはいかない

「弾ける」と「聴ける」の違い

久しぶりにアンテナの調整をした

Zショーティー・ジオラマ作り(1〜2日目)

ようこそ、高音質の世界へ!

iPad Proがやってきた

今日から3つのクラブができました

未だ、ぼくの春は到来せず

QPM-01のケースを作ってみた。

アクアリウムの中は地球と同じ世界だ

レイアウトボードができた

パラムシル島って知ってるかい?

ぼくの知らないうちに・・・

ギターヘッドにスマホ(続々編)

さあ、いよいよ次の曲へ!

今日はCWの環境を整備するのだ

初めてのCWDXコンテストにチャレンジしてみた

Zショーティー・ジオラマ作り(6日目)

ぼくはあまりにも疲れるとピアノが弾きたくなる

KX2 + MFJ-1708B SDR  + SDRP...

DIY 帆船模型 VN-4002製作記

何かを作らないではいられない

今日はYouTubeでこんな動画が一覧に出てきた。

YouTubeさんは、どうしてぼくが興味あることを知ってるんだろうね。このサンフランシスコのケーブルカーは、ほんとにカッコいい! 今でもこんなのが走っているんだよね。乗ってみたいなあ。

と、そのときぼくの脳にビビビッと電気が走って、あるものにリンクした。

それはこれだ。チョーかっちょいい!
帆船模型を買ったマイクロソフト社のホームページに、アークレイのサンフランシスコというモデル名で、ケーブルカーが販売されていることを思い出した。このサンフランシスコのケーブルカー、帆船模型よりは難易度が低い。

さあ、どうする?
これをやり始めると、ギターの練習とか読書とか、他のことをやる時間が足りなくなるぞ。う〜ん、どうしよう。。。

去年、一年ほどかけて、帆船模型「サプライ号」を作った

帆船模型は全てが本当に細かい作業の連続で、途中で投げ出したくなるくらいだった。それでも完成したときの喜びはひとしおだ。

これが完成までのスライドショーだけど、今から思えばそれなりに楽しい毎日だった。動画で観ると短いけど、毎日一年これを続けることは、とても大変だったしとても長く感じた。それに楽しいことばかりじゃない。説明書は無いに等しいし、特にロープ張りは細かすぎる。毎日が自分との葛藤だった。

でも今から思うと、それが楽しかったっていうことなんだと分かる。みんなが苦労して経験するどんなことも、最後はそこに行き着く。かといって、じゃあまた作るかというと、今のぼくにはもうそんなエネルギーは残っていない。人のエネルギーの残量が分かるといいなあと……。

そして、今年の始めにはVN-4002という7MHzのCWトランシーバーを作った。基板に米粒より小さな部品を、一つひとつハンダ付けする作業。実際に動作試験を繰り返しながら、何とか完成させ申請もおりた。実際に自分が作ったトランシーバーで交信できたときは、本当に嬉しかった。

こういう細かいことはちょっと気力がいる。でもいろんなものをDIYするのは全く抵抗がないし、この前もウィスキー棚を作ったばかりだ。たぶん部屋の改造はこれからも楽しんでいくつもりだ。

さて、全然話は違うけど、最初の動画を観ていて、ある疑問が湧いた。
あの坂道をどうやって走るのだろうか? よく見ると電車のように電線がない。ディーゼルでもなさそうだ。ケーブルカーというけど、ひょっとしてやっぱりケーブルなのか?

写真はウィキペディアより

調べてみると、サンフランシスコのケーブルカーには3つの路線があり、一カ所の施設にあるこの装置で、ケーブルを動かしているんだそうな。要するに、線路の下にケーブルが敷かれていて循環している。そのケーブルをグリップマンという人が、ケーブルを掴んだり、離したりして運転しているそうだ。

なるほどねえ。勉強になったねえ〜〜。それに知れば知るほど、このケーブルカーに愛着が湧いてきたねえ。

というわけで、ぼくは何かを作らないではいられない人間なのかもしれない。ぼくのDNAにはDIYという遺伝子が、強く刷り込まれているのだろう。模型作り、どうする? ……というか、この流れには逆らえんだろうが。笑

P.S.
ぼくが思うに、YouTubeの最大のコンセプトというか目的は、ユーザーが自分の好きなコンテンツ、一つひとつの動画を観ることで、その人の感性や好みを見つけて、新たな発見をしてもらいたい、ということじゃないんだろうかなと思う。ぼくはそう感じる。感謝感謝。

 

-DIY, 帆船模型, VN-4002製作記
-, , , ,