がんばらないけど、どうでしょう?

「謎の不調」が解決した

伊豆に行ってきたよ

no image

遊ばれてしまった(-_-;)

no image

ギター大好き♪

パラレルモードの一日

3Dプリンターはこれに決めた!

じつに地味だなぁー。

先の楽しみがあること。それは幸せだ。希望だ。

「東海QSOコンテスト」に二刀流で参加した

CW Skimmer + CTESTWINのテストをし...

プチアウトドア気分♪

RS-BA1を使ったリモート化(まず有線から)

FT8のオートスタート

初めての鉄道ジオラマ作り(その9)

さあ、アクアリウムライフを楽しもう!

何事も諦めが肝心なのだ

新曲の練習を再開した

Windows 7 のサポートが終わる。だと?

やっぱりCWは楽しい♪

The Man With The Green Thum...

レコーディングとミキシングを楽しみたい

18MHz帯のFT8が面白い!

ついにジュピターが完成した。

「JA1TOKYO」と交信した

蒸気機関車を作るのだ

初めてのアクアリウム日記(その7)ついに魚たちが水槽に...

久しぶりにKX2で交信した

乾杯しよう!

今日はサモアと交信できた!

さあ、水彩スケッチを始めよう

べガリキーがたったの2日で届いたと?

身近なグリーンライフは楽しいよ♪

FT8は釣りに似てるなあ

no image

偶然の出会い

X8と一眼レフZfcのセットアップ完了!

no image

今日もJT65を楽しんだ

常設のレコーディングスタジオを作った

Today is the great Jazz day...

新しい練習方法を見つけた!

I LOVE CW ♡♡

明日のぼくへ

愉快に楽しく、そして丁寧に暮らそう

IC-705+HARDROCK-50で移動運用を楽しん...

ジャージー島と初めての交信

VN-4002の収納ケース

初めての鉄道ジオラマ作り(その2)

5ヶ月待った リニアアンプキットが やっと届いた

TOKYO 2020 JARL 記念アワードの申請

CWのパドルが11個になった

泊まった宿のことを書いておこう

初めてのCWDXコンテストにチャレンジしてみた

スローなCWにしてみよう

DXCC 100 へ リーチ宣言!

蒸気機関車に夢中

no image

イスラエルの局と交信

部屋のリニューアルが完了した!

AX1というアンテナの実験には終わりがない

KX2 と Win4k3Suite(その2)

FT-817の復活作戦・3Dプリンターでスタンドを作っ...

IC-705をフリード+の車内に常設化してみた

no image

「楽しむ」ということ

新しいおもちゃ

原因不明の暴走 ???

お花畑のジオラマをつくろう

かみさんの実家に行ってきた 涙の一日

手作り好きな ぼくの魂に火がついた

KX2とハムログの連携に成功!

その後「春よ、来い」はどうなったのか?

KX2で やりたいこと

お空のコンディションが上がってきた♪

VLLO(ブロ)という動画編集アプリを使ってみた

なんとか ここまで来られたよ♪

アナライザーを改造してみた

久しぶりのFT8が楽しかった

「他人を疑う前に自分を疑え」という教訓

Macのデュアル・ディスプレイ化がやっとできた

3台の小型トランシーバの比較をしてみた

アクアリウムのために部屋のリニューアルをした

HARDROCK-50の申請完了!

デンパークで秋を感じてきた

ケニアの無線局と交信できた

FT8の交信成立について

キャンプに行きたいのだ

禁断の領域へ足を踏み入れてしまった

ウクレレを楽しもう♪

今日はアンテナを交換した

Begali(ベガリ)に一目惚れ ♡

インターネットの恩恵に感謝

京都へお礼参りに行ってきた

FT-817 復活作戦・なぜかDCプラグが使えない問題

このお正月休みはギターレッスンで過ごそう

ピアノの練習を始めた♪

気分転換に近くのデンパークに行ってきた

今年のキャンプ&移動運用は諦めた

Ham Radio Deluxeを使い始めた

KX2でCWSkimmerを試してみた

やっとパスしたぞ!

焚き火&ウィスキーを楽しみたい!

アウトドアグッズはインドアでも使おう

アマチュア無線

「他人を疑う前に自分を疑え」という教訓

先日の移動運用でIC-705のチューナー「mAT-705」がうまく作動しなかったことを書いた。今日はその問題を解決することにしよう。

このチューナーは以前にもジャックのハンダ付け不良で、基板から外れてしまっていたことがある。どうも中国製の品質は信用できないのだ。

さて今回はというと、どうやらバッテリー切れらしい。後継機は充電式になっているようだけど、ぼくのタイプは9Vの電池を交換するタイプだった。

さっそく電池交換をしようと中を開けて改めて驚いた。なんと電池が両面テープで接着されているではないか。もう少し他のやり方があるんじゃないの?

当然のことだけど、今後のために使い捨て電池ではなく、ぼくが愛用している充電式電池に入れ替えることにした。

こちらの電池の方がわずかに厚みがあるので両面テープを貼ると閉まらない。なのでそのままにして入れたら丁度よい厚みでうまく固定された。さあこれでどうだ!?

さっそく起動してみると、なぜかTUNERを認識してくれない。困ったぞ。これは電池交換の他にまだ不具合がありそうだな。

そこでもう一度分解して、今度はジャックやコネクター類を基板から外して、再度きちんとハンダ付けし直すことにした。その前にジャックの導通も確認して問題なし。

さあ、今度こそ旨くいってくれ〜〜!

今度こそ自信を持って再度起動してみたが、やっぱりダメ。(-_-;)

実は問題はさらに広がっていたのだ。肝心なCWの運用がまったくできないのだ。パドルを使ってもウンともスンとも言わなくなってしまったのだ。あ〜あ。

そう言えばチューナーのジャックをIC-705に抜き差しした時に、なぜかCWの信号が連続して出ていたことがある。その時に回路を壊してしまったのかもしれないな。

これではぼくの力でどうにもならないので、アイコムに修理依頼を出すことにした。あ〜全くなんてこった。もう二度と中国製品は買うものかと思った。

……ところがこの後、自体は急展開を迎えることになるのだ。

IC-705をアイコムに送るために、全てのケーブル類を外して箱に収めようと思った。このときに保護用のゴムキャップで蓋をしようと思ったのだが綺麗に収まらないのだ。

あれ? おかしいな。ちょっと待てよ〜〜〜。ひょっとしてこれが回転して上下逆さまになっているってことか? そう思って回転させるとうまく収まった。

なんだ〜。これかあ。当たり前のことだけど、このゴムキャップにはここにどのケーブルを挿しなさいという文字が書かれているのだ。ってことはKEYのジャックにTUNERのプラグを差し込んでいたってことだよね。それじゃうまくいくわけないさ。

なんでこんなことに気がつかなかったんだろうと思ったけど、ま、送った後に赤っ恥をかかずにすんだのが不幸中の幸いかもしれない。

というわけで、正しく接続しなおしてみると。すべて旨くいった。ホッ! 良かったねえ〜。こんな失敗は他の人もやっちゃってるかもしれないので、あえて恥を忍んでここに書いておくことにした。IC-705ユーザーのみなさん気をつけましょう。

ま、「他人を疑う前に自分を疑え」ということだね。今日は良い勉強になったな。

 

-アマチュア無線
-, ,