Macのデュアル・ディスプレイ化がやっとできた

楽譜の編集をしてみた

ほぼ 復活宣言!

8J1RLのQSLカードが届いた、昭和基地のことをもっ...

まだ未開拓のKX2

今日はアンテナを交換した

去年のぼくが教えてくれたこと

妄想が始まった…

QRPトランシーバのバージョンアップ完了!

ぼくのMacBook ProにWin10が載った

「インク付きムック本」が発売されたのでござる

伊豆に行ってきたよ

ホットサンドメーカーを試してみた

インターネットの恩恵に感謝

FT8は釣りに似てるなあ

CWの送信練習を始めた

CW Skimmer + CTESTWINのテストをし...

漫画ペン先セットを買った

「Macbook Pro 14インチ」はUSB-Cでも...

さあ、いよいよ次の曲へ!

初めての鉄道ジオラマ作り(その18)

ギターヘッドにスマホ(続々編)

我が愛しのメイトン

鉄道模型は実験を楽しみながら

18MHz帯のFT8が面白い!

第二章へ

こんな近くでも移動運用は楽しめる♪

第2の青春

PCの自作に挑むのだ

移動運用でFT8もやってみるかい?

ピアノを弾くと頭が良くなる?!

FT8の環境改善、そしてウクライナ無線局との交信

エレガットを衝動買いしてしまった

ただ今 アマチュア無線を封印中につき

ピアノ音源「グルグル迷路 奮闘記」(Synchron ...

no image

おー、ニューカレドニア!

こんな日は家でゆっくり過ごそう

ジュピター号の次はサイモンズ コーヒーだぞ

お帰りなさい! メイトン姫さま ♡

おお〜フェンダー姫よ

今日はまったりと模型作りを楽しんだ

今日はCWの環境を整備するのだ

HARDROCK-50の申請完了!

プチ移動運用

最後の最後は 諦めが肝心?

ジュピターの製作を再開した

移動運用のベースキャンプをみつけた

no image

ギター大好き♪

全国大陶器市に行ってきた(豊田スタジアム)

爪が割れてしまった(T_T)

移動運用の準備完了

ジュピターはぼくを元気にしてくれる

レコーディングとミキシングを楽しみたい

色えんぴつが揃った

こういう解決法もある...

自分の映像作品を作る Ver.2.0(その2)

広大なDAWの世界を旅する、定年おじさん

ベンチャーズの練習を始めた

新しい「カメラライフ」を始めるぞ!

リニアアンプ 「HARDROCK-50」製作のその後

今年最後?の移動運用を楽しんだ

3台の小型トランシーバの比較をしてみた

写真は面白い

そろそろ移動運用を始めよう

爪を強くしたいのだ

送料無料化問題

初めての鉄道ジオラマ作り(その14)

やっと免許状が届いたゼイ

お空のコンディションが上がってきた♪

秋の南信州を旅したよ

西浦にボーッとしにでかけた

べガリキーが欲しいのだ!

ギターもいいけど ウクレレもね

リトルスターという名のテント

ガラスペンでお絵かきしてみた♪

no image

Facebookで初めて良かったなと思った

クロスウォーマーが面白い

Z fcを持って奥殿陣屋に行ってきた

三ヶ根山からの移動運用

禁断の領域へ足を踏み入れてしまった

「発送しました」メール

JTAlertのアラート機能を使ってみた

モービル運用のテスト

ニュース番組は観ない

色鉛筆画は楽しい ♪

Today is the great Jazz day...

自分の映像作品を作る Ver.2.0(その4)

「部屋の改造」第二弾が完了した

ギターの練習を再開した!

KX2用のミニパドルキットを作ってみた

今日もKX2と過ごした一日

Osmo Pocket 3を持って初詣に行ってきた

The Man With The Green Thum...

プチアウトドア気分♪

Pocket3の拡張アダプターを3Dプリンターで作って...

no image

南側のアンテナからJT65をトライしてみた

まだまだ未熟者につき 精進してまいります

カッコいいぞ!DD51 1000 A寒地 JR北海道色

渚のアデリーヌの練習を始めたのだが・・・

FTDX3000 + SDRPlay + HDSDR ...

アマチュア無線

「他人を疑う前に自分を疑え」という教訓

先日の移動運用でIC-705のチューナー「mAT-705」がうまく作動しなかったことを書いた。今日はその問題を解決することにしよう。

このチューナーは以前にもジャックのハンダ付け不良で、基板から外れてしまっていたことがある。どうも中国製の品質は信用できないのだ。

さて今回はというと、どうやらバッテリー切れらしい。後継機は充電式になっているようだけど、ぼくのタイプは9Vの電池を交換するタイプだった。

さっそく電池交換をしようと中を開けて改めて驚いた。なんと電池が両面テープで接着されているではないか。もう少し他のやり方があるんじゃないの?

当然のことだけど、今後のために使い捨て電池ではなく、ぼくが愛用している充電式電池に入れ替えることにした。

こちらの電池の方がわずかに厚みがあるので両面テープを貼ると閉まらない。なのでそのままにして入れたら丁度よい厚みでうまく固定された。さあこれでどうだ!?

さっそく起動してみると、なぜかTUNERを認識してくれない。困ったぞ。これは電池交換の他にまだ不具合がありそうだな。

そこでもう一度分解して、今度はジャックやコネクター類を基板から外して、再度きちんとハンダ付けし直すことにした。その前にジャックの導通も確認して問題なし。

さあ、今度こそ旨くいってくれ〜〜!

今度こそ自信を持って再度起動してみたが、やっぱりダメ。(-_-;)

実は問題はさらに広がっていたのだ。肝心なCWの運用がまったくできないのだ。パドルを使ってもウンともスンとも言わなくなってしまったのだ。あ〜あ。

そう言えばチューナーのジャックをIC-705に抜き差しした時に、なぜかCWの信号が連続して出ていたことがある。その時に回路を壊してしまったのかもしれないな。

これではぼくの力でどうにもならないので、アイコムに修理依頼を出すことにした。あ〜全くなんてこった。もう二度と中国製品は買うものかと思った。

……ところがこの後、自体は急展開を迎えることになるのだ。

IC-705をアイコムに送るために、全てのケーブル類を外して箱に収めようと思った。このときに保護用のゴムキャップで蓋をしようと思ったのだが綺麗に収まらないのだ。

あれ? おかしいな。ちょっと待てよ〜〜〜。ひょっとしてこれが回転して上下逆さまになっているってことか? そう思って回転させるとうまく収まった。

なんだ〜。これかあ。当たり前のことだけど、このゴムキャップにはここにどのケーブルを挿しなさいという文字が書かれているのだ。ってことはKEYのジャックにTUNERのプラグを差し込んでいたってことだよね。それじゃうまくいくわけないさ。

なんでこんなことに気がつかなかったんだろうと思ったけど、ま、送った後に赤っ恥をかかずにすんだのが不幸中の幸いかもしれない。

というわけで、正しく接続しなおしてみると。すべて旨くいった。ホッ! 良かったねえ〜。こんな失敗は他の人もやっちゃってるかもしれないので、あえて恥を忍んでここに書いておくことにした。IC-705ユーザーのみなさん気をつけましょう。

ま、「他人を疑う前に自分を疑え」ということだね。今日は良い勉強になったな。

 

-アマチュア無線
-, ,