新しいストラップが届いた

南極昭和基地から届いた電波

初めてのアクアリウム日記(その6)エビちゃん登場!

わが「物作り人生」

「Prusa i3 MK3S」の組立て(1日目)

妄想がこうなった。そして……。

携帯基地局問題

趣味って楽しいの?

写真は面白い

岡崎公園の藤棚、出遅れた...

QPM-01のケースを作ってみた。

TASCAM X8 買う?それとも買わない?

インターネットの恩恵に感謝

仕事場のリニューアル完了!

no image

拝啓、エマニュエルさま

no image

遊ばれてしまった(-_-;)

今日はサモアと交信できた!

色エンピツ画は楽しいな ♪

S'50代を聴きながら 模型作りを楽しむ

IC-705のために揃えた小物たち

カーマインレッドにしよう

蒲郡でトリ貝と写真の本を買ってきた

アウトドア雑誌「ガルヴィ」が届いた

自分の映像作品を作る Ver.2.0(その4)

いよいよ3Dプリンターの組み立て開始!

美矢井橋河川緑地をホームパークに

32ビットを64ビットに変えてみた

ピアノの練習を始めた♪

今日は世界中の移動している無線局と交信した

お花畑のジオラマをつくろう

JTDX + JT-Get's で Rig Contr...

FT-817 復活作戦・なぜかDCプラグが使えない問題

妄想スケッチ

新しい時間割で過ごした一日

可愛いCWキーを見つけたのだ

「私らしい写真を撮る方法」それは哲学だ

蒲郡クラッシックホテルの「つつじまつり」

フリード・プラス 改造計画

4月8日は「アクアリウム記念日」

ジャージー島と初めての交信

退化していくApple

帆船模型サプライが届いたぞ

ぼくのシャック(無線室)

アクアリウムにクーラー設置、そしてギターの新曲に出会え...

DIYでキャスター台を作った

CWのパドルが11個になった

KX2とWin4K3Suiteを試してみた

久しぶりのCW交信

初心に帰ろう

実物大のボードでレイアウトを考えてみる

ギターの練習を補助してくれる便利なツール

移動運用のテストをしてみた

ジュピターの製作を再開した

Bruna Begaliさん ありがとう!

さあ、作るぞ〜!

ピアノが教えてくれた「大切なこと」

たったの2.5Wで9,554Kmも飛んだ!

KX2のスタンドを3Dプリンターで作ってみた

3台の小型トランシーバの比較をしてみた

三重へ小旅行に行ってきた

なにぃ? ブルートフォース攻撃だと〜!?

I am Begali Keys Friend !

いつか駅ピアノで……

今日はDIYを楽しんだ

HF6CLとリトルターヒル、2つのアンテナを比較してみ...

AnyRailというレイアウトソフトを使ってみた

充実した日々を送るための実験的な一日

初めての鉄道ジオラマ作り(その6)

CQ誌を買ってきた

ようこそ、高音質の世界へ!

初めての鉄道ジオラマ作り(その14)

メイトン専用 カポ !?

no image

バーレーンってどこだっけ?

TOKYO 2020 JARL 記念アワードの申請

初めてのアクアリウム日記(その2)

今日は「プチ部屋の改造」をした

AX1のSWRを調整する(その4:ついにできた!)

さあ、外にでかけよう!

KX2の送信出力の変更を申請した

やっとつながった(^^)

アルゼンチンと交信

ぼくの日課

移動運用の準備完了

久しぶりにCWのQSOを楽しんだ♪

猛暑に耐える、えだまめ君

3Dプリンターはこれに決めた!

新曲の練習を始めた

蓼科高原に行ってきたよ

エレガットを衝動買いしてしまった

ブログをリニューアルしてみた

帆船模型作りは楽しい!

FT8は釣りに似てるなあ

東公園の紅葉を見に行ってきた

今年最後?の移動運用を楽しんだ

奥殿陣屋に行ってきた

帆船模型と中日ドラゴンズ

no image

偶然の出会い

no image

おー、ニューカレドニア!

秋のデンパークに行ってきた

AX1用キャパシティハットの改良型をつくってみた

アマチュア無線

美矢井橋河川緑地をホームパークに

岡崎市の中心には矢作川が流れていて、そこにはいくつかの河川敷公園が点在する。今日はその一つ「美矢井橋(みやいばし)河川緑地」にやってきた。ここは我が家から車でわずか15分という気軽さがいい。

さて、今日ここにやってきたのは移動運用のテストだけじゃなく、ホームパーク候補を探していたからだ。選んだ理由はとにかく近いこと、そして標高は低いけれど開けた場所で、条件が良ければ遠くから電波が飛んでくるかもしれないと思ったんだね。

さらに駐車場に隣接した南側の公園に進めば、ここにも移動運用ができる素敵な場所がある。今日は車内からの運用テストなんだけど近いうちに試してみよう。

フリードプラスの車内は後部座席をフルフラットにして、こんなふうにテーブルを作ったので、トランシーバやノートパソコンを置けるくらい広いスペースがある。もちろんキャンプで車内泊もできる広さだ。

今までずっと写真のようにテーブルをサイドの窓側に向けていたが、今日からより使いやすいようにと後部に移してみた。

いいねえ〜。こんなふうにして広いリアウインドウに向かってテーブルを配置するととても眺めがいいよね。それに天気によってはリアドアを跳ね上げたらきっと気持ちがいいよね。よしこれからはこちら側にしよう。

そして今日から新しく座椅子タイプのオフィスチェアを置いてみた。大きな背もたれが身体を支えてくれるし、座面が12cmほどで普通の座椅子より高くて足下がとても楽だ。これなら長い時間でも楽に座っていられるなあ。

そしてテーブルの下には「Jackery」のポータブル電源がある。これは移動運用だけじゃなく、キャンプでも大活躍してくれるし、もちろん災害時にも役に立つ。

さて今回は3本のモービルアンテナを使うことにした。まずはオーソドックスなベースローディングタイプで全長1.4mの7MHz用「HF40FX」。

そして今回新しく購入したセンターローディングタイプで全長2.2mの7MHz用「HF40CL」。こちらの方が性能が良いと言われているんだけど、どれほどの違いがあるかを試してみたかった。

そしてこれはスクリュードライバーアンテナで、3.5MHz帯から50MHz帯まで9つのバンドをこなす「リトルターヒルⅡ」だ。

これは自宅で使っている「リトルターヒルHP」の前に使っていたもので、「リトルターヒルⅡ」だとCWで100W運用ができないため買い換えたのだ。

だからこの「リトルターヒルⅡ」が、移動運用の50W運用で復活することになったのでとても喜んでいる。このアンテナは内蔵のモーターでコイルの位置を上下させ全バンドに対応する優れもの。

アースはこの「MAT50(7~30MHz帯)」という車のボディにマグネットで接地を取るだけのタイプだ。これだけで50W運用のマッチングが取れるのでとても便利だ。これで「リトルターヒルⅡ」の7MHz以外のバンドはどうか、後日テストしょう。

さっそくIC-705でバンド内のようすを探ってみることにしよう。と思ったが車のエンジンを掛けているとノイズでこんなふうになってしまう。

ノイズ対策としてトロイダルコアをケーブルにたくさん付けたけど効果がなさそうだ。これは宿題にしよう。

エンジンを切るとバンド内のようすがよくわかる。どうやら多くの局が出ているのは和文やSSBの方で、下の方の周波数にはあまり電波が見えないなあ。

とりあえずIC-705で運用開始!
と思ったがチューナーのmAT-705が旨く働かない。チューニングの周波数が合わないのだ。どうもこのチューナーとの相性が悪い。もう使うのはやめよう。

代わりに新しくアイコムのを購入しようと思ったんだけど、あまりにもデカ過ぎて気に入らない。それに今制作中のリニアアンプ「HardRock-50」が使えるようになればチューナーも内蔵するので必要なくなるしね。

ただし、いま最終テストで苦心している。頼みはHobbyPCBのJimさんで、いろいろアドバイスをもらってもう少しまできている。頼む!うまく行ってくれ〜!

というわけで、やっぱり頼りになるのはKX2だなあ。もちろんチューナー内蔵だし、とりあえず12Wまで送信可能にしたので少しはいいかも。

さっそくワッチを開始するとJG1IEB/1局がCQを出していた。山梨県甲斐市移動だ。すでに多くの局からコールされていたがしばらくして599で交信完了。


CQ誌2022年1月号
より

その後、JL1MWI局、JH1JDI/7局と交信できた。後で調べたらJH1JDI局は有名なYL局だった。やりとりをしながら単に599BKだけじゃない暖かみを感じたのを覚えている。他にも6エリアや0エリアからも聞こえてきたのでこの公園なら充分楽しめそうだ。

さあ今日はテストが目的だったし、雨が降りそうなのでこれくらいにしておこう。

用意した3本のモービルアンテナは残念ながらコンディションが不安定だったので、どのアンテナがどれくらい良いのかの比較は難しかった。

ただ、どのアンテナでもここで使うなら充分使えるなと思った。それにそれぞれのアンテナのSWR値もとても良かった。最良点の調整が必要ではあるけど、チューナーがなくても使用できるくらいの結果だったのは予想外のことだった。

それから何といっても、この車内の居心地の良さは格別だった。それにこんな近い所にノンビリできる移動運用ホームパークが見つかったのは大きな収穫だった。これからは「ちょっと行ってくるね!」と気楽にでかけて移動運用ができるからいいなあ。

岡崎市公式観光サイトより

そして次は岡崎市内の村積山の頂上から、KX2 & AX1 & CWの組み合わせで運用したいなと思っている。こんなふうにして少しずつ準備をしながら、これから移動運用での楽しみを少しずつ膨ませていきたいと思う。

いくらコロナが下火になったとはいえ、それを心から信じる気にはとてもなれそうもない。だからいまだに人が集まる場所にでかける気にはなれないのである。それゆえ今年はアウトドアで、いやアウトドアこそが安心して思いっきり楽しめる場所なのだと思うオジサンなのである。

 

-アマチュア無線
-, ,