蓼科高原に行ってきたよ

電波でつながる世界の友

ぼくが求めているギターの音色の追求

今日はCWの環境を整備するのだ

初めてのアクアリウム日記(その5)気になっていること

超望遠ズームレンズを手に入れた!

no image

河津桜がほぼ満開だ

どーでもいいことに一生懸命になる

no image

春の香り

CW Skimmer + CTESTWINのテストをし...

わが「物作り人生」

no image

「楽しむ」ということ

ギリシャと初めてQSOできた

久しぶりの旅を楽しんだ♪

アナライザーを改造してみた

ほぼ日5年手帳が面白い

伊豆に行ってきたよ

レイアウトボードができた

アウトドアライフと避難生活

自分の映像作品を作る Ver.2.0(その2)

ローテータの調整をした

no image

初バングラデシュ

スライドショー「ジュピター号の製作(その1)」

RS-BA1を使ったリモート化(まず有線から)

身近なグリーンライフは楽しいよ♪

ぼくの電波は北米へ9,716.1 km飛んだ

「他人を疑う前に自分を疑え」という教訓

そろそろ移動運用を始めよう

初めての鉄道ジオラマ作り(その19)

アマチュア無線はCW交信こそが原点だ

実物大のボードでレイアウトを考えてみる

QPM-01のケースを作ってみた。

送料無料化問題

レイアウト台が完成した

5ヶ月ぶりにFT8を楽しんだ

VSWR計キットQPM-01を組立てた

第2の青春

今日ものんびりJT65を楽しんだ

Logbook から Hamlogへ カムバックなのだ

VN-4002が無事 帰ってきた

FT-817 復活作戦・結局アンテナは三脚を使うことに...

32ビットを64ビットに変えてみた

“ If you can dream it, you ...

久しぶりのDX通信

「腑に落ちる」までノイズ対策を続けたい

三河高原キャンプ村で 移動運用 & デイキャンプ

コロナを飲み干してやる!

南極昭和基地 8J1RL と交信できた!

ヨドバシ・ドット・コムが凄い

しばらくお休みしよう。

初めてのアクアリウム日記(その6)エビちゃん登場!

まだ未開拓のKX2

2mと430 そして ハートマト

「JA1TOKYO」と交信した

この壁を超えろ!

爪が割れてしまった(T_T)

FT817でFLdigiを試してみた

「Prusa i3 MK3S」の組立て(1日目)

コンテストとWBCの二刀流? できるのか?

IC-705とハムログの問題が解決した。

ジュピターはぼくを元気にしてくれる

いよいよ、マストとヤード作りだ。

タブ譜をちょっと変えてみた

写真のある暮らし

今日はFTDX10のQSOデビュー記念日

この5年で趣味部屋がどう変わったか。

Zショーティー・ジオラマ作り(6日目)

自分の映像作品を作る Ver.2.0(その3)

買い物は「サクラチェッカー」でチェック

焚き火 そして CW移動運用

初めてのアクアリウム日記(その3)立ち上げ作業

アクアリウムのために部屋のリニューアルをした

全国大陶器市に行ってきた(豊田スタジアム)

FTDX3000 + SDRPlay + HDSDR ...

バッテリーがついたVN-4002 赤鬼くん

no image

Instagramを始めた

ピアノを弾くと頭が良くなる?!

アマチュア無線の運用で最も重要ものは何だろう

CWのパドルが11個になった

no image

CW練習、1ヶ月がたったよ

ギタリストは爪が命というけれど

第二章へ

VN-4002の収納ケース

YouTubeで流れるBGMの曲名を知る方法

定年おじさんの「夏休み自由工作」

QSLカードが届いた

Pocket3の拡張アダプターを3Dプリンターで作って...

CTESTWINでコンテストに参加するぞ

中秋の名月を愛でる

アウトドア雑誌「ガルヴィ」が届いた

1年後のぼくへ

初めての鉄道ジオラマ作り(その17)

ぼくの日課

お空のコンディションが上がってきた♪

no image

フジゲンというブランドは 知らなかった

カメラを持ってデンパークへ!

アウトドアグッズはインドアでも使おう

「フリード・プラス 改造計画」完成!

ピアノ音源「グルグル迷路 奮闘記」(Synchron ...

アマチュア無線

FTDX10が我が家にやってきた!

先日は「愛するFTDX3000よ、長い間ありがとう!」で、アマチュア無線のカムバックをして以来約8年のあいだ愛用してきたFTDX3000とお別れしたことを書いた。そして昨日のぼくの誕生日に予定通り新しいトランシーバが届いた。

それはヤエスのFTDX10だ。
第一印象はとにかくFTDX3000よりかなりコンパクト(幅10cm奥行き6cm小さい)なので驚いた。お陰でデスクが広くなってとてもスッキリして嬉しい。

さっそくワッチしてみるととてもノイズが少ないし、クッキリした音、さらにCWの信号が密接していても、少しずらすとフィルターの切れがよく混信が少ないのが素晴らしい! そして周波数ダイヤルが2重になっていて、早送りができるのもいい。

さらにタッチパネルでの操作が抜群だ。その他詳しいことはこの動画でたぶんメーカーの担当者と思われる人が解説してくれている。これはとてもわかりやすいなあ。

説明では上位機種FTDX101と基本性能は殆どいっしょだという。比べていないのでわからないけど、価格はFTDX101が657,800円で、FTDX10が217,800円とかなり違うからホントかなぁ? ま、それはいいけどぼくにはこれで充分だ。

いろんな操作ボタンはメインダイヤル付近に集まっている。こういうメカニカルなデザインはとてもヤエスらしくていいなと思う。ぼくはこういうのが好きだ。

そして液晶パネルは大きくて、タッチパネルになっている。こんなふうに一つの画面でいろんな情報が表示されるのがいいなと思う。

この注目されている3Dスペクトラムはあまり好きじゃないのであえて2Dにしている。

機能を集めたファンクションボタンを押すと、メニューがこのようにまとめて見えるのがとても使いやすい。これはFTDX3000より大幅に使いやすくなっている。

そしてタッチパネルだけど、マウスを使えばより操作がやりやすくなるということだったけど、残念ながらぼくが持っているマウスではうまく操作できなかった。明日は他のマウスで試してみよう。

次にIC-705とFTDX10の受信比較をしてみることにした。感度はほとんど同じでぼくの耳では区別がつかないほどだった。ただし、音は断然FTDX10の方が優れている。そして、もちろんいつもの通りSSBはやらないのでマイクは使わない、CWパドルだけだ。

免許の申請についてはすでに先週のうちに審査終了となっていて、免許状送付用の封筒も送っているので、近々届くと思う。これから実際に運用するまえに、使っている全てのソフトのセットアップを行うことから始まるのでまだ運用は先になる。

CW関連は問題ないと思うが、今つまずいているのが、FT8のセットアップだ。購入したCQオームさんが同封してくれたマニアルの通りに設定してもエラーになってうまくいかない。その理由がまったくわからず困り果てているのだ。

FTDX3000との違いはそれほどないはずなのに何で? 最新のバージョンを再インストールしたり、他のユーザーの情報で試してみたり、いろいろやってもダメ。もうヘトヘトになっちまった。今日はこれで終わりにしよう。

しばらくはソフトのセットアップや操作方法に慣れることなど、いろいろあるけど急がずのんびりやっていこうと思う。

というわけで、2年ほどまえに「自分のハムライフを見直してみた」で考えたことが、パワーアップしてやっと完成した。

ぼくのアマチュア無線のスタイルは
① FTDX10を使って固定の100W運用でDXを中心にCWやFT8を楽しむ。
② IC-705 + HARDROCK-50の50W運用でキャンプ場や車での移動運用を楽しむ。
③ KX2のQRP(5W)もしくは10Wで低山ハイクや旅行先で移動運用を楽しむ。
という3つの方法がそろったことになる。

車の改造やリニアアンプの製作、アウトドアグッズを揃えるなどで、ちょっと時間がかかったけど、これでようやく来年から始まる新しい人生の楽しみが広がったのう。

 

-アマチュア無線
-, , ,