ギターを弾くのをやめてしまったあなたへ

無線室のリニューアル完了!

ガラスペンでお絵かきしてみた♪

CoopHLよ ありがとう!

アレを使ってみた

FTDX3000 + SDRPlay + HDSDR ...

KX2 ~ Win4K3 ついにできた!

リモートでCW運用を楽しもう

蒲郡クラッシックホテルの「つつじまつり」

Zショーティー・ジオラマ作り(3日目)

AX1のSWRを調整する(その2)

AX1用のキャパシティキャップを作ってみた

アウトドアライフと避難生活 Vol.2 準備完了!

再びアンテナの交換をした

お帰り〜!マスターくん

初めての鉄道ジオラマ作り(その1)

KX2でCWSkimmerを試してみた

こんな近くでも移動運用は楽しめる♪

のんびりすごそう

禁断の領域へ足を踏み入れてしまった

KX2 と Win4k3Suite(その2)

いとしのメイトン!

Macのデュアル・ディスプレイ化がやっとできた

Bruna Begaliさん ありがとう!

「Prusa i3 MK3S」の組立て(1日目)

ただ今 アマチュア無線を封印中につき

RS-BA1を使ったリモート化(Wifi 接続)

ALL JA コンテストがとても楽しかった

初めての鉄道ジオラマ作り(その13)

ブラインドタッチ奏法について

久しぶりにアンテナの調整をした

人生は「Windy & Warm」

ぼくのシャック(無線室)

九州の旅に行ってきたよ

QSLカードが届いた

弦高の調整を自分でやってみた

気楽な行き当たりばったりの旅

奥殿陣屋に行ってきた

クゥエートと初めての交信

リトルスターという名のテント

第2の青春

初めてのCWDXコンテストにチャレンジしてみた

部屋の窓からお花見

初めてのアクアリウム日記(その3)立ち上げ作業

縦振りの電鍵

「ヨシナガ式 ギター練習法」

夏は花火だ

さあ、外にでかけよう!

まだ未開拓のKX2

IC-705の審査終了!

超望遠ズームレンズを手に入れた!

IC-705のために揃えた小物たち

今日はDIYを楽しんだ

やっぱりCWの方が楽しいな

原因不明の暴走 ???

大いなる何かに導かれている

サーバー移行奮闘記 その後

自分の映像作品を作る Ver.2.0(その4)

ヤード作りが終わった

移動運用のベースキャンプをみつけた

秋のデンパークに行ってきた

移動運用のための小型パソコン

ほんとにそうなの?って思うようにしている

ベンチャーズの練習を始めた

ベガリ社に発注完了!

CWを再開したぞ〜!

DIYでキャスター台を作った

no image

拝啓、エマニュエルさま

初めての鉄道ジオラマ作り(その15)

IC-705のチューナーを探した

ブログをリニューアルしてみた

CWの練習をした

考えるよりやってみろ

虹が出た

新曲の練習を再開した

FT817でFLdigiを試してみた

どーでもいいことに一生懸命になる

DXCC 100 へ リーチ宣言!

好きなものに囲まれる暮らし

トロンボーン?

移動運用でFT8もやってみるかい?

久しぶりのCW交信

やっと免許状が届いたゼイ

久しぶりにCWのQSOを楽しんだ♪

久しぶりにKX2で交信した

「東海QSOコンテスト」に二刀流で参加した

我が家に素敵なランタンがやってきた

帆船模型作りが楽しくなってきた

春に飲みたいお酒はやっぱりジントニックだ

HARDROCK-50の申請完了!

届いた「dp0」

たった2WのCW移動運用で新潟市と交信できた

ホットサンドメーカーを試してみた

LogBookとJTDXへ引っ越した

キャンプに行きたいのだ

さあ、今日から新学期なのだ

ギリシャと初めてQSOできた

今日から、日本国内を旅することにした。

東公園の紅葉を見に行ってきた

3Dプリンターはこれに決めた!

アマチュア無線

クック諸島と交信できた!

ようやく時間の余裕が少しずつ持てるようになったので、アマチュア無線も楽しむことができるようになった。とはいえ、相変わらず空のコンディションは悪く、どのバンドからもCWのシグナルは聞こえてこない。

やっぱり唯一聞こえてくるのがFT8だった。これだけでも聞こえてくるならよしとするかな。強く入感してくるのが14M帯(14.074MHz)で、これは2アマ以上の上級ライセンスの局しか運用できない周波数だ。20年以上前にがんばって取得した自分を褒めておこう。

左のモニター画面はPSKREPORTERというサイトで、各ソフトを設定しておくと、例えばぼくの送信した電波がどこまで届いているのか、そしてぼくが受信した電波はここから飛んできたもの、というのをリアルタイムでみることができる。これがあると現在の伝搬状況を把握するのにとても役に立つ。

右側のモニター画面では4つのソフトが動いている(実際には画面に出ていないソフトがあと2つある)。メインのWSJT-XはFT8の信号を受けてデコードしたり、送信したりをしてくれるソフト。

このソフトがすごいのは、CQを出している無線局のコールサインをクリックすると、自動的にこちらから送信してくれるし、先方がこちらをコールバックしてくれたら、後はシグナルレポートを送ってくれ、先方のシグナルレポートを了解したことを伝え、最後にありがとうと伝え、その後にJTLinkerと連携して、HamLogというログソフトへデータを渡して、交信記録もアップしてくれるのだ。まさにに全自動運転ってことになる。

メイン画面に上にはJTAlertというソフトが動いていて、受信した信号がどこの国なのかを瞬時に表示してくれる。コールサインだけだと、どこの国からかはすぐに判断できないけど、このJTAlertをみれば瞬時にコールすべき無線局かがわかるのだ。

FT8は15秒ごとに交信するので、タイミングをはずすとコールするのが遅れてしまうから、これはとても便利!

だからFT8をやるときは左側のモニター画面で、今のコンディションが把握をしながら様子を伺う。まるで魚釣りで使う「魚群探知機」みたいなものかもしれない。

昨日は偶然にも南クック諸島のE51BQ局がCQを出していた。とても珍しい地域なのでさっそく世界中の無線局がコールしていた。何回かワッチしていて、タイミングを計ってダメ元でコールしてみたら、なんとJA2WIGとコールバックがあった!

驚いたねえ! こんな幸運があるのかと熱く感じながら、最後の最後まで無事交信が終わることを祈った。

このE51BQの情報をQRZサイトで見ると、直線距離で9,119kmも離れている遠い島だ。局長ボブさんの話では、このクック諸島でライセンスを持っているのは僅かに7局だけなんだって。出会えてよかったなあ。

ウィキペディアでは
ラロトンガ島(Rarotonga Island)は南太平洋の国クック諸島の主島。周囲約30kmのほぼ円形で、面積67km2の火山島で最高地点のテ・マンガ山(652m)を始めとする山々がある。クック諸島の首都でもあるアバルアが島の北部の海岸にあり、国際空港もある」と書かれていた。このクック諸島は、あのジェームズ・クック船長が発見した島というとわかりやすいよね。

こうやって知らない国や地域の無線局と交信すると、いろんなことを知る機会になる。世界は広いなあと思う。これがアマチュア無線の素晴らしさなんだよね。

閲覧数の多い記事(過去3ヶ月)

-アマチュア無線
-,