エレガットを衝動買いしてしまった

写真のある暮らし

仕事場のリニューアル完了!

S'50代を聴きながら 模型作りを楽しむ

クリップでCWパドルを作ってみた

お帰り〜!マスターくん

「フリード・プラス 改造計画」完成!

8年ぶりにフェイスブックを再開した

C23を探せ!

前照灯の取付け完了!

初めての鉄道ジオラマ作り(その5)

スライドショー「ジュピター号の製作(その1)」

初めてのアクアリウム日記(その4)水質検査

YouTubeが教えてくれる

久しぶりのジュピター号作り

VN-4002が無事 帰ってきた

星の写真を撮るのが楽しくなった

ぼくの仕事場のリニューアル

CWの練習をした

妄想がこうなった。そして……。

FTDX10の故障原因と対策について

人に喜ばれることをしたい

AX1のSWRを調整する(その3)

マスターの音が復活した!

Windows 7 のサポートが終わる。だと?

いよいよ、マストとヤード作りだ。

リニアアンプの製作(メイン工程の終了)

久しぶりにKX2で交信した

no image

お気に入りのピアノ音源を探す旅

FT-817 復活作戦・なぜかDCプラグが使えない問題

初心に帰ろう

今日は一日 FT8を楽しんだ

乾杯しよう!

「JA1TOKYO」と交信した

猛暑に耐える、えだまめ君

CWの壁を越えろ!

果たしてフェンダーのビビりは治ったのか

我が家にフェンダーがやってきた

3DプリンターでIC-705のスタンドを作ってみた

気楽な行き当たりばったりの旅

常設のレコーディングスタジオを作った

サイレントG きみは陰の主役だ

ピアノ音源「グルグル迷路 奮闘記」(Synchron ...

AX1というアンテナの実験には終わりがない

気を引き締めろ、自分

KX2が届いた

VN-4002の収納ケース

シャックのリニューアルで快適だ♪

べガリキーがたったの2日で届いたと?

がんばらないけど、どうでしょう?

(@_@) こりゃ画期的な改正だ!

さあ、作るぞ〜!

インターネットの恩恵に感謝

ディスプレイを大きくした

がんばった人には九平次を

良い「気」がいっぱい 流れてきた

no image

おー、ニューカレドニア!

送料無料化問題

自分は奇跡的な出会いでできている

ウクレレを楽しもう♪

FldigiでCWのデコードを試してみた

気分転換に近くのデンパークに行ってきた

CWのQRP運用を楽しむ

RS-BA1を使ったリモート化(Wifi 接続)

買い物は「サクラチェッカー」でチェック

初めての鉄道ジオラマ作り(その15)

御在所ロープウェイ~湯の山温泉の旅

1年後のぼくへ

KX2 ~ Win4K3 ついにできた!

手作り好きな ぼくの魂に火がついた

おお〜フェンダー姫よ

定年退職し、半年たって気がついたこと

4月8日は「アクアリウム記念日」

JTDX + JT-Get's で Rig Contr...

思い出のキャンプ場、そしてこの先の自分のこと

このお正月休みはギターレッスンで過ごそう

JAZZRADIO.comのピアノで癒やされる

孫娘たちと楽しく過ごした2日間

KX2の送信出力の変更を申請した

「弾ける」と「聴ける」の違い

秋の天体ショー、さあ リベンジだ。

「インク付きムック本」が発売されたのでござる

山下達郎のメッセージに拍手

いつか駅ピアノで……

Win4K3 Suiteをノートパソコンにセットアップ...

ようこそ、高音質の世界へ!

ベランダにリトルターヒルⅡを設置した

一難去ってまた一難

電波でつながる世界の友

「練習する」ことの意味

アウトドアライフと避難生活 Vol.2 準備完了!

なんとかここまで来たよ

スライドショー観てね!

初めてのアクアリウム日記(その3)立ち上げ作業

フジゲンというブランドは 知らなかった

JR岡崎駅にストリートピアノが設置された

今日はまったりと模型作りを楽しんだ

アウトドアライフと避難生活 Vol.2

JTDXとWSJT-X どちらが使いやすいのか

アマチュア無線

JTAlertXのメッセージ機能を見つけた

今日も会社から帰ってワッチをする。黒点は相変わらずゼロだけど、14MHzのFT8は今日もヨーロッパ、北米、オセアニアから広く飛んでくる。

さっそくモルドバのER4DX局と交信した。後でみたらモルドバもぼくの新しいカントリーに追加された。なんか、最近ラッキーだな。

その後、ヨーロッパのフィンランド、ボスニアヘルツェゴビナ、イタリアなどのCQ局をコールしたがコールバックなし。

今度は方角を変えて、ニュージーランドのZL1MVL局をコールした。3回目のコールで「-03」とシグナルレポートを送ってきた。

こちらから「R-15」と送る。う〜ん、何度送っても「73」が返ってこない。ニュージーランドは初めてではないので、まいいか、もうやめようかなと思っていた。その矢先……。

画面に小さなウィンドウで「ZL1MVL:qso ok in log arigato 73」と表示された。あれ?これはなんだ? と思った。これは「何回もレポートを送っているけど、ちゃんとQSOは成立したよ」と言ってきたんだな。すぐに「ok tnx 73」と書いて「Send」ボタンを押した。

送った後で、しまったよく見ておけば良かった。一体どのソフトの機能なのかが送ってからではわからない。どういうふうにしたら、そんなことができるんだろうと、ネットで調べてみた。しかしどこにもその解説が見つからない。

しかたがないな。探してみようと思って、当てずっぽうでJTAlertXで表示されるコールサインの一つに右クリックしてみた。すると「Send Text Message to Callsign」というのが見つかった。

おーこれか! これをクリックしてみると、別窓でこんなメッセージボードが現れた。

これだ! こうやってダイレクトにメッセージを送れるんだな。凄いぞこれは! 右側には先ほどZL1MVL局から受信したメッセージも残されている。

よし、これは使えるぞ〜。もし、交信が途中で途切れてしまった時は、これを使って「my rpt rcvd?」とか確認すればいいじゃないか。こんな素晴らしい機能があったとはね。

もう少し調べると、JTAlertXの「Viewタブ」→「F5」でこの画面を呼び出すことができることがわかった。JTAlertXには、多分もっといろんな便利な機能があるかもしれない。

気になるのはJTAlert経由しか、つまりJTAlertを使っていないとダメ、ということだけど、今やJTAlertは必須のソフトなのかもしれない。今日は勉強になった。

その後、14MHz帯のCWに移ってみると、けっこうヨーロッパからも届いているようだ。信号は弱いけど、CWなら交信できそうだな。ここしばらくCWの練習を怠っていたので、だいぶ鈍っている。明日から練習を再開させよう。やっぱりアマチュア無線はDXが面白いなあ。

-アマチュア無線
-,