アマチュア無線

3台の小型トランシーバの比較をしてみた

いよいよ待ちに待った移動運用の季節がやってくる。そこで今もっている3台の小型のトランシーバ、KX2とVN-4002とFT-817をどう使いわけるのかを、改めて整理してみることにした。

まずは、それぞれのデータから比較してみる。

● 重量(バッテリーを含む)
VN-4002の軽さが149gで他と比べると際立つ。とはいえ、車移動ならFT-817でも特に問題ないと思う。

機種
重量
評価
KX2
368 g
VN-4002
149 g
FT-817ND
1,170 g

● 送信出力(MAX)
CWなら遠くまで届くとはいえ、KX2の10Wは魅力的だ。ただし、ぼくは当分の間5W以下のQRP運用と決めている。でも、いざというときには頼りになるよね。

機種
送信出力
評価
KX2
10W
VN-4002
2W
FT-817ND
5W

● 運用周波数(モード)
その時のコンディションによって運用周波数は決めたいので、やっぱりオールバンドがいい。

機種
運用周波数
評価
KX2
3.5~28MHz(オールモード)
VN-4002
7MHz(CWモード)
FT-817ND
1.8~440MHz(オールモード)

移動時にはアンテナはオールバンドで出られるように「スーパーアンテナMP-1」を用意してあるのでオールバンドは問題ない。

以上のデータを比較すると、軽くて送信出力も10Wでオールバンドで使えるKX2、選択肢はこれしかないように思える。でも一つだけ疑問が残った。はたしてそれぞれの受信感度はどうなのだろうか。

実は今までそれを比較してみたことがなかったので、試しに7MHz帯で比較してみることにした。実際に動画も撮影したので、その一部をどぞ。

う〜ん、似たり寄ったりかなあ? こうなるとやっぱりKX2が一番良さそうだ。小さくて軽いしパドルも付けてある。何よりもCWのデコード機能が付いているのは助かるな。

驚いたのは意外にも自作した、QRPトランシーバVN-4002の受信感度が、思ったより凄いこと。設計及びキット配布者のJL1VNQ氏には心より敬意を表したい。

ということで、今日考えたぼくの結論がこれ。
① XX2:これを移動運用のメイントランシーバにする。
② VN-4002:自宅で2WでのQRP運用に挑戦をするために使う。当分の間はこれでしかCW運用しないことに徹しよう。たぶんCQが中心になると思う。
③ FT-817:自宅でも移動でもこれを使うことはないので、車載にして144&430MHzでの運用にする。

実は今日までこの③のアイディアは思いつかなかったことだ。今車に取り付けている電動のアンテナは、せっかく取り付けたのに全く使えていない。これに144&430MHzのアンテナを常時搭載して置けば、移動運用のサブになるし、非常時の通信手段にも使える。よし、さっそくやってみることにしよう。

ということで、今日は3台ある移動運用のトランシーバの使い方を、改めて見直すことができた。こうやってアマチュア無線ならでの楽しみ方を、少しでも広げていけたらいいなと思う。

 

閲覧の多い記事( 過去2ヶ月間のTOP5 )

-アマチュア無線
-, , ,