CWの壁を越えろ!

タブ譜をちょっと変えてみた

今日ものんびりJT65を楽しんだ

非常時に備えよ

やっとパスしたぞ!

初めての鉄道ジオラマ作り(その12)

禁断の領域へ足を踏み入れてしまった

アウトドア雑誌「ガルヴィ」が届いた

定年退職し、半年たって気がついたこと

Pocket3の拡張アダプターを3Dプリンターで作って...

今日はデリンジャー現象の日らしい

おちこんだりもしたけれど、私はげんきです。

台風7号が接近中のためアンテナを撤去

KX2の送信出力の変更を申請した

ギターの練習を再開した!

FT-817 復活作戦・なぜかDCプラグが使えない問題

RS-BA1を使ったリモート化(Wifi 接続)

南極昭和基地 8J1RL と交信できた!

新しい練習方法を見つけた!

SAYONARA 8N6OLP!

レコーディングとミキシングを楽しみたい

午前はHam、午後はNetflixで過ごした休日

岡崎公園の藤棚、出遅れた...

しばらくお休みしよう。

トロンボーン?

広大なDAWの世界を旅する、定年おじさん

ベガリ社に発注完了!

キャンプに行きたいのだ

なんとか ここまで来られたよ♪

no image

遊ばれてしまった(-_-;)

移動運用のベースキャンプをみつけた

CWの練習をした

VN-4002の収納ケース

IC-705のために揃えた小物たち

滋賀の旅@雨男

秋の南信州を旅したよ

LogBookとJTDXへ引っ越した

「他人を疑う前に自分を疑え」という教訓

ギターの練習を補助してくれる便利なツール

QSLカードが届いた

no image

Instagramを始めた

インターネットの恩恵に感謝

伊豆に行ってきたよ

ギターヘッドにスマホ(続々編)

「腑に落ちる」までノイズ対策を続けたい

no image

ウルグアイまで飛んでいる♪

「東海QSOコンテスト」に二刀流で参加した

ピアノ音源「グルグル迷路 奮闘記」(Synchron ...

VN-4002が無事 帰ってきた

がんばらないけど、どうでしょう?

果たしてフェンダーのビビりは治ったのか

iPhoneでちょっとだけ曲作り♪

定年退職後はホントに好きに過ごしていいのか?

さあ、今日から新学期なのだ

今年の目標はWASアワードなのだ

「 物買って来る 自分買って来る 」

スウェーデンまで飛んだ

アンテナのメンテナンスをした

1年後のぼくへ

今日から3つのクラブができました

メイトンをリペアに出した。しばしの別れ。

FT8とCW その違いってなに?

ケニアの無線局と交信できた

no image

いかんいかん

IC-705+HARDROCK-50で移動運用を楽しん...

地球儀を買った

いよいよ3Dプリンターの組み立て開始!

1日1ミリでもいいから前に進もう

焚き火 そして CW移動運用

3年後に〇〇〇を弾けるようになろう

今日の帆船模型作り日記

マスターの音が復活した!

べガリキーがたったの2日で届いたと?

70歳、まさかの人生初サプライズ体験

新曲の練習を再開した

「あじさいの里」へ行ってきたよ♪

ウィンドウズなんか嫌いだ

Win4K3 Suiteをノートパソコンにセットアップ...

蓼科高原に行ってきたよ

手作り好きな ぼくの魂に火がついた

再びアンテナの交換をした

自作PCが完成したぞ!

ジュピター号の開封!

リニアアンプ 「HARDROCK-50」製作のその後

なんとかここまで来たよ

「Prusa i3 MK3S」の組立て(ついに完成!4...

「フリードプラス無線室」の改良版

TASCAM X8が、我が家にやってきた♪

41/50まできたWAS、そしてJTDX絶不調の件

iPad Proがやってきた

FT4の初体験

夜でもギターの練習ができるのだ

帆船模型作りも、いよいよ第4コーナーに!

no image

偶然の出会い

京都へお礼参りに行ってきた

久しぶりにCWのQSOを楽しんだ♪

部屋の改造をしてみた

第二章へ

FldigiでCWのデコードを試してみた

VSWR計製作キットQPM-01が届いた

アマチュア無線

KX2用のミニパドルキットを作ってみた

今日は3月3日、ひな祭りなんだね。スーパーに買い物に行ったら「きょ〜ぉは楽しいひな祭り〜♪」のBGMが繰り返し流れてきて、明るい気分になれた。

家に帰るとポストに10日前に注文していた「ある面白いもの」がUSPS経由で届いていた。さあ、これからその面白いというものが何なのかを書いてみよう。

きっかけはネットでいろいろ物色しているときに「KX2用のミニパドルのキット」(Googole翻訳済)を見つけたことだった。このサイトは「QRPGuys 〜 予算重視のユニークなアマチュア無線キットを提供するアマチュアの組織です」(Googole翻訳済)というサブタイトル通り、遊び心がいっぱいの人たちが運営している。

ぼくの持っているKX2に直接取り付け可能なミニパドルを作るキットだ。サイトでは難易度1~5で5が一番難しい中で、難易度4ということなので、難しいのかなあ。

ぼくのKX2にはピコパドルというパトルが付けてある。この商品はすでに販売終了らしいんだけど、パドル部分がケース内に収納でき、しかも回転させることができるので収納に便利で、とても重宝している。

ただ、キータッチがソフトなので、ちょっと物足りないところがある。ストロークを調整する機能もないので、それがちょっと残念。今回見つけたランビックキーは多少の調整機能がありそうなので、それを期待している。

さて、このキットの価格はというと、なんと$30! 送料込みで$48(日本円で6,718円)1ドル140円の計算だ。予算重視というだけのことはあるよね。

さて、キットの内容がこれ。実にシンプルだね。

袋を裏側に向けると下に基板が入っている。

まずはパーツリストを元に、全てのものが入っているかチェックした。オッケーです!

最初の工程は基板をミシン目で4つのパーツに切り離すところから。

そしてPDFのマニュアルを翻訳しながら作っていこう。間違えないように、くれぐれも慎重に、間違えないように。。。(でも、じつはまちがえとる)

組み立てやすいように、補助的なネジとナットを取り付けるようになっていて、このガイドを付けた状態で仮止めのハンダ付けを行う。これはとても親切な設計だなあ。

ここまでは順調だ。いっけん簡単そうにみえるけど、それぞれのパーツが完全に直角で歪みがなく、正確にそれぞれのパーツを組み立てないと、取り付けやキータッチに微妙な影響が出てしまう。そういう意味では難易度が高いかもしれない。

さらに難易度が高いのが、パドルの金属板を取り付ける工程だった。狭い場所にネジと3種類のワッシャ、そして最後にナットを取り付け締め付けるのは相当面倒だった。

ふ〜〜〜〜! なんとかここまできたぞ〜〜〜〜!

と思ったら、取り付けミスが見つかった。2種類ある黒いワッシャの薄い方のワッシャの取り付け位置を間違えてしまったのだ。(T_T)

この状態で実際にKX2に取り付けた後に、キー操作をすると接点の間隔が広すぎて、これじゃまともにキー操作ができないことがわかった。

そこであらためてマニュアルをみると、ワッシャの取り付け位置が違うことがわかったのだ。仕方がないので一からやり直し。。。

というわけで、ほんと、くろーしました。しかしこれでもまだ終わりではない。

というのは、接点の間隔が狭すぎるので、手前の丸い平ワッシャーの両サイドをヤスリで削り楕円状にする。こうすることで接点の間隔を調節することができるのだ。

自分の使い方に合わせて一番使いやすいように何度も調整しなおした。これで僅かなタッチでもキー操作ができるようになった。

というわけで、なんとか完成させることができた。おめでとうさん!

これが取り付けた状態だ。右に置いてあるのがずっと使っていたピコパドルで、その大きさを比べるといかにコンパクトになるかがわかる。

コンパクトという意味ではKX2のオプションのミニパドルがあるけど、あれはいかにも使い辛い感じがしているので購入しなかった。さきほど調べてみると価格も送料込みで$185.66、なんと25,376円ですと。(@_@)

さあ、実際に使ってみることにしよう。短い動画にしてアップしてみたのでどぞ!

実際に使った感想は接点の間隔を極力狭くすることができたので、軽くキータッチするだけで操作ができる。これはかなり評価が高いのではないだろうか。なお移動時には簡単に取りはずしができるので、収納は別にする予定だ。

というわけで、KX2用のミニパドルはこれで4つ目になった。そのこともついでに載せておこう。

クリップでCWパドルを作ってみた」で書いたダブルクリップを使った自作のパドル。

これは「手作り好きな ぼくの魂に火がついた」で書いた超コンパクトなパドルだ。

アマチュア無線の面白いのは実際に交信を楽しむことだけじゃなく、CWや無線技術のスキルを上げることも楽しいし、いろんな所へ移動運用することその他の何もかもがも楽しい。

そして、こんなふうにDIYを楽しむことができるのは、やっぱりアマチュアだからじゃないだろうか。世界中のアマチュア無線愛好家が自分が作ったものを製品化したり、そのユーザーと情報交換している。

つまり日本国内という狭い情報ではなく、いつも世界中の情報に触れることで、楽しみのスケールが大きく変わってくる。そのことを今回の体験であらためて実感したんだね。目を向けるのは常に世界だということなんだぞと。

 

-アマチュア無線
-, , , ,