復活したぞ!

ガラスペンでお絵かきしてみた♪

今日から3つのクラブができました

帆船模型「サプライ号」が完成した!

猛暑に耐える、えだまめ君

久しぶりのCW交信

「キルホーマン」と「じゃがバタチーズベーコン」

第二章へ

電波でつながる世界の友

久しぶりのジュピター号作り

動画で楽しい仲間ができる

あの曲の名前がわからないのだ

FT4の初体験

no image

今日はCWの練習デー

今日もアマチュア無線を楽しんだ

CWの送信練習を始めた

おお、もう桜が咲いていた!

楽譜の編集をしてみた

スウェーデンまで飛んだ

手動でKX2のSDRPlay化を試してみた

この5年で趣味部屋がどう変わったか。

初めての鉄道ジオラマ作り(その5)

初めてのアクアリウム日記(その5)気になっていること

明日はきっといい日になる♪

春に飲みたいお酒はやっぱりジントニックだ

no image

イスラエルの局と交信

Ham Radio Deluxeを使い始めた

カメラは知的な遊びだ

愛するFTDX3000よ、長い間ありがとう!

パラオと交信できた

ジャージー島と初めての交信

初めてのアクアリウム日記(その2)

VSWR計製作キットQPM-01が届いた

ギターもいいけど ウクレレもね

サンタさんからのプレゼント♪

泊まった宿のことを書いておこう

中秋の名月を愛でる

初めての鉄道ジオラマ作り(その3)

新MacBook Proが届いた。

じつに地味だなぁー。

FT-817 復活作戦・なぜかDCプラグが使えない問題

アンテナを交換した

CWの壁を越えろ!

自作PCが完成したぞ!

蓼科高原に行ってきたよ

孫娘たちと楽しく過ごした2日間

超望遠ズームレンズを手に入れた!

KX2とJackeryのテストをしてみた

CQ誌とHAMworldで来年の楽しみは見つかるのか

初めての鉄道ジオラマ作り(その4)

KX2用のコンパクトアンテナ「AX1」

「私らしい写真を撮る方法」それは哲学だ

初めてのアクアリウム日記(その4)水質検査

「謎の不調」が解決した

レウアウト画で迷路

これを「プラトー現象」と言う、らしい

やっとパスしたぞ!

手作り好きな ぼくの魂に火がついた

テイラーギターを買った理由とそれまでの経緯

九州の旅に行ってきたよ

移動運用でFT8もやってみるかい?

1日1ミリでもいいから前に進もう

上を向いて歩こう♪

「発送しました」メール

ULTIMATE GUITAR というサイト

「人生でかかせないもの」

KX2のスタンドを3Dプリンターで作ってみた

KX2が届いた

IC-705の審査終了!

ホットサンドメーカーを試してみた

縦振りの電鍵

待ちに待ったメイトン嬢がやってきた!

お花畑のジオラマをつくろう

一生の趣味

我が家にフェンダーがやってきた

やっぱりCWの方が楽しいな

ぼくがブログを書く理由

人生は小さなきっかけで、新しいことが始まる

KX2用のミニパドルキットを作ってみた

リニアアンプの製作(メイン工程の終了)

ぼくのギター講師 トミー先生

写真のある暮らし

I am Begali Keys Friend !

サーバー移行奮闘記 その後

仕事場をさらにリニューアルした

VN-4002に内蔵スピーカーを入れてみた

定年退職後はホントに好きに過ごしていいのか?

届いた「dp0」

Z fc か Z f か、どちらを買うべきか!?

西浦にボーッとしにでかけた

我が家に素敵なランタンがやってきた

今日は3つのエンティティが増えた

FT8とCW その違いってなに?

帆船模型作りは山登りと同じかも

いざという時のため「備えよ常に」

久しぶりに家族旅行を楽しんできた ♪

YouTubeで流れるBGMの曲名を知る方法

no image

偶然の出会い

3DプリンターでIC-705のスタンドを作ってみた

毎日の積み重ねが大事

アマチュア無線

HARDROCK-50製作記録のまとめ

過去に「HARDROCK-50」という50Wのリニアアンプ製作キットのことを時々書いていたんだけど、その情報が他では少ないためかアクセス数がとても多い。

ところがこのブログでは、その内容があちこちあってとてもわかりにくいので、今日はその内容をスライドショーにして、さらに記事を一覧にしてみたので、ご覧いただこう。

その前に、ぼくがなぜこのキットを買ったのかというと、移動で50W運用しようと思っても、販売されているリニアアンプは中国製くらいしか見当たらなかった。

その頃日本でもHARDROCK-50はこのキットを販売していたショップがあったけれど、過去の経験でそこでは買いたくなかったので、直接購入することにしたんだね。

後で思うとHobbyPCB社で買って本当に良かったと思っている。それは組立時にトラブルが発生したとき、Jimさんがとても親切にアドバイスしてくれたこと。

そして最後はギブアップ宣言したときも、Jimさんがこちらで点検修理しますと言ってくれ、不具合を修正してくれたことなど、対応がとても素晴らしかったのだ。

しかも、修理代を請求して欲しいというと、そういうことも代金に含まれていますから無料ですと言ってくれた。この考え方が素晴らしいことだと思う。

この2023年デイトンハムベンションのHobbyPCBのブースでは、そのJimさんがいろいろ説明してくれている。

このキットの概要を少しまとめてみよう。

Bands: 160, 80, 40, 30, 20, 17, 15, 12, 10, 6 meter Ham Bands
Input power: 5 Watts
Output power: 40-50W on 160-10M, 30-35W on 6M

ぼくが購入したのは次の内容になる。

本体キット、オートアンテナチューナーキット、IC-705用インターフェイス、KX2/KX3用インターフェイス、高速ダイオード スイッチングボード、パワートランジスタ予備
(パワートランジスタ予備はフェイク品、その他のトラブルが発生する可能性と、何かあったときの予備として購入した)

そして購入時の明細は以下のようになる。

注文した時のレートが119円で93,869円、これに税関で消費税等5,500円プラスされ10万円弱だった。(現在はレートも価格も変わっているのでご注意ください)

というわけで「HARDROCK-50の製作記録」を動画にしたので、ご覧ください。

そして過去に書いたHARDROCK-50の内容は以下からリンクしています。

今から思えば、組み立てはとても楽しかったし、トラブルもあったけど、そういうことも含めてとても良い経験だった。Jimさんのおかげです!

アップグレードキットが追加された

そして今日HobbyPCBのサイトをみると「IC-705 Interface ATU Upgrade Kit」というアップグレートキットが追加されていた。どういうメリットがあるのかなあ?

「Hardrock-50 が IC705 に接続された ICOM ATU のように見え、無線機のすべてのチューニング機能が Hardrock-50 の ATU を操作できるようになります」

ということだけど。リニアアンプを使わなくてもATUとして機能するということかなあ?正直わかりませぬ??が安いので買っときました。
(後日キットが届いたら実際に使ってみたことを書く予定です)

-アマチュア無線
-, , , ,